« Wiiを巡る奇跡の旅。 | トップページ | 『ひぐらし「目明し編」と「宵越し編」』と、「はやてXブレード」6巻と、「ガオ!」と「阿呍」の3月号。  »

「はじめてのWii」はどうなのさ。

・と言うことで、昨日買ったWii関連の話題。

 しばらくはネタに困る事が無さそうで嬉しい(笑

 Wiiはリモコンで電源のオン・オフが出来るのが凄く良いと思うのです。
 あと、蓋を開けたりしないで、直接ディスクを差し込むのもなんか新感覚。

 それはそれとして。
 
 「はじめてのWii」なのですが・・・・・・・昨日もちょっと書きましたが、凄まじく微妙です。

 確かに、Wiiの特徴である「リモコン」を使ったプレイを一通り楽しめるという意味では、これはこれで有りなのだとは思います。

 ・・・・思いますが、ゲームとして面白いかどうかはまた別の話。

 とは言え、決して、入っているミニゲーム全てがつまらないって事では無いのです。

 シューティングとかは、普通にバラエティ的ガンシューティングゲームの中に入っていてもおかしくない出来ですし。
 ただ、そういう意味ではリモコンでなくても良い訳ですが。

 ちょっと長いのもマイナスかと。
 ああいう形で点数を稼ぐゲームなら、1プレイの時間をもう少し短くして、何度も挑戦したくなるようにして欲しいかも。

 で、まあ、それに代表されるように、「練りこみ不足」がどのゲームでも見え隠れ。
 っていうか見えまくり。

 全体に広がる、「ここをもうちょっとこうしたら良いのに!」な感じ。

 一応、点数によって金、銀、銅のランクが付くので、それを目指してスコアアタック、と言う楽しみ方は出来るようになっているのですが、絶対に金が取りたい!と思わせるほどに熱くさせてくれない訳で・・・。 

 「ビリヤード」とかも、もうちょっと親切設計だったら良いのに・・・。


 ただまあ、複数人数でワイワイとりあえずWiiを楽しむ、と言う遊び方なら、それほど大ハズレって訳でもないかと。

 けれど、一人で黙々とプレイするには、物足りなさ全開。
 仮にも「任天堂のゲーム」なのだから、もうちょっと奥深さや「ゲームとしての面白さ」を追求して欲しかったなぁ・・・と。


余談。
 ゲーム中にはMiiと言う自分の似顔絵が登場するのですが、最初自分そっくりに作ったら、なんか凄いムカつく顔が出来上がって、それがずっと表示されてるのがなんかイライラしたので作り直しました。
 あれですね・・・・顔の良い方はともかく、自分みたいな人間は、あまりにそっくりに作るとゲーム中もずっと現実を突きつけられてる感じがしてダメだ(笑

 この際だから、なんか漫画のキャラとかにそっくりな似顔絵でも作ろうかなぁ・・・?

 ・・・・完全にオタク的な思考だと気付いた!(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物。


『ぴよぴよ 水上悟志 短編集 vol.2』 
 「げこげこ」に続く、水上 悟志さんの短編集第二弾です!

 表題作の「ぴよぴよ」が三話と、それ以外の短編が五話収録されてます。

 まず「ぴよぴよ」。
 とにかくもう何だ。ノリで読め!みたいな話です(笑
 ただ、二話の後半から三話は、わりとじんわりする部分も。
 とは言え、そんな中にもシュールなんだかベタなんだかなギャグが挟み込まれるのが素晴らしく好き。

 ラスト1ページは笑いました!

 もう一つのシリーズ物「百鬼町シリーズ」は、このまま連載になっても良いのではないかと思う位に世界観が出来上がってます。
 きららが良い!

 残りの話はうってかわって、見事なまでの一発ネタ物。
 けれど、それをきっちりと形にしている辺りはさすがかと。

 「がんばってちゃんとやめよーぜ」は、「惑星のさみだれ」を思い起こさせる「熱さ」が凄く好き。
 いや、ただ単にキャラデザがそっくりだとか言う事じゃなくて(笑

 今回も良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『コードギアス 反逆のルルーシュ』 15話
 記憶を失ったヴィレッタ可愛い!
 と言うか、地上波のTVアニメで裸OKとは・・・凄いなTBS・・・て言うかMBSの方かな?
 あの髪の長さなら髪の毛で隠すことも出来ただろうに(笑
  
 マオは冷静に考えると酷い話だなぁ・・・・と。
 6歳の時にあんな力を与えられたばっかりに人生が狂ってしまった訳で。
 それを自覚しているからこそ、C.C.は撃てなかったんだろうけども。

 しかし、マオの力はイマイチ使い勝手悪いですね・・・・。
 マオと同じ力がルルーシュに宿ったとしたら、確実に1話で死んでましたし。
 「個人によってギアスの力は違う」のだとすると、あの場面で助かる性能を持ったギアスが備わったのは偶然だったって事なのだろうか・・・・・C.C.としたら、あの場を切り抜けられなくて死んでもそれはそれで構わなかったのかも?

 それはそうと、マオの「狂い演技」が素晴らしいなぁ・・・と思ったら草尾さんじゃないですか!
 さすがです。

 シャーリーはあれいつまでごまかせるものなのかなぁ・・・?

 ロイドさん伯爵!?(笑

 あと、EDテロップのキャストに、「千葉  千葉 紗子」って書いてあったのがなんか少し笑った。
 誰だろ?と思ったら、藤堂と一緒にいた女の人でした。


 しかしまあ、感想を書くネタに困らない作品です!
 面白い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『護くんに女神の祝福を!』 15話
 汐音可愛いっ!そして周りの反応が面白すぎて笑いました!絢子さんの言い草がかなり酷い(笑
 会議の途中で凄くダレた瞬間に大笑い。その後の絢子さんの「恋っ!」が好き。
 後半は、生徒会長ちょっと切ない。ずっと幼馴染みで好きだったのに、突然表れた護に絢子さんはベタ惚れってのは、見ていて切ないだろうなぁ・・・と。それでも自然に接する彼に漢を見た。
 良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「カドゥケウス Z」に夢中です。
 「三国志大戦DS」も、ようやく少しずつ解って来て、面白くなってきたかも。

 当然「イクサ」も忘れずに。

 ・・・・・・・・タイヘンだ・・・。  

      それでは終わります。ゲームの世界へ行きます。

|

« Wiiを巡る奇跡の旅。 | トップページ | 『ひぐらし「目明し編」と「宵越し編」』と、「はやてXブレード」6巻と、「ガオ!」と「阿呍」の3月号。  »

アニメ・コミック」カテゴリの記事