« 11月って! | トップページ | 気付けば。 »

咳が止まらない。

・他の諸症状は完全に完治なのに咳だけが・・・。

 どうしろと・・・?

 ま、そのうち直るでしょう、きっとたぶんおそらく。

 ・・・実は深刻な病気、と言うオチは勘弁していただきたい。
 大丈夫でしょうが。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・アニメを語ろう!(ネタバレあり

『capeta』 5話
 ナオミの演技の安定さったらもう!

 やっぱり本職の声優さんがやると違うなぁ・・・。

 どうして子供三人集はリアル子供で・・・いや、もう言うまい。
 けれど、今回のように感情が昂ぶる演技が求められる回では、やはり演技の未熟さは隠しきれる筈も無く、ですねぇ・・・・・本気で勝ちたい!とか、泣くほど悔しい!と言う強い想いが伝わらないです・・・。

 レースシーンの出来はそれなりに良かったですが、それ以外の部分は微妙な出来ですし・・・う~ん・・・。

 ・・・中学生編までやるかなぁ・・・やって欲しいなぁ・・・そして声を変えていただきたい・・・。
 いや、子役の子達はそれはそれで頑張っているとは思いますけれども。


『焼きたて!!ジャぱん』 52話
 なんと言うか・・・ちょっと不思議なSF話として見れば良い話なのですが・・・これがパンを食った結果として起こっている事だと考えると果たして感動して良いものかどうか(笑

 大麻パンとタイムマシンというダジャレですし。
 ・・・と言うかこれはダジャレなのか、もはや(笑

 いや、面白いですし、大会の締めくくりとしては素晴らしい話でしたけれども。


『BLEACH』 56話
 せっかくの夜一さんと砕蜂のスピードバトルなのに、肝心のスピード感に欠ける演出は残念。

 メインは次回かな?次回に期待。

 ここ数回の死神図鑑ゴールデンが凄い好きです。


『おジャ魔女どれみナイショ』 12話
 うわぁあぁぁ・・・・・・・おああ・・・・

 ・・・号泣以外にどうしろと?

 あ~・・・もう、わかってはいたのです。

 雰囲気的にそうなるだろうなぁ・・・と。

 で、実際にそうなった訳ですよ。

 だけれどもさ、あんなに丁寧に作られたらそりゃあもう・・・号泣ですよ・・・。

 ベタな話なのですよ。
 わかっているのですよ。

 けれど泣くさ!そりゃあもう泣くさ!

 うぁぁ・・・あの泣きながら雪合戦をするシーンとかはもう珠玉の出来でした!
 その前ののんちゃんのお母さんとどれみの会話とかもう・・・・・・ダメだ・・・思い出すだけで泣きそうです・・・。

 素晴らしい出来でした!


『地獄少女』 5話
 今回は、最初から追い詰められていた事もあり、流れ上不自然さの無い形での紐解きでした。

 けれど、あの女社長の過去とか、ラストにあの子がちょっとダークを見せるシーンとかはいらなかったかなぁ・・・と。
 その二つのせいで、まるで爽快感のない印象になっていましたし。

 ・・・やっぱり意図的にそうしているのでしょうか・・・。


『闘牌伝説 アカギ』 5話
 アカギはもう間違いなく、今期のアニメで最高に格好良い男キャラですねぇ・・・。

 しかし良い出来です。

 作画もほとんどが国外産(作監さんまでもが)なのにこのクオリティ。
 単純に外注とかでなく、共同制作とかなのでしょうか。

 牌とかも、真直ぐに並んでいれば画を作るのも簡単でしょうに、ちゃんとずれて置かれていたりする芸の細かさが素晴らしいです。

 ・・・なんて面白いのだろう・・・!!


『ガラスの仮面』 31話
 相変わらず、作中の観客と感情を共有させるような素晴らしい作りです。
 
 そして桜小路くん久々の登場。
 だが避けられる悲しみ。
 なんだかマヤは速水と良い感じですし、もう出番はないのだろうか・・・。
 まあ、彼の場合自業自得な気がしますけれども(笑


『ガンパレードオーケストラ』 5話
 ・・・なんだか色々な事があやふやなままに進んでいたような・・・。

 いったん作戦から外したのに、なんで直ぐに命令が来たのだろう・・・?
 あのトンネル内では合流や情報交換すべき他の部隊は居なかったのでしょうか?
 外に飛び出た幻獣を撃った人型戦車は誰が乗っていて、どうやって作戦を伝えたの?

 ・・・どうにもノリだけでストーリーが進められてしまった感があります。

 それなりに見せ場はありましたが、どうにも釈然としない話でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「アニマル横町」と「エンジェルハート」は感想書くのやめます。

 「アニ横」は、どうにも感想が書きにくい気がして、理由を考えてみたのですが、つまりは、作品の中で的確なツッコミが入っているからではないかと。
 作品の感想って、半分くらいはツッコミの要素だと思うのです(特にギャグアニメに対する感想は。
 それがこの作品では、本編中で見事なツッコミが入りまくっているので、あえてこっちから言う事が見付からないのではないかなぁ・・・と。
 あの作品は良い意味で、作品の中だけで完結しているタイプの物なのではないかと。

 そんな感じです。

 「エンジェルハート」は、つまらない訳ではないですが、別段感想を書きたい!と思わせてもくれないかなぁ・・・とか。

 
 これで八個にまで削りました。
 これ以上減る事は無いと思われ。

        それでは、本日はこの辺りで失礼します。

|

« 11月って! | トップページ | 気付けば。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。