トップページ | 2005年1月 »

多分今年最後。

 ニュースを見ていて思ったこと。
 ・・・奈良の事件の犯人が捕まった、と言うニュースから、「さて・・・」の一言で、紀宮様御婚約のニュースへとトーンと言うかテンションと言うか雰囲気と言うか、そういうものを変えなければならない状況って、ひどく大変だろうなぁ・・・ニュースキャスターというのは、大変な仕事だと、再認識いたしました。

 しかし・・・あの犯人のあいつは、ん~・・・こういう言い方はあまり好きではないけれど、あえて言えば、最低の下種野郎ですね、本当に、糞野郎ですよ。・・・文字にするとやっぱりキツイ言葉だなぁ・・・あまり好んで使いたい言葉ではないですね、当然ですが。
 ・・・まあ、それでも、訂正や謝罪はしないですけど。 それに値するような人間とは思えないですし。

 あまりこの事について語るのはやめておきます。いたずらに語って良いことでは無いでしょうし、自分に何かを言う資格だの権利だのがあるのかと考えるといまいちわからないですし。

 しかし、今年最後にしてはキツイ内容の日記だなぁ・・・ある意味、今年と言う物を象徴していると言えなくも無いですが。『災』なんて文字が今年の一文字に選ばれるぐらいですからねぇ。
 本当に、暗いニュースばかりの一年でした。と普通にまとめてみるのでありました。いやでも、本当に。

今日見たアニメ!
さ、雰囲気を変えてこれはこれで書きます。 
「下級生2」
 ・・・・・・・・・・・・ん?それで終り?
 ・・・なんか、なんとなくボケ~っと見てたら、いきなり終わってしまった・・・。
 結局どういうことなのかよく判りませんでしたよ。・・・とは言え、この時間の無い時にわざわざ見直す気にもなれないし・・・まあ、いい・・・のかな?
 
「なのは」
 あぁ!なのはが急に可愛い!(笑
 何でだろう、最終回になって、急に可愛く思えてしまった・・・これが萌えなのか?
 なのはだけでなく、フェイトも、他のキャラもなんか良いなぁ、素直に思えました。・・・何故急に?いや、今までも良いキャラだとは思っていたのですけれどもね・・・急にクラスチェンジした位の変化ぶり(?)ですよ。

 ・・・あと、微妙にエロかったのは気のせい?(笑

 しかし・・・良い作品でした。続編を強く希望します。出来そうなので。
 

そんなことで、今年はこれで終わります!
 
来年が自分にとっても、全ての人にとっても、良い年であれば、それは言うこと無し!ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「for RITZ」発売・・・。

 岡崎律子さんのニューアルバム「for RITZ」が発売されました。

 岡崎さんについては、語りたいことがたくさんありすぎて、逆に言葉に出来ない、と言うのが正直なところです。

 『歌を聴いて涙を流す』という事を初めて経験したのは、岡崎さんの歌でした。

 その時から自分は、岡崎さんの歌が大好きなのです。それは決して過去形ではなく。

 だからこそ今、このアルバムに、こんなにも・・・こんなにも、心が、感情が、動かされます。

 心からの、感謝と敬愛を、贈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とりあえずアニメ語り。

「双恋」
 その終り方かぁ・・・。
 いや、基本コンセプトを考えれば、そりゃそうだよねぇ・・・と言う話なのですけれどもね。そして、その考え方でいけば、決して悪い最終回ではないです。ないですが・・・先週までのあの流れがあったものだから、もっとこう・・・きっちりとした『決着』を見せてくれるのではないか、と言う期待もあり・・・少しの肩透かし感ありです。
 鬱などどこへやら、の青春話、そしてある意味イメージ通りのラスト。
 そのイメージを裏切るのではと思わせる創りを最終回直前までしていただけに・・・なんですけどねぇ。
 全体的に見れば、楽しませてもらいました、と言える出来だと思うのでした。

 そして、「ネギま」の予告が・・・!
 ついに、ですねぇ。しかし、テレ東と言うことはパンチラは無しと言うこと。・・・あの作品でパンチラ無しって・・・どんな風になるのだろう・・・。
 とは言え、宮崎なぎさ監督なので、ちゃんと楽しめるつくりにしてくれるであろうと言う、『確信にも似た期待』は持っていますけれどもね。

あとは別枠で語ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから年賀状を描く人へお願い!

 まあ、自分は郵便局でバイトをしているわけで、当然いろんな年賀状を見るわけです。
 と言っても、裏面は殆ど見ません。基本的には、あて先を見て、それを地区や住所別に分ける仕事をしているのです。・・・が、問題になるのは・・・字です。
 それはもう、そりゃあ筆跡鑑定なんてものが成り立つわけだ、と言うくらいにいろいろな字の年賀状が、次から次へと運ばれてきます。・・・そして中には・・・あるのです・・・「読めねぇって!」と言いたくなるようなものが!
 明らかに適当に書いたっぽいものとか、逆に達筆すぎてさっぱり判らない、とか、さらには、明らかに印刷に失敗して字が欠けているものなど・・・(これに関しては、どういうつもりで出しているのさ!と言ってしまいたい。(笑
 実際、殆どの年賀状が機械で識別できないので、(綺麗に印刷してあるものでも識別できるとは限らず)基本は人間が視認して、それをコンピューターに打ち込む、という作業になるのです。
 ・・・なので、わかりやすく丁寧に書いていただけると、こちらとしても非常に助かりますし、配達間違いや配達遅れなども減少するのではないか、と思うのですよ。まあ、頭の片隅にでも置いて置いていただけると幸いです、と言うことで。

そしてここからはオタク話にずるずると。

今日見たアニメの話!
相変わらず何故か時間が足りないので少しだけ。
「ムスメット」
 最終回でした。なんというか、ザ・最終回、ですね。
 色々なことが上手く収まって、そしてこれからも続いてゆくのです・・・みたいな。
 嫌いではないですよ、こういうの。
 相変わらずの、良い意味で可もなく不可もなくではありましたけれど。

「げんしけん」
 こちらも最終回。
 最後だけあって、見事なクオリティ!・・・全話こうなら良かったのに・・・。
 こうなると、途中、数回あった厳しい絵の回が悔やまれるなぁ。
 DVDでは直っているとは思うんですけど・・・う~ん・・・買うほどかどうかは判断が難しいところです。
 前にも書きましたけど、BOXのおまけが良すぎるのでそっちで買いたいけれど、それだと金銭面が・・・!
 
 ・・・最近多いですよねぇ、DVDBOX。いや、単品よりも売りやすいと言うか、そういう戦略としては確かに有効なのだと思いますけれど・・・貧乏人のことも気にかけて頂きたい!と、メーカー側の方々に強くお願いしたいのでありました。

そんな感じ・・・でしょうか。
しかし・・・何でこんなに時間が足りないのでしょう・・・。
 やはり、夕方のゴールデンタイムをバイトに持っていかれるというのが大きいですねぇ・・・。
 二時間の特番とかを録画にしてしまうと、その日の夜はそれを見るだけで時間がなくなってしまいますから。
 
 この状態が一月三日まで続くのか・・・長いのか短いのか・・・微妙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-1、そしてしりとり。

 今日はなんだかお笑いの日でしたよ。
 M-1をビデオで見て、そして夜はしりとり竜王戦をみました。
 まずM-1・・・圧倒的にアンタッチャブルでしたね。
 確実に、一組だけ格と言うか迫力と言うか、初めから何かが違っている感じさえありました。納得の優勝ですともさ!・・・・・・・・・・んが!あれを見たお笑い好きなら、いや、そうでなくとも感じたであろう一つの事実。・・・今回のM-1ある意味主役は「しずちゃん」でした(笑
 いやいや、爆笑しましたよ南海キャンディーズ。火を怖がるサイの動きとその後のキレた演技・・・素晴らしき!素晴らしきかな!そして山里氏のツッコミの言葉のセンスには脱帽です。
 前にも見たことあった筈なのに、あんなに面白いとは思いませんでしたよ。
 もうね・・・こういう人が出てくるのを見ると、お笑いの世界と言うのはすごいなぁと、思い知らされるのでありました。

しりとり竜王戦は・・・今回はあまりハネなかったですねぇ・・・。
虎ノ門系の企画は、スペシャルをやると失敗するなぁ(笑
普段はあんなに面白いのに・・・どうしてスペシャルの時に限って上手くいかないのだろう・・・?
生放送だからしょうがない部分もあるとは思うのですけれどもね・・・惜しい!
個人的には、「うんちく」よりもこの企画に伊集院光氏を呼んで欲しいと思うのでした。

今日読んだ漫画の話!
「トライガン マキシマム」を読みましたよ。十巻と十一巻同時発売なのですか?出てたから買って来ました。
あぁ・・・ウルフウッド・・・!ウルフウッドォ・・・!最高だ、あんた最高ですよ・・・。
『最高に格好良い』、だ。
それ以外に語る言葉が無いですよ。

今日のアニメは特になし!
しりとり見てたんで「ムスメット」の最終回もまだ見てないですし・・・ああ、どんどんビデオが溜まってゆく。
プロレスリングノアの一時間特番もまだ見てないし・・・時間が・・・時間がぁぁああぁ・・・!欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ほしのこえ」を聴いた。

 まあ、聴いたって言うか見たんですけどね。「ほしのこえ
 ずっと見たい見たいと思っていながらも、田舎のせいなのか、近所の店ではDVD売っているのを見たことすらなかったし、通販で買う、と言うのも、貧乏人としては、確実に面白いと言う確信の無いものに送料だのなんだのを払っても良いものかと躊躇。
 そんな状態でしたが、なんとキッズステーションが放送してくれたおかげで見ることが出来ました。ありがとうキッズステーション。大晦日には「トップをねらえ」も放送だし・・・素晴らしいです。

 ・・・いやしかし・・・なんか泣いてしまった・・・。
 なんでしょう・・・文句をつけようと思えば、つけるところはいくらでも見つかるのです・・・ですが、なんか、『もってかれた』感じがしてしまって、気付いたら泣いていた。
 特筆すべきは『空気感』とでも言うべきもので、とにかく『空気』が秀逸なのです。
 雰囲気、ともいえるかもしれませんが、そう言ってしまえるほど『形』の無いものの様な気もします。
 ・・・ん~・・・上手く説明できずにもどかしいですが・・・とにかく、「良かった」と一言言いたくなるような作品でした。ハッピーエンドで、とかでは無く。

今日はこんな感じで終わります。
・・・バイトだったのでM-1をビデオに録画して、まだ見ていないから後で見ようと楽しみにしていたのに、ネットをうろうろしていたら結果が書いてあるところがいくつかあって、それが目に入って知ってしまった・・・ああ~・・・楽しみにしてたのにぃ!
・・・ま、結果を知っていても笑いが薄れるわけではないので、良しとしますか・・・。自分が悪いのだし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間が・・・。

raku_6
 バイトが本格的に始まったので、まるで時間が有りません。
 「ガンダムSEED D」のスペシャルも、めちゃイケのスペシャルも、ビデオには録ったけれど見ていません・・・。
 まあ、しょうがないのですが・・・時間が足りませんよ!
 ビデオも溜まっているから見たいものがいくつもあるし、買ったばかりのゲームもやりたいし、ネットラジオも聴きたいしで・・・もうどうしたらよいものか・・・。
 とりあえず、一月の三日までは休み無しでこの状況が続くので、それからどうにかします。
 ・・・けど、ネットラジオとかは今聴いとかないと消えちゃうし・・・ああもう!なんてこったい!
 ・・・というか、何よりも小説を書かなければ・・・書かなきゃ応募も出来ないし、そしたら小説家になれないし。
 中途半端はいかんなぁ・・・と思いつつも、結局優先順位を間違えがちなのでした。

 今日は終りです。すいませんこんな愚痴を世界に向けて発信してしまって・・・。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっはっは・・・。

 今日はクリスマスイブ!まあ、十二時回っているのでもうクリスマスですが。
 さてさて、そんな聖なる日に自分が何をしていたかと言うと・・・エロゲーを買いました!イェイ!しかも二本!
なんて見事なオタクっぷりでしょう(笑 拍手!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、まあ、別に褒められるようなことではないですよ、ええ。
 いや、オタクであることはむしろ誇りますが、クリスマスの日にエロゲーは流石に褒める対象ではないですよ、はい。
 しかもそれだって、「欲しい!」と思っって買いに行った訳でもなく、ふらりと立ち寄った店で安く売っていたから買っただけだったりする訳で・・・。しかも中古品な訳で・・・。
 ああ・・・泣きそう・・・いや、嘘ですが。むしろ笑ってさえいますよ、ええ、そうですともさ。
 しかしまあ、クリスマスってのは・・・・・・・・やめた。なんか、何を書いても、幸せいっぱいの人間から見れば負け犬の遠吠えだと思われて終わりそうだし。
 明石家サンタでも見て寝ます。と言うか、今見てます。面白いなぁ。

 今日は終りです。金曜日はあんまりアニメもやってないですし。おすすめ漫画も、クリスマスにふさわしいものとか判らないので。

 ・・・なんかちょっと・・・棘のある文章になっている気がする・・・おかしいなぁ、実際は、クリスマスとかどうでもいいと思ったりしているんですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開始。

なんだかトラックバックがあったようなのですが・・・すいません、ルールとかマナーとかよく判らないので、ここでお礼を言っておきます。どうもありがとうございました。
いろいろ見てみた所、どうやら岩隈選手に関することでのトラックバックみたいでしたが・・・ちょっとしか書いてなかったのでなんだか少し申し訳ない気持ちもしてしまうのでありました。いや、ありがたいですが。書けば、誰かは見る人がいるらしい、と言うことがわかっただけでも収穫でございます。本当に。


さて、今日は郵便局でのバイトが開始でした。
まあ、去年もやっていたので別にどうと言うこともなく終了。
そして翌日にいきなり休みが設定されている・・・これも去年と同じ・・・なぜだろう?
最初の日に説明受けて次の日いきなり休みはやりづらいですって。う~ん・・・最初の申請の時に、休みはいつでも良い、的な事を書くとそういうことにされるのかなぁ・・・。ま、いいんだけれど。

今日見たアニメ!
「陰陽大戦記」
 総集編でした・・・が、大変良い総集編でした。
 しっかりと新作パートがあって、しかもそれがまた楽しい!
 幼馴染みは萌えと妄想が大炸裂だし、能登さんの同級生は言動のとっぴさが大幅パワーアップでひどく良いキャラになってるしで、やっぱりこの作品は面白いなぁ、と、再確認させられたのでした。
 総集編さえもちゃんと楽しめる物を作ろう、という姿勢が画面から溢れているようでしたよ。
 しかし・・・まとめて見せられると、この作品のキャラクター達がどれだけ個性的に作られているかがよくわかる。
 素晴らしいです。

「舞ーHIME」
 あ~・・・なんか重い感じになってきたなぁ・・・。
 もちろんそれだけじゃなくて、楽しめる所もきちんとあるのでそれは良いのですが・・・ん~・・・この作品の恋愛要素に関しては、なんというか、『あからさまな正解』が最初からわかりやすく用意されている感じがして、いまいち感情が動かされないと言うか・・・それ以外の所は心底素晴らしいと思うのだけれども。

「魔法少女リリカルなのは」
 絵のクオリティがそれ程高くなかったにもかかわらず、『画面』のクオリティと演出でそれを感じさせないほどの出来になっていました。次で最終回かぁ・・・もっと続けて欲しいと純粋に思える作品だと思うのです。

「ローゼンメイデン」
 最終回!素晴らしい作品でした!
 ストーリーとキャラのよさに、格好良いアクションまで加わった、見事な最終回。
 正直に言ってしまえば、最初はそれ程期待はしていなかったのです。沢城みゆきさんが好きなので、そこは楽しみではありましたが、全体的にはそれ程でした。
 しかし!そんな自分の考えがどれ程浅はかであったかを教えられました。本当に、良い作品でした。
 たった十二話で終わらせてしまうのは惜しい!・・・とは言え、あの終わり方は好きなので、ここからさらに続けるというのも蛇足になりそうで怖いし・・・むぅ・・・惜しまれるぐらいが丁度良い、と言うことでしょうか。 

おすすめ漫画!
「苺ましまろ」 ばらスィー
 祝!アニメ化決定記念、と言うことで。
 可愛い女の子達が繰り広げる日常ギャグマンガ。・・・この言葉だけだと、ひどく温い感じがしてしまうけれど、ギャグの切れ味は本物だと思う。普通に声を出して笑えます。
 しかし・・・アニメのキャスティングは絶妙だなぁ・・・。特に生天目さんはベストキャストだと個人的な感想を抱くのでありました。アナが能登さんというのも、能登さん声で毒のあるキャラ、と言うのは自分のツボなので、良いです。(ゴーダンナーの最終回のセリフ、「それはどうかな・・・」は、最高に好き。何度も聴きたいほどに)


今ニュースを見ていたら、『米でクローン猫、初の商品化。購入者談「死んだ猫と癖まで同じ」』と言うミニニュースが!・・・うあぁ・・・凄いことになってきたぞ・・・。
 これって冷静に考えれば、一匹の猫を一生飼える、って事ですよね・・・。最初に細胞を保存しておけば、死んだ後でもう一度最初の状態で「復活」するわけですし・・・ちょっと怖いかも。
 まあ、ペットロスみたいな状態の解消には役立つのかも知れないけれど・・・命ってのは限りがあるからこそ素晴らしく、それを大切にしていくことに全力を注ぐのだと思ったりするわけですよ。それでこそ意味があると。・・・まあ、綺麗事だと言われてしまえばそれまでの話ですけれども。
 「失敗しても良いんだ」と言うのが最初から意識にある状態で、相手を心底思いやることが出来るのか、なんて考えてしまうのは自分が駄目なのだろうか・・・。たとえば、病気になったり怪我をしたりしても、必至に直さなくたって元気な状態のクローンと「取替え」ればいいじゃん・・・とか・・・そんなふうに考える人が居ないとは絶対に言い切れないのだし。
 しかし・・・漫画やアニメで育った人間としては、未来にはクローンとか当たり前だと思っていたけれど、いざ実現となると問題が有るのが現実。仮にどこでもドアが開発されても、絶対に発売されることはありえないことに気付くように、世の中と言うのは、『夢』と『夢では済まされない現実』とが交じり合っているのだなぁ・・・と、そんな事をガラにもなく考えるのでありました。

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく。

raku_5カラー下手です。

岩隈選手、楽天で決まりか・・・。いや、良かった良かった。収まるところに収まった感じですよ。
さてさて、楽天イーグルス、どこまでやってくれるのか。楽しみです。

今日見たアニメ!
「Re キューティーハニー」
 レンタルで見ました。
 監督が変わるとこれだけ作品の印象が変わる、と言うことをまざまざと見せ付けてくれました。
 一巻目の今石演出全開の格好良いアクション、二巻目は・・・ごめんなさい、普通、そして三巻目は摩砂雪監督の溢れ出るセンスが画面中に現れてました。
 ただ、あのセンスはキューティーハニーでは無いような・・・。雰囲気の方向性と言うか、そういうのが少し違和感があるような気もします。全体的に見れば素晴らしくはあるのですが、・・・ん~もっとこう、最後までお気楽のノリでも良かったように思うんですよねぇ・・・。
 一巻目のノリが、一番ハニーっぽい感じがします。ちょっとやりすぎな所もありましたけど、それも含めて。

「双恋」
 凄い流れになってきた・・・。
 「君のぞ」から続く、いわゆる「鬱アニメ」系(?)に近いぐらいの感じですよ。
 「君のぞ」そして「ダ・カーポ」の後半を少し思い出しました。
 次回は最終回、どう決着をつけてくれるのか、「待て、しかして希望せよ」、ですね。
「BECK」
 コンサートのシーンは痺れたなぁ。演出上手いです。

おすすめ漫画!
「おひっこし」 砂村広明
 「無限の住人」で有名な砂村氏の短編集。
 ラブコメらしいのだけれど・・・言葉のイメージだけで見ると全然違う(笑
 しかし、ぶっとんだギャグセンスと切れ味のあるセリフの選び方によって、かなり楽しめる作品になっています。
 「お前以外の人間は全員お前じゃねぇんだよ」は良いなぁ。

・・・終りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイプムーン新作発表!

raku_3
無駄絵。・・・自己満足だなぁ、しかし。

ついにタイプムーンの新作が発表されましたよ!ファンディスクではありますが、それはもう激しく楽しみなのです。
とりあえず、藤ねぇのルートを希望。大希望!藤ねぇ好きなのです。
テックジャイアンのメーカーページに、「待て、しかして希望せよ」が二度も使われていたのは少し笑わされました。(笑

今日のアニメ!・・・は特に無しです。
基本的には全部面白かったですが、特別語りたい!と言うようなことはなかったので。

おすすめ漫画!
「影技(シャドウスキル)」 岡田芽武
 なんというか、一貫して芯の在る作品。
 誰かの、何かの為に、盾となり剣となり修羅となる。そこにこそ、「力」が存在する意味がある。
 その為にこそ、自分の命を、魂を賭けて戦う意味がある。
 そんな人間達の、熱く美しく尊い生き様を描いた格闘漫画。
 
 ・・・裏の注目所は、劇的過ぎる絵柄の変化でしょうか・・・。これだけ絵柄の変わる作家さんも珍しい。
 

そういえば、ゲーセンの景品で入手した攻殻機動隊の少佐のフィギュアが、ひどく良い出来です。
三頭身のデフォルメキャラなのですが、可愛く格好良い、と言う二つを両立させた素晴らしさです。

ゲーセンの景品を、必要なくても採れそうだと採ってしまうのは悪い癖だと思いつつもやめられない・・・。
この間も、ミニ炭焼き網、とか言う、まったく使用機会の無い物を採ってしまったし・・・。

・・・では、終りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何もない日々。

もうすぐ郵便局でのバイトが始まるのですが、それまではやることがなく、暇にも程がある生活。
・・・いかんなぁ。とは思いつつも、まあいいや、とも思ってみたり。
ま、なるようになれ、で生きて行きます。ちょっとは創作活動もしてみます。

で、今日のジャンプの感想。
・・・ボーボボ読みづらい・・・。「赤と青のセロファンで飛び出す漫画」って・・・何歳向けを想定して作られたのだろう・・・。まあ、使って読みましたけれどね(笑 
だがしかし、目がチカチカしたうえにそんなには飛び出さない、と言う厳しい結果・・・。正直、今回限りでお願いしたいです。
アイシールド21でちょっと泣く。・・・くそう・・・相変わらず上手いなぁ。アニメが楽しみですよ。

今日見たアニメの話。
「ファンタジックチルドレン」
 ・・・・・・・・・・・・・・・うあぁ!面白い!面白くなってきた!ついに物語が本格的に動き出した印象。
 痺れましたよ本当に。
「月詠」
 ああいう演出は嫌いじゃないけれど・・・もう少し何が起きているのか判るようにして欲しいなぁ。
 もしかしたら、時間が足りなくって、クオリティが低くなりそうだったから演出でカバーしたのかも・・・と思ったり。
 
今日のおすすめ漫画!
「ワイルダネス」 伊藤明弘
 「ジオブリーダーズ」で有名な銃撃戦のマエストロこと伊藤明弘氏の作品。
 正直、一度読んだだけでは内容が理解できなかった。・・・けれど、何度も読むと、読めば読むほどにその内容の素晴らしさに震える。お家芸ともいえるガンアクションで目を惹き付け、人間ドラマで心を打つ(撃つ)。
 基本大人向け・・・か?

・・・そんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゃるら!

今日は本当に何も無い日でした。
アニメもビデオは録ったけれど見てないし・・・。何書こう・・・。
まあ毎日書く必要はないのでしょうけれど。

読んだ小説!
「新本格魔法少女りすか」 西尾維新
 西尾維新強化月間継続中。(漢字ばっかりだ(笑))
 ん~・・・?正直それほどハマれず。
 ・・・あえて言うけれど、あえて、ですよ?・・・あんな十歳居ないよ・・・あえてね。
 まあ、維新節を発揮するためには仕方ないのだろうけれど、それにしたっていろんな意味で最悪な主人公ですよ。
 と言っても、この『最悪』は、完全に否定したりけなしたりする言葉でもない、と言うのが微妙と言うかなんと言うか。
 
 しかし・・・「ダブルダウン勘繰朗」「きみとぼくの壊れた世界」「新本格魔法少女りすか」と、戯言シリーズ以外は見事なまでに少しずつ自分のツボをずれているなぁ・・・一人の作家さんにどっぷりとハマる傾向がある自分としては、その人の作品は全て好き、となることが多いのだけれど・・・なんでだろ。

おすすめ漫画も今日は無しです。・・・選ぶのが難しいのです。
あんまり有名な漫画を紹介しても仕方ない、と思っているので、どこで線を引いて良いのかがいまいちわからないのです。

じゃあ、終わります。
桃井はるこさんの生放送ラジオ「ウラモモーイ」を聞きながら、でした。良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マブサプ

マブラヴサプリメント超絶プレイ中。
純夏のショートストーリーはよかったなぁ。
核となる部分は少し緩いし、ベタといえばベタなのだけれども、あそこまで真直ぐな青春物語を大全開で展開されたら、どうしたってグッと来てしまう・・・。
マブラヴデュエリストの方はバカで良い!ナイスバカ!(最上級の褒め言葉)

今日のアニメ!(あんまりネタバレしないように気をつけて書くことにします。いや、なんとなくそうしたくなったので)
・「ガンダムSEED D」
 そっちか!と思いましたよ。偽ラクスをそう使うのか、と。
 しかし・・・あの議長がそのままの良い人だとはどうしても思えないし、思わせないように作っている気がしますよ。
 
 地球側よりもコーディネーター側の方が理知的な人間が多い感じで描かれているのは、なんか変な皮肉なのだろうか?人間なんてどうしょうもない存在で、遺伝子をいじったりでもしない限りまともに物を考えることもできないのさ!・・・みたいな。・・・考えすぎか?

・「神無月の巫女」
 ・・・惜しい!時間が足りない!
 後三十分・・・いや、十五分あればもっと良い最終回だったろうに・・・明らかに詰め込みすぎですよ。

「うたかた」は後日もう一回じっくり見てみます。それから。

おすすめ漫画!
「BLACK LAGOON(ブラックラグーン)」広江礼威
 とにかく魅せる作品。作者の、「こういうのが好きなんだ!」と言う言葉が聞こえてくるよう。
 銃撃戦、チェイス、暴力、そこにある『確かなる人間』のドラマ。
 セリフのセンスは痺れる。痺れさせてくれる。そして震える。
 好きな人には堪らない。そうでない人でも引き込まれること必然。


あ~・・・はやくまたプレイしたいんで今日は終ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来たね

raku_2無意味絵アッ~プ。その2。あんま上手く描けんかったですよ・・・。

ナインティナインのオールナイトニッポンで上戸彩さんが自分のお兄ちゃんの事を「しゅん君」と「君付け」で呼んでいたのがなんかちょっとグッと来た(笑
兄を、~君、と呼ぶ、というシュチュエーションはなんかちょっと良いなぁ。萌えなのか?

マブラヴサプリメントが届いた!これからインストールですよ。激しく楽しみ。
それはもう、とある賞に応募した小説が一時審査も突破せずに落ちたことなど忘れるのさ!ちくしょ~!
・・・切り替え切り替え、と。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のアニメ語り。

特に書くこともないのでゆこう。
おすすめ漫画!
「バンプキンシザース」 岩永亮太郎
 戦災復興を目指す軍の一部隊の話。・・・と言うと、重い話のように思うけれど、いや、確かに重い話もあるのだけれど、随所に挟まれる小粋なギャグ(笑)とテンポの良さで、それ程構えずとも、きちんと楽しませてくれる作品。
 キャラクターの良さがストーリーを盛り上げ、迫力のある絵柄で眼を惹きつける。
 自分の中では、素晴らしく伸び良い直球、と言う印象。こういう作品はとても好きです。
 個人的にこの作者さんのギャグセンスが酷くツボだったり。

今日見たアニメ!
・「陰陽大戦記」
 能登麻美子さんに何役やらせる気だ(笑
 いや、好きだから嬉しいけれども、メガネっ娘、秘書、なんか昔の人(笑)、と多種多様。
 あんな少ないセリフでわざわざ呼ぶとは・・・凄いな。
 で、内容は、面白いなぁ・・・と素直に思った。あの時間帯の子供向けアニメとしては、「メダロット(最初の)」以来の面白さなんじゃないかなぁ・・・と思ったりしました。
・「舞-HIME」
 こちらでも大活躍です能登麻美子さん。今回はある意味主役でした。
ストーリがだんだん核心に近付きつつあるけれど、あまりシリアス一辺倒にはなってほしくないなぁ。まあ、その辺は多分杞憂に終わると思うけれど。  とりあえず碧の復活希望。もういちど田村ゆかりさん大爆発の巻、を見たいです。
・「ローゼンメイデン」
 やば・・・泣いた。  あ~・・・なんかちょっと・・・来たなぁ・・・。
 ぶっちゃけて言ってしまえば、自分の本名は「ジュン」だったりするので、この作品を見ているとけっこう照れがあったりしていたのだけれど、今回はそれが別の形に働いた。
 同じ名前で、自分もまぁかなり、自分を最低の駄目人間だと思っていたりするので、お姉ちゃんとのあのやりとりが、なんか変な形で自分の中に入ってきて、泣いてしまった。
くそぅ、あんな姉さんが欲しい(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重い・・・。

なんだかこのページが妙に重い・・・。
設定を色々いじったら少しは良くなったけれど・・・ちょっと文章が長かったのかなぁ・・・?
それにしたって、たった一週間分で重くなるのでは今後どうなるやら・・・。
やはり無料プランだからか?まあ、お金のある人間が優遇されるのは当然のことなのでそれは仕方がないですが。
ともかく、少しでも軽くするために、リンクを張るのやめます。
まあ主要アニメのリンクは過去の日記に張ってあるので、良いかな、と。
raku
 
無意味に描いた絵を無意味にアップ。
風の向くまま気のむくまま、やってゆきますですよ。

おすすめ漫画!
「おおきく振りかぶって」

おそらく今いちばん面白い球漫(野球漫画)。
キャラ、設定、ストーリー、全てが上手く回っている。たまに絵が崩れているのが難点と言えなくもないけれど、まあ些細なことです。笑えて泣けて、なんて言うと逆に安っぽく思えてしまうかもしれないけれど、まさにそれ。是非物。

今日見たアニメ!
・KURAU
 最終回なのにやっぱり地味だったなぁ(笑
 いや、皮肉とかではなくて、好感を込めての言葉です。地味だけれども本当に丁寧にしっかり作っていて、良作だなぁと感じること多数。こういう作品は売れてほしいけど・・・どうなのかなぁ。

今日はこんなところです・・・って、筑紫さんが言ってました。
ニュース番組の締めとしてはありえない言葉だと思うのですが・・・さすが筑紫さん。格の違いを感じます。
では、今日はこんなところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、十二月十四日だ!

まあ、なにもない一日だったわけですが・・・。

そういえば、このブログを始めてから一週間経つ訳ですが・・・誰か見ている人はいるのだろうか?
無料のプランだからなのかこのブログ、カウンタが付いておらず、全然判らんのです・・・。
・・・まあ、いいか。見ている人が居ても居なくても書くことは変わらない訳ですし・・・。
自己満足ですしこんなものは。・・・それなりに気をつけてはいますけどね。

今日見たアニメ!
 
スクールランブル
 アニメ化して大成功だと思う作品。
 マガジンで読んでいる時は、こんなに良いキャラが揃っている面白漫画だとは気付かなんだ。
 特に天満はこんなに可愛かったか?というくらいに可愛く見える。・・・小清水亜美さんナイスです!
 後はやっぱ八雲が良いです。能登麻美子さんが、激、好きなので。
 
BLEACH
 オープニングの格好良さは最初見たときは本当に驚いた。
 内容的には、原作の良さが見事に出ているなぁ、という感じ。
 けど、「泣かせ」に関しては原作の方が上手いかなぁ。

焼きたて!!ジャぱん
 平成のミスター味っ子だ!と初回を見て思いましたよ。褒め言葉として。
 ・・・あれ?ミスター味っ子って昭和だっけ?・・・まあよし。
 とにかくリアクションが素晴らしい。あのオーバーリアクションの数々は笑わせられる。
 原作を読んでみたい、と思わせる。

げんしけん
 監督が発表されたのを見て、ああ・・・絵のクオリティは期待できないなぁ・・・と思ったのですが・・・まさにですよ。
 前回が急に素晴らしく綺麗な絵だったので、持ち直したかな?と思ったら・・・そうでもなかった。
 演出はその分頑張ってはいると思うのだけれど・・・やっぱり厳しいなぁ・・・。
 始まる前は色々な意味で激しく期待していたけれど、今となっては他のアニメと同程度の楽しみ感。
 まあ、期待が大きすぎたといえばそうなのだろうなぁ・・・DVDでは直っているのだろうけど・・・BOX高くて買えないよ・・・BOXの特典が良すぎて単品で買う気にはなれんしなぁ・・・。

岩窟王 前田真宏監督ここにあり!と言われている様なすさまじいビジュアル!
 そして、見る側の感情を巧みにコントロールするかのような演出。
 ・・・色々な意味で、「見せ方」が激しく上手い。音楽も格好良いし、良作。

MONSTER
 原作に忠実な作品。
 原作の完成度があまりに高すぎていじる余地は無いのかも。けれど、見事に魅力を引き出していて、見ていて引き込まれる。キャスティングも秀逸。
 途中までしか原作を見ておらず、今放送している辺りから、未見のゾーンに入る。
 純粋にストーリーを楽しめるようになるので、酷く楽しみ。


 ・・・こんなものですかね・・・。
 さて、今放送しているアニメで見れるものはだいたいコメントしてきましたが、一週間経ったので、次からは言いたい事があるものだけ取り上げてゆこうかと思います。
 同じ作品でも語ったり語らなかったりしると思いますが、まあその辺は適当にやってゆきますので・・・。


おすすめ漫画!
「イエスタディをうたって」 冬目景

 昨日ちょっと話題に上げた、自分の中の恋愛物作品ベスト3の一つ。
 立ち読みした「羊のうた」でこの人の漫画に出会い、ほぼ一目惚れの様な形で単行本を即買いした記憶あり。
 何が良いのか?と聞かれても上手く答えられる自信はないが、とにかく面白い。
 キャラクター達の心の動きが、いちいち自分の感情を刺激して止まない。
 泣ける訳でもなく、特別笑えるわけでもない、なのに、何故こんなにも心を捉えるのか。
 誰にでも安心しておすすめできる一作だと思われます。


 え~・・・今日は以上です! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二月十三日~・・・。

自分はジャンプっ子なのです。
 そして今日のジャンプ。・・・DSのジャンプのゲームは任天堂が作るのか・・・スマブラじゃん、と言う突っ込みは無しの方向が正しいのか?
 アイシールド21テレビアニメ化が地味に発表。いやいや、激しく楽しみです。

今日見たアニメの話!
ファフナー
 ビデオで見ました。
 前回、守君は死亡フラグが立ちまくりだな・・・と思っていたら案の定ですよ・・・。
 そして今回もヤツが・・・!このアニメは好きなんだけれど、ちょっとキャラが死にすぎ。
 しかも死亡フラグが判り易過ぎて、やっぱり・・・とか思ってしまって、感情の動きがあまりない。
 とは言っても、泣いたりとかしないと言うだけで、沈むのは凄く沈むけれど。
 最終的にどう決着がつくのか・・・激しく期待です。

ムスメット
 どちらかと言うと良い意味で、可もなく不可もなく、な感じ。
 内容うんぬんよりも、作品を盛り上げようと言う意思が激しく見えて、そしてそれにかなり成功しているのは、上手いなぁ、と素直に思う。
 ただ、タイトルをオトメットに変えると言うサプライズをやってのけた割には、最終回でオトメットとしての決着をつけてくれなかったのは少し残念。普通に、次のムスメットに続く、見たいな感じになっていたし。
 どうせならもっと上手くやってくれれば良かったのに・・・。

ファンタジックチルドレン
 絵は地味だけれども、内容でしっかりし見せてくれているという印象。
 けれど、少し伏線が多すぎて、正直よく判らない・・・。
 だが、これからその伏線達が全て活きてくるかと思うと、酷く楽しみ。

neko
月詠
 「なのは」の時も書きましたが、この監督の作品は好きです。
 今回は特に面白かった!いやいや、笑わせて頂きました!
 アニメを見ながらあんなに声を出して笑ったのはかなり久しぶり。
 あの着ぐるみ良すぎ!なんて凄い動きをしやがる・・・!(笑
 前回が激しくシリアスだったのに、ギャグ全開の今回に力を入れて来るあたり、素敵です。

 斉藤千和さんが好きです。・・・好きな人多いな自分(笑

 
 


おすすめ漫画
 「四年生」「五年生」 木尾士目

 「げんしけん」で今をときめく木尾士目氏の作品。
 連載当時から好きだったのだけれど、その頃は単行本が手に入らなくて大変でした・・・。
 この作品は、まあ、ドロドロの恋愛物なのですが、「間」と「言葉」がとにかく秀逸です。
 一つの部屋の中でたいした動きもなく、ただ会話をしているだけのシーンが単行本の半分くらい続いたりするのだけれど、まったく間延びすることなく読める。
 それどころか激しく引き込まれる。ある意味そこがこの作品のキモといえるシーンなのかもしれません。

 まあ、大きな声でおすすめ!と言える作品ではないかもしれませんが(特に低年齢層に対しては)、名作であることは間違いないと思うのです。

 ちなみに、この作品と、「イエスタディをうたって」「君が望む永遠(ゲーム)」が、自分の中の恋愛トップ3(不動)。


 そう言えば、キッズステーションで再放送(って言い方で良いのか?)している、カレイドスターが非常に楽しいです。
 少なくとも一回以上は見ているはずなのに、これほど楽しめるとは・・・やはり名作です。

 こんな感じです。 ・・・あ~・・・一回文章全部消えて書き直すの大変でした・・・。

 すごらじラジオ神無月を聴きながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二月の十二日!?だ。

 昨日今日とゲーセンに行ったのだけれど・・・格ゲーやってる人、一人も居ないでやんの・・・。
 えぇ~・・・土日の夕方だよ?なんでこんなに人いないんだよぅ・・・。
 ・・・みんなまだドラクエやってんのかな?・・・ありうる。もしくはPSPか。
 ふらりと立ち寄ったゲーム屋に「PSP売り切れました」の張り紙が有ったけど・・・どうなんだろPSP。
 初回出荷数を抑えて希少価値を高め、購買意欲を煽ろうと言う魂胆と言うかそういうものがみえみえすぎてちょっと引く。ニンテンドーDSが売り切れてるの見たこと無いのを考えると、ユーザーがいつでも買えるようにと余裕を持って出荷しているのがわかる。ユーザー目線で商品を提供している任天堂と、買えなかった人間のがっかり感すらも話題作りや次への期待に変えさせる商売至上主義のソニー。どちらが勝つのかは判らないけれど、どちらが好きかと言われれば、自分は任天堂ですね、やっぱり。


プロレスの話!
 初のプロレス話。最初に宣言しておきますが、自分は完全NOAH派です。
 ノア中継でも発表されて完全に本決まりになった「天竜VS三沢」!素晴らしい!
 タッグマッチとは言え、いやはや夢のカード!三沢のパートナーが力皇と言うのが微妙ではあるけれど、逆に言えば力皇は酷く大きなチャンス。タッグのビッグマッチと言うのは、注目されていない選手がどれだけ頑張るかにかかっている訳で、天竜からフォールを奪おうものなら注目度は急上昇するのは確実!その結果盛り上がって、天竜がノアに正式に参戦するようなことになれば、ノアの選手誰と戦っても夢のカードが見られるわけで・・・素晴らしい!
 ああ~・・・こういうことがあるからプロレスファンはやめられない。やめるつもりもないけれど。

アニメの話!

ふたりはプリキュア
 先週の、比喩ではなく震えるほどに素晴らしかったアクションシーンとは裏腹に、今回は普通。
 ストーリー的にも、色々決着が付くかと思ったら、まだまだフリの段階だし。
 エアマスターからの流れもあってみている自分としては、西尾監督演出のバリバリのアクションシーンがもっとたくさん見たい。毎回そうなら最高だけれども・・・それは無理として、二、三ヶ月に一度は見せて欲しいと激しく願うのでありました。

金色のガッシュベル!
 面白い時とそうでない時の差が激しすぎるアニメ。
 今回も、かなり重要な会の筈なのに、テンポが悪いと言うかスピード感がないと言うか・・・。
 良い時は本当に良いだけに、もうちょっと頑張ってくださいよ、と言いたくなってしまう・・・。
 
レジェンズ
 中盤にちょっとシリアスに走りすぎて、ちょい待って!、と思ったものだけれど、最近はギャグとシリアスのバランスがとれていて、非常に良い。本当は、序盤のギャグだらけの方が好きではあるけれど、もう終盤なので仕方がないと言えば仕方がない。
 それでも、常に一定の面白さを保ち続けているのは、やっぱり監督の力なのかなぁ・・・見事です。

 あと、予告の総務さんが好き。沢城みゆきさんは良いですねぇ。


「ファフナー」はまだ見てないので後日。
と言うか、「アシタヘ」を綺麗な音で聴く為にはテレビを消さないとならないので、いつも録画。

おすすめ漫画を書いてゆこう。
 毎日一つ、ネタが続く限り書いてみようのコーナー
 第一弾はこちら。

「G戦場ヘヴンズドア」 日本橋ヨヲコ 
 自分の魂の中に確固たる存在感をもって根を下ろし続ける名作。
 本当に、魂が震える感覚がある。物を作る、と言う行為に関する根底を教わった気がする。
 語りたいことがありすぎてなに一つとして語ることが出来ず、語ることにすら意味を見出せず、語るよりも読むことにのみ意味がある。そんな作品。
 三巻はいつ読んでも二回泣く。
 本当に、尊敬を持って、この作品には心よりの感謝をしたい。
 

 今日は、そなかじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二月十一日のなんやら。

mituki自分にとっての年末恒例行事になりつつある郵便局でのバイトが決まる。・・・がんばろう。

ラジオの話!

 「君のぞらじお」にやっぱ来た!たかはし智秋さんがやって来た!
 事の顛末が判っているだけに、Rumbling heartsが流れてきた時にはもうなんか緊張しましたよ(笑
 いやいや、まあ色々あるのだろうけど、これでなんか全てがすっきりとした感じですな。安泰だぁ。
 
 記念に絵をアップしてみた。初めてなので上手く出来るのかどうか。ちなみに、水月。適当に描いたので上手いこと無いけれど、真剣に描けばもっと上手いということも無いので、まあこんな感じです。

今日見たアニメの話!

学園アリス
 今日の分は実はまだ見てない。ビデオは録ってあるけれど。
 まったくのノーチェックだったので、最初の二、三回を見逃した事をかなり後悔するくらいに楽しい。
 
・ケロロ軍曹
 最初の頃は、なんて面白い!と思ったものだけれど、途中から、ちょっと子供を意識しすぎている雰囲気がありありと見て取れて、ちっとばかし、なんだかなぁ・・・と思っていたけれど、最近復調の兆し。
モアが激しく可愛い。能登麻美子さんをリスペクト。 小雪も好きなんだけど、出番少ないなぁ。

次回予告で来週に激しく期待(笑

・ガンダムSEED DESTINY
 
 う~む・・・なんで新キャラ達をあんな設定にしたのかが判らない。
 見る側としては前作のキャラの方に思い入れがあるのは当然なのだから、あんなふうに厭味っぽく不満をぶつけるだけのキャラを好きになれるはずが無いのに。
 特にシン・アスカは、カガリに向かって「お前は何もわかってない」とか言うが、じゃあ君は何がわかっているのか、と思う。前回の戦争で父親も仲間も死んでいるのに、それでも平和を訴えているカガリと、身内が死んだ恨みをほぼ逆恨みの様な形でいつまでもグチグチ言っているシン・アスカでは、さすがにカガリの方が正しいだろうと言いたくもなろうってモノですよ。
 せめて、不満のぶつけ方がもっと真直ぐなやり方だったのなら、もう少しはマシだったのに・・・。ちょっとひねくれたキャラの方が格好良いという安易な思考の元に生み出されたキャラなのかなぁ・・・。
 あとは、民衆のバカさ加減はちょっと酷いだろうと思う。あんなに簡単に暴走してしまうものかなぁ。
 不謹慎だと思いつつも現実と照らし合わせれば、アメリカの911のテロの後みたいなものだとして、確かにアメリカ国民は当時は戦争に賛成している人が大多数だったというような統計もあったけれど、それはあくまでもフセイン政権やテロリストグループに対する恨みであって、イラク国民やイスラム教信者を全部殺せ、では絶対に無かったはず。無関係なイラク人やイラク料理店が襲われたというニュースもあったけど、それは一部の人間の暴走であって、全ての国民がそれを是としてはいなかった・・・と信じている。
 それを踏まえてアニメに戻れば、即座に戦闘を開始して、核まで持ち出した連邦を、はたして民衆は支持するだろうか?・・・そんな訳無いだろう・・・と思う。普通に考えれば。
 ま、所詮アニメの話だから、と言われればそれまでだけどもさ・・・ちょっとなぁ・・・。

 とまあ、なんだかんだ言いながらも楽しんでいるし、自分のこんな疑問やら不満やらはどこかへとぶっ飛ばしてくれるような見事な展開が今後待っていて欲しいという激しい期待もあるのだけれどもね。

 最後に出てきたあからさまな偽ラクスは、戦意を向上させるための歌姫に祭り上げようと作られたコピーとかそういうのかな?

うた∽かた
 正直途中までは、あまりに納得いかないストーリー展開に、半ば怒りにも似た感情を抱いていたりもしたのだけれど、提示されたヒントを元に一つの仮説を思いついてからは、なんとなく理解も出来た。・・・それにしてももうちょっと上手くやってくださいよ、と言う気持も無いではないけれど。
 とはいえここまで来るとさすがに盛り上がってきて、最後まで見ないと気がすまない状態にさせられた。
 ある意味自分の負け(笑

神無月の巫女
 ネットラジオ面白いなぁ。本編も当然面白いけど。
 色んな要素を詰め込んで上手くまとめました、と言う感じではあるけれど、そのまとめ方と見(魅)せ方のうまさにやられる。ソウマ君がもうちょっと良いキャラだったらもっと楽しかったろうになぁ。

プリンセスアワー
 ・Φなるあぷろーち。
 テンポで見せるアニメ・・・かな?
 キャラもギャグも自分のツボとは外れているのだけれど、テンポで見られる。
 ・ダブルウイッシュ
 見てはいるけど、見ているだけ。・・・そんなアニメでした。
 話が、核心というかネタばらしと言うか、に入ってきて、さすがに盛り上がっては来たけれど・・・うーん・・・。
 非日常の方向には行かないで、もっとしっかりとした人間ドラマをみせて欲しかったなぁ。
 別に非日常では人間ドラマが作れないと言うことではないけれど、あの展開は、単純に自分の好みと少しずれる。

 ・・・う~ん・・・と言うか、学生の頃ならいざ知らず、いまさらああ言うベタなギャルゲー的アニメにはなかなかハマれない、と言うのが正直なところですね。 つまらないわけでは、ないけれど。


 そんな、感じです。 
 アニメイトTVのネギまラジオを聴きながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二月十日のもろもろ。

さ、いってみましょう。・・・何も無かったし。

今日見たアニメの話!
 
グレネーダー
 リンク張るために初めて見たけど、なんだろうあのやる気の無い公式ホームページは・・・。
 まあ、それは良いとして。
 あれかな?つまりはトライガンの女版みたいなことなのだろうか。いや、もちろんストーリーとかは全然違うのだけれど、基本的なところが少し似ている気がする。凄腕の銃使いがなるべく戦わずに・・・みたいなトコが。
 全体的な感想としては・・・惜しい感じ。 絵も綺麗だし、演出も悪くなく、どちらかといえば、多分面白い。
 ・・・んだけど・・・素直に「面白い!」と言えないのは何故だろう・・・。たぶんちょっとした何かが足りないのか、逆に余計なのか・・・だと思うのだけれど。
 面白い、面白くない、というのはあくまでも感覚のものなので、本当に、本当にちょっとした「何か」で急激にその形を変える訳で、そういう意味でも、本当に惜しい作品。 
 いや、本当に、ちゃんと面白いとは思うんだけれどもね。なんか・・・なんかなんですよ。

ジパング
 原作を読んでないので比べることは出来ないけれど、非常に面白い。
 あまり時代には詳しくない自分でも充分に楽しめる。知っていたらもっと楽しいのだろうけど、さすがにそのために勉強する気にはなれないし。
 とにかく展開が気になる。これからどうなるのか、最終的にはどういう形で決着をつけるのか。
 今の時期に、自衛隊の理念を声高に叫ぶアニメというのは、狙っているのだとしても凄い。
 完全なる大人向けアニメ。 見事。いろんな意味で。

リリカルなのは
 この監督の作品は好き。
 これだけ完成度の高い魔法少女物は久しぶりに見た気がします。
 ただ、あんまり萌えは感じないのが欠点といえば欠点かも。田村ゆかりさんは酷く好きなんだけれどもね。
 あ、でも、白石涼子さんのお姉ちゃんはちょっと好きかも。・・・キャラが好きなのか中の人が好きなのかはもう既に判らないけれども。 自分が中の人を好きな事だけは確実。

ToHeart
 変な放送時間のせいでしょっちゅう見逃す・・・。
 ただ問題は、見逃してもあんまり悔しいと思わないことだったり・・・。
 けれど、最近ちょっと面白くなってきた。その面白さには懐かしさが含まれていないか、と言われれば、否定はしないけど。
 まあ、前の作品を無かったことにしては語れないし、そんなことに意味は無いだろうから、それで良いと思う、たぶん。 ともかく、これからは見逃せなくなりそう。気をつけよう。

小説の話!
  
・「きみとぼくの壊れた世界」 西尾維新
 ん~・・・西尾維新氏にしては、かなりのご都合主義展開というか、ギャルゲー的と言うか。
 いろんな事をうやむやにしたまま終わるのはいつもの事なんだけれども、ちょっとそれが過ぎるかなぁ。
 それこそ、あの後にも続いてゆくのだし、みたいな。
 まあ、面白いのだけれどもね。

 それはそうと、夜月のセリフが脳内で新谷良子さんの声に変換されて仕方が無い(笑
 絶対声が付けばもう決まりだろう、と言うくらいに。
 

 舞-HIMEラジオドラマ、エロいなぁ。相変わらずの素晴らしさです中原麻衣さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二月九日の感想。

・・・特筆すべきことが特に無い日だったなぁ・・・まあ、大概の日がそうなのですが。

今日見たアニメの話!

陰陽大戦記
 あの男キャラ、ロリ好きかい!(笑
 いや、別にロリ属性の人を否定するつもりはまるで無いのですけどね。
 好きな事それ自体は何の罪にもならないし。 実際になんかしたら駄目だけれどもさ。
 いやしかし、メインキャラでは無いとはいえ、夕方の子供向けアニメとしては、なかなかに思い切った設定だなぁ。
 しかも正義の方でとは。
 あと、能登麻美子さん声の秘書は良いなぁ。一人欲しい。まあ、秘書にやってもらうべき仕事など有りはしないのだけれども。 
 
下級生2
 ・・・どうもストーリーに乗れない・・・。絵も崩れてきているし。オープニングの歌は好きなんだけど・・・うむ。
 ゲームもやってないしなぁ・・・。まずそこかな。 ・・・お金ないけど。

舞-HIME
 「R.O.D -THE TV-」以来に、DVDを買い揃えようかと思っている作品。激、好き。
 今回の話は、全てを伏線に使った感じがする。見せ場はシスターのもろもろ位かな?
 それでも充分楽しかったけども。
 ・・・そう言えば、テレビ東京の深夜っていつからパンチラ駄目なんだろ・・・?昔から?・・・でも十年前は夕方にエヴァ流してたんだから、その頃は下着姿とかも大丈夫だったって事で・・・時代の流れ、ですかねぇ。
 ・・・DVDでは直しているのだろうか?・・・いや、無くても買いますが。

ローゼンメイデン
 同じPEACH-PITさん原作の「DearS」のアニメが、正直微妙・・・と言うか、厳しい出来だったので不安があったのでけれども・・・素晴らしい出来・・・!
 逆に言えば、「DearS」も上手くやればこれぐらい面白くなったのかな?、と思うと非常に惜しい気がしてしまう。(DVDでは色々直っているのかもしれないけれど・・・見てないのでTV版の評価として。)
 しかしキャラの個性が非常に際立っていて本当に楽しいアニメ。もうすぐ終りなのが惜しい。

 後は、森永理科さんの声が久しぶりにアニメで聞けて非常に嬉しい。好きなのです。


 「ジパング」と「なのは」と「グレネーダー」はビデオ録ったけれどまだ見てないので後日。・・・と言うか、木曜日の深夜はアニメ多すぎ・・・。少し時間をずらしてくれればよいのに・・・見るのが大変ですよ。

 ゲームの話!

 a-choの対戦動画は相変わらず凄い!そして楽しい!
 実況の人がまた良い味を出してくれている。「やっちゃったー!」はナイスワードです(笑
 しかしギルティの決勝動画・・・チップ即死だよ!(笑
 チップで決勝まで行くってのも凄いけど、やっぱ辛いものがあるよなぁ・・・。前に一度優勝してたのを見たけど、やはりそうそうあることではないのか・・・? ・・・いまだにキャラを絞りきれてない自分にはなんとも・・・ですが。
 
 それと、自分の周りではカプコンファイティングジャムがあまり盛り上がってないので、ああいうレベルの高い試合が出来るのは羨ましい。 対戦相手が居てこそやりがいがあるしレベルも上がるってものだよなぁ、うん。

と、まあ、そんな感じで終わります。    
  黒ウサギの小部屋を聞きながら、でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の日の感想。

なんだろなぁ・・・北朝鮮って国はなんだろなぁ・・・。
バカか!と言いたくなるが、その国にバカにされている日本って国はさらになんだろなぁ・・・。
権力の一極集中が腐敗を生むのは自民党を喩えに出すまでもなくわかりきっている事だけど、あの国はそれが個人を対象として行われている事を考えると、そりゃあまともな国にはならないよなぁ・・・。
まあ、不満があるならまず自分を変えろ!と少佐も言っていることだし、自分の様なちっぽけ人間に出来ることは、この国が少しでも良くなるように選挙に行くことぐらいなのかなぁ、結局は。

 こっからどうでも良い話題にすり替え。

アージュのホームページのスタッフひとりごちは思わずわらってしまった。
たかはし智秋さん登場の巻!だ(笑
ついに来たな、と言う感じではあるけれど、水橋さんの時と言い、あれは確実に狙ってるよなぁ。
みんなわかってること前提で、体裁を整えつつも笑いをとりに来るあの番組の姿勢は凄く好き。

今日見たアニメの話!
プラネテス
 BSで一度見ているのに、毎週欠かさず見てしまう。
 いやもう、本当に面白い。最初の頃の回なんて毎回泣いてしまう。
 一話だけ見逃した回があるので、それを見るのがかなり楽しみだったり。

双恋
 最初に見たときは、「なんだこれ・・・」と思ったものだが、回が増すごとに面白くなってきている。
 そういうコンセプトとは言え、双子をふたりで一人の様な扱いで複数の双子との恋の話ってどうなんだろ?とか思っていたけれど、しっかりと「個人」にスポットを当てて来た展開は、ある意味素晴らしい。
 ・・・けど、最終的に一人を選ぶ、って事になると、基本コンセプトが崩れるし・・・どうなるやら。 ある種の期待。

BECK
 オープニングの曲が最高にかっこいい。
 ああいうタイプの曲はあまり聴かないんだけど、それでもあの曲の良さは激しく理解できる。珠玉。
 アニメとしての出来は良いと思うけど、バンドの曲は、ファンの人は満足してるのかなぁ・・・?と思う。
 いや、悪い曲ではもちろんないと思うのだけれども。
 
KURAU
 個人的には凄く好きな作品。
 ・・・だけれども、なんかあんま盛り上がってない感じがするのは何でだろう。
 全体的にそこはかとなく漂う地味さが原因かなぁ? あの地味さも魅力の内だと思うのだけれども。
 まあ、派手な方が受けは良いのかな、やっぱり。    ・・・難しいね。

ゲームの話!
 オタクとしては、「ドラクエⅧ」の話でもすべきなのだろうけど、「マブラブサプリメント」を買うためにドラクエを諦める、と言う見事なまでのオタクっぷりを発揮してしまったので、まだやっていないのでした。

そんな訳で、我が竜を見よの話。
 俺の屍を越えてゆけ、が生涯最高のRPGだと思っている自分としては、同じ舛田省冶氏の新作として激しく期待していたのだけれども・・・惜しい。
 決してつまらないゲームではないのだけれども、痒いところに手が届かない感じがかなりある。
 もっとシステムに特化したゲームをつくって欲しい!・・・とは言え、今PS2でしょぼいグラフィックのゲームを出すのは正直辛い部分もあるのだろうな、と言うのもわかる。
 結論としては、次回作は携帯ゲーム機でお願いします。と言うことで。

 まだ何か書きたい事がある気もしますが、長くなったので終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もろもろ

とりあえず、自己紹介がてらに最近ツボにはまった物なんかをつらつらと。

・西尾維新
 久々に、時間を忘れて本を読むと言う感覚を思い出させてくれた小説家さん。
 戯言シリーズは至高。この日記のタイトルにも影響が出ている。
 文章に激しく癖があるので万人におすすめとは言えないけれど、自分は既に中毒です。

 オタクっぽい事を言えば、玖渚友の声は、田村ゆかりさんか、堀江由衣さんだと思う。(声が付けば)
 いーちゃんは石田彰氏。  まあ、個人的な好みが多分に入ってますが。

・トップをねらえ2
 ・・・全てが一流とはこういうことか、と思わされる。
 見終わった後に思わず、「おもしれぇ!」って声に出した程の出来。
 
 個人的には坂本真綾さんが好きなので、その点でも大満足。

そんなかんじ・・・かな?後日、なんか足すものがあったら足してゆこうかと。

| | コメント (0)

開始。

利用しているサーバーのサービスで無料だと言うので、とりあえず始めてみます。

自分と言う人間は、まあ・・・自他共に認めるオタクなので、そんな感じの内容になると思われます。
正直、誰も見てないだろうぐらいのつもりで書いてゆきますが、公開しているからには、見られることもあるわけで。
なるべく、他人に不快感を与えないように文章を書くことを心がけようと思ってはいるのだけれど・・・どうなるのやら。

| | コメント (0)

トップページ | 2005年1月 »