« 簡素に感想。 | トップページ | そういえば。 »

思わず萌える。

・いつものように自転車で外出。

 家の近くに中学校が有るのですが、時間帯的にどうやら下校時間らしく、多くの中学生達が家路についていた。

 そんな時、ふと目に付いた女子ふたり。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・手を繋いでいる!

 周りが数人でわいわいと騒ぎながら歩いているのに対して、その女子中学生ふたりは、二人きりで、手を繋いで歩いている!

 ・・・・・百合か!?百合なのか!?(笑

 なんか可愛いぞ!

 自転車で通り過ぎる瞬間に目にしただけの光景にあっさり萌える自分は、骨の髄までダメオタクだと思ったのでした。

 けれど実際は、萌えと言うよりも、なんか微笑ましい気持ちだったのですが。

 仲良き事は美しきかな、ですよ。


 あの女の子達には、「くちびる ためいき さくらいろ」をプレゼントしたい。(笑

 もうちょっと大人になったら「少女セクト」を。・・・・・それはダメか・・・・・


 ・・・・・・・この文章は引かれるんじゃないかと微妙に心配(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年ジャンプ』 50号
 二周年で巻頭カラーの「ムヒョ」。
 素晴らしく燃える展開!

 「エムゼロ」の新キャラにちょっと萌える。

 「もて王」、「どこのヘル・ミッショネルズだ!」に笑う。

 「To Loveる」の保険医はエロ過ぎると思う。好きですが(笑

 「ボーボボ」、「「のび太郎一色」でちゃった~」が爆笑でした!

 あとは、「アイシールド」「P2」「ネウロ」が面白かったかと。

 そしてゲスト読切で「ギャグマンガ日和」が!
 かなり笑いました!
 「完全なる闇」と「なぜたてに」が好き。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『N・H・Kにようこそ!』 19話
 今回は素晴らしい出来でした!

 委員長兄妹をあそこまで深く掘り下げると思ってなかったですが、かなり上手くまとまっていて痺れました!

 ・・・・・・まあ、ラストの展開は少し上手く行きすぎな気もしますが、「腹が減れば働くもんよ!」のセリフは、その前で「佐藤君に食事を与える岬ちゃん」を見せる事で、微妙に皮肉っぽくて良い感じでした。

 さらに、何かを連想させる、佐藤君の股間を拭く岬ちゃんや、入浴委員長のエロスもナイス!(笑

 しかし今回は作画が素晴らしかったです!
 前半最初の方は、なんか動きがカクカクしている場面は有りましたが(原画だけで動いていたような?・・・それでも、「動きの流れ」は凄く好きでした。)、全体的に見事な出来で、演出やコンテと相まって、映像的にかなり面白かったです!
 コンテ、演出、作画監督の三役が、伝説の(笑)3話を手掛けた川畑えるきん氏でした。
 さすがです!

 素晴らしき!


『Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)』 7話
 今回もオリジナルストーリー。

 ・・・・・・結局、あのうっとおしい男は誰なの・・・?

 ドレスに着替える場面は、あのエピソードのあの場面をここで使っちゃうのか・・・・・・となんだか複雑な気分。
 あの場面は、後でドレスをアレする(ネタバレ回避処置)シーンを引き立てるのに重要だと思うのですが・・・まあでも、言ってないセリフもあったので、その辺は後でまた使うのかも?とか。

 しかし・・・・・レオニールに対してアリスが頬を染るのは勘弁してください・・・。
 
 それはそれとして。

 アニメ単体での評価をすれば、わりと良い出来だったかと。
 
 銃を押収するのは原作には無い展開なので、今後の話にどう絡んでくるのか楽しみです。

 けれど、ちょっと深みが足りない感はありで。

 菅沼 栄治さんの作監なので、作画はナイス安定感でした!

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『結界師』 6話
 ・・・・・この、出来は良いのにあまり印象に残らない感じはなんなのでしょう?
 感想打ち切るかもしれません。


『ときめきメモリアル Only Love』 7話
 ビーチバレーのイメージ映像エロ過ぎですよ!(笑
 夏服の天宮さんがとても可愛く。
 終盤の展開は青春全開でにやにやしました!
 面白いかと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「のだめ」ドラマがかなり面白いです。

 オケの演奏シーンと音楽に説得力が有るのは素晴らしいなぁ・・・と。

 来年始まるアニメ版・・・・・映像はともかく、深夜アニメでどこまで音楽にお金をかけられるかが勝負になる予感・・・・・・月9ドラマと深夜アニメでは、制作費も天と地の差でしょうし・・・・。

 頑張れ!と応援。

           そんなこんなで終了です。

|

« 簡素に感想。 | トップページ | そういえば。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。