« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

バーチャルコンソールもろもろ!

・とりあえず今、『シャイニング&ザ・ダクネス』をダウンロードしてプレイ中です。

 「FF」と「グランディア」は完全に止まってしまいました(笑

 いやでも、このゲーム面白いです!
 
 細かい不満は幾つも有るのですが(システム周りの操作性とか)、けれどゲームバランスがなかなか良いので、ついつい止め時を失います。

 いわゆる「潜る」タイプのゲームと言うか・・・最近で言うと「世界樹の迷宮」が一番近いかと。
 まあ、メンバーは固定ですけれども。

 けれど、戦士、僧侶、魔法使い、の三人が絶妙なバランスで成長し、少しずつ難易度が上昇していく感じは心地良いです。

 こういう系のゲームが好きならば、やってみるのも良いかと!
 最初ちょっと辛いですけれどもね。
 

 そして新作情報が公開されてました!
 FCで「スターソルジャー」と「悪魔城ドラキュラ」が!
 コレは外せません!

 SFCでは「シレン」がついに出ますか。
 まあ、DS版も散々やったので、いまさら買いはしないですが・・・・。
 しかもまだSFCのソフト持ってますしね。
 
 MDは『シャイニング・フォース 神々の遺産』。
 さらには『ザ・スーパー忍II 』も気になります。
 と言うか、いきなり「Ⅱ」?
 『ダイナマイトヘッディー』も、トレジャーの作品だと言うだけでやってみたい!
 
 さらにPCエンジンでは!
 あの『スプラッターハウス』が!
 コレは是非モノです!
 
 ああもう・・・・・憎いぞバーチャルコンソール・・・!
 コレ全部買ったら結構な金額になってしまうではないですか!

 ただでさえ、「シャイニング」を買ったことで、残りポイントが100しか無いと言うのに!
 近所のコジマで、行くと一日一回もらえる100円の現金還元クーポンを駆使して、1000円のプリペイドカードを900円で買うという小さい倹約をコツコツと続けていると言うのに!(笑

 3000を買うと200円の損なのですよ・・・・。
 5000ならば400円も!

 ・・・ってか、小さい!自分小さい!(笑

 まあでも、今後もその方式でコツコツ買いますとも。
 だって1万円分買ったら、1000円特なのですよ!?
 1000円のカードが丸々一枚ただでもらえるって事ですよ!?

 そりゃあ無理してまとめ買いする必要は無いってモノですよ。
 何度も足を運ぶ手間さえ惜しまなければ、ですが。
 FCはまだしも、PCエンジンとかMDのソフトは一本買うだけで新しいカードを買いに行かねばならない計算ですし。
 実際は以前のポイントが多少残っているのでもうちょっと余裕は有るのですが、それでも二本買ったら確実に行かねばならず。
 
 う~む・・・・悩む悩む。

 しかも、7月のWiiは「ドラクエ」も出ますし・・・・時間との兼ね合いを考えて厳選しないと・・・。
 
 Wiiの時代、来てますね!
 少なくとも自分の中では確実に。

 メインがバーチャルコンソールなのは微妙かもですか・・・・・今、一本も無いですし、Wiiのソフト。
 買っては売り、買っては売り、で。

 ずっと手元に置いておきたい!
 と思えるような心の一本が出て欲しい所です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日のアニメ感想は一言感想のみです。


・一言感想(ネタバレあり


『DARKER THAN BLACK』 13話
 まさかの探偵再登場!コレは嬉しい限り!キコ可愛いです!さらに子供インやら巨乳オタク眼鏡っ娘やら!
 素晴らしい破壊力!(笑
 作監が高橋 久美子さんでコンテがもりたけしさんという素晴らしいスタッフ!
 見事に面白かったです!
 

『ロミオ×ジュリエット』 12話
 う~ん・・・・・いやでも・・・・いや、それでも・・・う~ん・・・・。
 とりあえず、来週を待ちます。
 

『魔法少女リリカルなのは StrikerS』 13話
 なのはとフェイトは新人だけでなく、子供の人心掌握まで出来ますか(笑
 微笑ましい場面に笑顔ですよ。
 そしてティアのデコピンからのスバルとの会話がツボでした。
 良い出来でした!面白い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


・本日は終了です。

      それでは、これにて。

|

感想もろもろ。

まずは。


・今日買った物!

『コミック 阿呍』 8月号
 「シャイ娘。」のコミックスカバー付きでした。
 師走の翁さんは裏表紙をエロくするのが好きなのだろうか(笑
 カラーコミックはネタとしては面白いです。

 しかし今回の阿呍は、なにを差し置いても久々復帰の松本 英さんの漫画がもうとにかく良かったです!
 以前からこの方の漫画は好きでしたが、ここへ来ての復帰、しかもこの出来の良さは嬉しい限り!
 
 数年前に比べると主要作家さんの別雑誌移動やらなんやらで少し物足りなくなっていた阿呍に、久々いいニュースな感じです。 

 これで酔花 ころんさんがもう一回戻ってきてくれればひどく喜びます。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『Devil may Cry(デビル メイ クライ)』 3話
 なんだかおしゃれな恋愛ドラマにちょっと驚いたり笑ったりしつつでも良い出来!

 最初の出会いの場面で、街灯が点いたのは恋の芽生えを象徴してるのかい?くはぁ!おしゃれだねこんちくしょう!(笑

 パティの衣装が毎回どころか場面ごとに変わるくらいの勢いですよ!
 しかも毎回可愛いですし!
 デザインしてる方のセンスに大拍手!

 今回で言うと、前半の微妙に男装チックな衣装があまりにも可愛くてキュンキュンしましたよ!

 楽しみに見ている番組の最終回放送日にテレビが壊れると言う絶望的な状況はなんかちょっと見ているだけで切なくなりましたが・・・・。
 もし自分に同じことが起こったらと思うと怖くて仕方なし!

 それはそれとして。

 モリソンは登場シーンだけで声の良さにメロメロでした!
 大塚 明夫さんはやっぱり凄い・・・・!

 屋敷の面々は、あの親父の自分勝手っぷりにちょっとイライラしましたが、執事の声が茶風林さんだったので、絶対コイツなんか有る!と思いましたよ(笑
 実際そうでしたけれどもね。
 好きだなぁ、茶風林さん。

 ダンテとブラッドのやりとりはかなり好きでした。
 「俺には二人とも心の底から愛し合ってるように見えたぜ」・・・痺れます!

 この作品はとにかくダンテの格好良さに惹かれます!
 もちろんアクションの面白さやなんやかんや有るのですが、主人公を魅力的に魅せる、と言う意味では確実に一級品だと思います!

 今回も面白カッコイイ出来でした!(笑
  
 正直、作画はちょっと微妙な場面も無かったでは無いですが・・・まあ、それ程気になるレベルでも無いかと。


 そして、直後に流れた「シグルイ」のCMに実写で出演されていた浪川 大輔さんに大笑いでした!
 なんですかあのセリフと行動(笑
 
 しかし・・・wowowは7月から木曜深夜が大変なことになってますね・・・。
 この「D.M.C」の後に「シグルイ」その後に「ムシウタ」さらに「バッカーノ!」と・・・・・四作品、二時間連続でアニメですか!
 ・・・・できれば、日付をずらしてくれると嬉しいのですが・・・。 
 多分後半二つはその日の内には見れないですし、感想書くのも大変なので・・・。
 まあ、今更言うても詮無い事ですが。


『セイントオクトーバー』 26話 最終回
 最終回だけあって良い出来でした!

 どうなるかと思いましたが、見事なまでの大団円!
 ザ・ハーピーエンド!
 ちょっとやりすぎかと思うほどに(笑

 ただ、EDでソフィアさんの幸せそうな笑顔の写真を見たら、ちょっとウルっと来たのでそれで良し!
 幸せになれい!

 面白かったです!

 「完璧クルツ」と言うテロップにちょっと笑ったのでした。


 最初の頃はそんなにツボにハマらない作品で、正直いつ感想を打ち切ろうかとさえ考えていましたが、見事なまでに化けた作品でした!
 特に、12話の凄まじい出来には心底驚かされました!
 さらにはネットラジオがもうどうしようかと言うほどに面白いのも手伝って、最終的にはかなり好きな作品です!

 そのうち続編とか出来て欲しい、と思うのでした。
 お疲れ様でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『銀魂』 62話
 細かい・・・と言うかあからさま過ぎるパロディの連発に大笑いです!
 あと、穴に落ちた二人とザキさんのやりとりが面白すぎた!
 おつう の偽CMも好き。本当にCD出せば良いのに・・・。


『おおきく振りかぶって』 12話
 一話ほぼ丸々練習風景のみとは!それでも、あれだけ丁寧に作られると退屈しないで見れます。素晴らしき。
 三橋の背中の「1」がちょっと薄れてる芸の細かさもナイス。来週へのフリかと。


『怪物王女』 12話
 姫の信頼とチェーンソー二刀流にキュンキュン。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「のだめ」最終回も見ました。

 川澄さんの「が~ば」に凄まじく萌えたのでした。
 

 ・・・久々に「萌え」って書いた気がします。
 わりと意識的に避けてたので。まあ、代わりの表現が「キュンキュン」なのは はたしてどうなのか、と言う話なのですが(笑

 
・なんて言うか・・・ニュースを見てると、死刑廃止論者ってのは皆バカなのか?とさえ思ってしまう・・・。
 いやまあ、そんなハズは無いのですが。
 と言うか、真摯な姿勢で死刑廃止を訴えてる方々はあのニュースを見てどう思っているのだろう・・・・・「いいぞ!その調子で死刑回避だ!」とか思っているのなら、その人達とは一生係わり合いになりたくないですねぇ・・・。

 死刑制度に関しては色々な考え方があって良いのだとは思いますが、だったら終身刑導入とセットで無いとダメだと思うのです。
 あの元少年の罪を「ただ軽くする」事に何の意味が有るのですか・・・?


 なんて、誰も求めてない駄文を垂れ流しつつ終わるのでした。
 ご勘弁を。なにせ(駄文)ですし(笑

             では、そんなこんなで終りです。

|

月刊『電撃コミック gao(ガオ)!』8月号。

・表紙は「ななついろ★ドロップスPure!!」です。

 付録も付いて力が入ってます!

 原作は良く知らないですが、漫画としてはかなり好きです。
 付録に再録の1、2話と本誌掲載の3話を連続して読むと、回が進むごとに出来が良くなっているのが解って素敵。
 特に、すももの可愛さの急上昇っぷりは半端ではない!
 アニメの出来も良さそうな印象なので、ちょっと楽しみ。

 「ケメコデラックス!」は告白やら新キャラ登場やらで今後の展開も良さげです!

 「グレンラガン」は扉絵がエロス!
 そして作者の森小太郎さんのHPではそのカラーバージョンが見れたりするのだった。
 漫画としてもわりと好き・・・なのだけれど、アクションの魅せ方がどうにもツボに入らない・・・・。
 たぶん、「タメ」が足りないせいだと思うのですが・・・。
 急に見せ場!みたいな感じと言うか。
 とは言え、画力の高さは一級品ですし、同じ作者さんの前作ではあまりそう感じなかったので、単純に慣れの問題だとは思うのですが。

 『百目の騎士』は給料ひとつとっても設定がしっかりしてるなぁ・・・と。

 『ほのかLV.アップ!』は「ステキ百合空間」にキュンキュンです!

 『エンシェントミスティ』は、名前の豪華さから期待するほどの盛り上がりを感じられずに終わってしまった・・・・・と言っても打ち切りとかではなく予定通りの終了だとは思うのですが。

 あとは、「田村くん」「お稲荷さま」「KINGHTS」が良かったかと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年マガジン』 30号
 ん~・・・・なんでしょう。
 コレ!ってモノが無かったような・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日のアニメ感想は一言感想のみです。


・一言感想。(ネタバレあり


『レ・ミゼラブル 少女コゼット』 25話
 エポニーヌが切ない・・・!しかし肝心のマリウスはどう考えてもストーカー一歩手前なのだった(笑
 そりゃあ引越しもされますよ。ちゃんと自分でもそれを理解しているのが救いですけれども。


『BLEACH』 131話
 ・・・うん、来週に期待です。


『ながされて藍蘭島』 13話
 妹可愛いっ!けど、登場する為には海で溺れないとダメなのか・・・。
 ちかげ の勘違いファッションは、ネコミミよりもブルマよりも、「いいんちょう」って書いてある腕章がツボでした(笑
 全体的に良い出来で面白かったです!EDは大笑いでしたし!凄い歌だ!


『機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ』 13話
 あの小僧が良いヤツだ!お姉さんもステキです。色々と裏側も見えてきて、かなり面白かったです!
 ・・・まだ1話しか薮野さん作監の話が無いのは寂しい限り・・・。いや、今回も良い出来でしたけれどもね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・なんか書こうとしてた事があったような・・・・・?

 ・・・・あ、思い出しました!
 ・・・・けどまあいいか。

 余計なこと言いそうなのでやめときます。

      そんな事を言いつつ終わるのでした。

|

「ぼくらの」12話と「デスノート」最終回!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ぼくらの』 12話
 前回がちょっと微妙な出来だったのですが、今回は良い出来でした!

 作画も、凄く整っている訳ではないのですが、動きの良さに痺れます。
 ただ、中華料理屋(と言うか、点心と中国茶の店?)での田中さんのデコッパチっぷりはちょっとどうかと思いましたけれども(笑

 それはそれとして。

 ウシロの家にのりこむ場面は凄く好きでした!
 テンポの良い展開とカット割りで小気味良く見れましたし!

 圧倒されるウシロがちょっと可愛く見えましたよ(笑
 まあ、直後にカナを蹴飛ばしたので即マイナス評価に逆戻りですが!

 故に、その直後のマキの行動には賞賛を送りたい!

 確かにウシロは甘えてるよなぁ・・・と。

 結局、どんなことをしてもカナが自分の側から居なくなる事は無い、と思い込んでいる甘えと、過去にどんな事情があったのかは解らないけれど、それを逃げ道にして雑事をカナに押し付けて自分はサボっている、と言う甘え。

 何と言うか・・・・「不幸を言い訳にする」のって凄い簡単なんですよねぇ・・・・・。
 自分と周り、両方を容易に納得させてしまうから。

 けれど、それはやっぱり逃げだし、甘えな訳で。

 ・・・・なんか話が変な方向に行きそうなので軌道修正。

 そして今回の主役マキの幸せ家族っぷりに笑顔です。
 血が繋がっていても不幸な家も有れば、そうでなくても幸せな家も有る。

 ただそれだけの事。
 それは大人になれば簡単に理解出来るけれど、子供のうちは不安になるのも仕方なし。

 だがしかし、その不安を取り除いてくれる親が居れば、それは一瞬で安心に変わる訳で。

 そう言う意味ではあの両親は良い・・・!

 「初めての子はお前だよ」はちょっと泣きそうでしたよ!

 他にも田中さんと軍のお偉いさんのやりとりやら、転送された場所やら、色々と面白い要素が出てきました!
 
 面白かったです!


『DEATH NOTE(デスノート)』 36話 最終回
 なんと言う出来の良さ!

 さすが最終回です!
 演出も作画も一級品!

 とにかく魅せ方の上手さが抜群でした!

 月の開き直りやら松田のキレッぷりやら三上の自決やら!
 とにかく、映像的に目を惹く作りが見事でした!

 声優陣の演技も素晴らしかったですし!

 さらには、基本的には原作と同じ流れでありつつも、オリジナルの映像や演出で魅せるラストシーンは痺れました!
 
 原作の「後日談」的な場面も好きだったのですが、これはこれで綺麗な終わり方だったのではないかと。
 なんだかSPで放送するらしいので、そこでは入るかも?とちょっと期待もしつつ。

 しかし・・・ゴールデンでSP版放送って・・・さすがに7時からは無理だと思うので、9時からの金曜ロードショーとかだと思うのですが・・・・・・全36話を二時間にまとめるって事でしょうか・・・・?
 それはちょっと・・・・・どうなんでしょう。
 映画みたいに前・後編に分けて放送とか?
 だとしたら凄いですね・・・。

 それはそれとして。

 シリーズ前半はクオリティの厳しい回もわりと多かったですが、後半に入ってからの安定感と出来の良さは素晴らしかったです!
 原作の良さを引き出しつつも、アニメとしての面白さも組み合わせた良い作品でした!

 お疲れ様でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『キスダム』 13話
 たまに突然クオリティが上がるのは単純にそこだけ上手い人が描いてるからなのか・・・?
 もっと安定して欲しいと思うのです。


『Over Drive(オーバードライブ)』 13話
 原作を丁寧にアニメ化しているのは凄く伝わるのですが、丁寧すぎて展開が遅いのはちょっと不満です。
 自転車のスピード感もちょっと弱いですし・・・・登りだから、と好意的な解釈も出来ますけれども。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・何と言うかアレですね。

 アクセス解析で、明確にこのブログを目指して検索してくれたのだな、と解るワードが有るとなんか嬉しくなりますね。

 「群青色の」で検索して来てくれたりとか。
 まあ、ブックマークしてくれれば良いのに、とちょっと思いますけれども(笑

 もちろん、偶然辿り着いた方々もありがたい事に変わりは無いのですが。
 感想は読んでもらえてこそ意味があるのですから。
 
 ただ、はたして読んだ方に満足して頂けるような感想を書けているのか、と言う不安は常に有るのですが。

     そんな言葉を垂れ流しながら終わるのでした。

|

「ひぐらし 解 罪滅し編」2巻!

・チェック不足で微妙に買い遅れです。

 それはそれとして。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!(ネタバレあり


『ひぐらしのなく頃に 解 罪滅し編』 2巻
 原作ではボロ泣きした「許す」場面!

 アニメでは、微妙に説得力が薄くそれ程泣く事も無かったのですが、漫画ではまたしてもボロ泣きです・・・!

 「説得力」と言う意味ではやはり原作には少し届かない感じでしたが、丁寧に表現されていたので好感でした!

 そしてカバー裏の絵がちょっと好き。

 ・・・・・しかしアレですね、「ひぐらし」漫画はどうしても原作が絶対的なものとして頭にありますし、先の展開を知っているので、最終的には「どう表現しているのか」と言うところが評価になってしまってイマイチ冷静な感想が書けない気もします。

 7月からのアニメも果たして冷静に「アニメとして」の感想を書けるかどうか不安だったり。
 
 そう言いつつ、楽しみでも有るのですけれどもね。

 
『週刊少年ジャンプ』 30号
 「アイシールド21」がもう・・・・・!
 たまらない!その展開たまらない!
 熱い!

 「こち亀」はえらく描くのが大変そうでした・・・!
 けど、ああいうネタ好きです。

 読切の「必殺動物部」は・・・う~ん・・・いや、わりと面白かったと思うのですが、所々に挟まれるギャグが殆どツボに入らないので、どうしても全体的に平坦な印象になってしまいました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『らき☆すた』 12話
 あはははははははは!
 ダメだ!笑いすぎて苦しい!あははは!
 ちょっとのた打ち回るくらいに笑いましたよ!

 もう、アニメ店長の辺りが出来が良すぎてどうしようかと!

 無駄に迫力のある作画と演出に、豪華すぎるキャスト!
 杉田さんが見た目からして杉田さんでしたし!(笑

 さらには、まさか社長が出てくるとは思いませんでした!

 もう、出てきた瞬間からCM入るまでずっと笑い転げですよ!

 凄い!凄いよ「らき☆すた」!
 凄いよ京アニ!
 
 その他の場面も全体的に出来が良く、さすが武本監督が自らコンテを手掛けているだけの事は有りました!

 かがみの可愛さが半端じゃなかったですし!
 BL本に興味津々だったり、一緒のクラスになれるようにお願いしたりと可愛さ炸裂です!
 
 あと、こなたがコミックマスターJ扱いなのも大笑いでした!

 今回は最高の出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。(ネタバレあり

『sola』 12話
 アクションの出来の良さが凄まじいです!特に蒼乃の攻撃は、新しい紙使いの形を見せてくれました!素晴らしき!
 しかしこれ、何と言うか正解の無いストーリーですねぇ・・・・どの結末を選んでも、絶対に全員幸せにはなれないと言うか・・・・・・切ない話ですよ・・・。
 しかし面白いです!次回最終回!


『エル・カザド』 13話
 作画は綺麗ですし、ナディとエリスの関係性は凄く好きなのですが、銃撃戦の迫力と緊張感の無さはどうにかならないものなのでしょうか・・・・。
 基本的には好きな作品なのですけれどもね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・え~と・・・・・・・後は何も無いです!

 あ、地味に六万ヒット突破です。
 感謝を。

     それでは、本日はこれにて。

|

『天元突破グレンラガン』13話と『プリキュア5』20話!

・「プリキュア5」の出来があまりにも良かったので、両方タイトルにしてみました。

 「ヒロイックエイジ」の出来も凄まじかったのですが、3つ並べると長くなるので断念。

 そんな訳で。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『天元突破グレンラガン』 13話
 キャラ作監が平田 雄三さんなだけあって、ニアとヨーコの可愛さが半端ではない!
 特にヨーコのエロスっぷりはもうさすがです。

 また、細かい動きとか表情とかも良いのですよ!

 初っ端の、「働きたいんです!」「はぇっ・・・」の時のシモンの顔がいきなりツボに(笑
 
 料理を作っているニアが地味にコック帽をかぶっているのが可愛い。

 そして、カミナのコックピットに乗り込むときのヨーコの切なさ全開にキュンキュンです。
 そこで登場ブータです。
 良いヤツなんだかエロいんだか!(笑
 なにその幸せポジション!

 コックピット内の壁のモニターが切り替わる場面が凄い好き。
 パパパっと切り替わるタイミングの気持ち良さに良い意味で酔います!

 戦闘開始と同時に全主砲と第三艦橋を狙い打たれる大グレン。
 ちょっとは避けようぜ!(笑

 グレンの空中ドリルぶっ刺し渡りを見て「海原川背」を思い出すのはきっとオールドゲーマー・・・なのか・・・?
 けど、PSで「旬」も出てましたし・・・・・あ、なんか久々に凄いやりたくなってきました。あのゲーム凄い好きだったのですよ。 あ~でも確か、どうしてもお金が無い時に売っちゃったかなぁ・・・・・・・。
 って、話が逸れすぎた!

 
 閑話休題。


 敵を取り込んで空を飛べるようになるのは面白いなぁ・・・・と。
 そのうちコナミ(スポンサー)からそんなアクションゲームが出るのではないかと期待。

 そこからのバトルは熱い熱い!
 ヴィラルとの一騎打ちは痺れます!
 そんな中、ヨーコの一瞬空中で止まって「あら?」からの落下はベタだけどちょっと笑いました。
 同時にエロスでした。

 と思いきや、予想以上に重症だった!
 
 そして、ついにカミナの死を知ったヴィラル。
 ショックを受けてはいるのだろうけれど、シモンと言う新しいライバルの登場が心の隙間を即座に埋めたようでもあり。

 その後のタイマンもまた痺れますよ!
 ただ、動力炉的なところであんなに暴れたら、そりゃあ怒られて当然のヴィラル君です(笑

 ゴーグルっぽい眼鏡をかけた女性エンジニア(?)に心を奪われつつも、ヴィラルの漢っぷりと大グレンの飛び蹴りが熱くて熱くてたまらない!
 この辺りはもう作画も演出も最高潮でした!
 さらに、敵の鳥の「トビゲリ ダ トビゲリ!」がツボ。

 その後には、「ねぇシモン、知ってた?私ね・・・カミナが好きだったんだよ」「・・・うん、知ってたよ」「そっか」このやりとりにしんみりするやら笑顔になるやら!
 この幅の広さがこの作品の魅力です。
 
 しかしこれ・・・シモンとヨーコになんかフラグが?
 けれど今はニアが居る訳で!
 ・・・・いろんな意味で面白くなりそう!

 どう考えても怪しいものが出来そうだったニアの料理はそのまんまでした。
 シモンが平気で食べていたのは愛ゆえか、ただの味オンチか(笑

 獣人側にも面白い設定が有りそうで、今後への期待は膨らむばかり!
 今回も素晴らしい面白さでした!


『Yes!プリキュア5』 20話
 前回に引き続きうらら大活躍!

 と言うか!

 なんという出来の良さですか! 

 録画したのを、昼ごはん食べながら見ようと思っていたのですが、ちょっと目を放した隙に面白い動きが随所に入ってくるので、何度も巻き戻しながら見てしまいましたよ!
 
 一瞬たりとも目が離せない!

 特に前半の出来の良さは抜群!

 表情もコロコロ変わりますし、また良く動きます!
 ちょっとした動きまで素晴らしく面白いですし!目が点になる表情が面白すぎて出るたびに笑います。
 
 うららのマネージャーが階段を下りてくる時の動きで、これはいつもとは違う!と確信です。

 さらに、映像的な出来の良さはもちろん、普通に面白いですし!

 旗が明らかに大漁旗なのとか!(笑
 「イエス!ユーキャンドゥー!」はなんか好き。
 増子さんの登場シーンとかもう・・・なんて良い動き!
 と言うか、増子さんは全体的に良い味だしまくりでした!

 「L!O!V!E!」の辺りはもう大笑いですよ!
 なんですかこのこの面白さ!
 照れながらの先輩二人と、一回目の「アイラブ!ユーラブ!」の時に後ろで動いてる のぞみ と りん が可愛すぎてどうしようかと!

 そこからの友情劇もベタですが良いです!

 ただ、後半になって急に息切れが見え始めたのは残念・・・!
 全編が前半の出来だったらこの上なく最高だったのに!

 それでも、アクションシーンはかなり良かったですけどね。
 だがしかし!
 いつもいつもアクションアクション言ってる自分ですが、今回に限ってはアクションよりも、ラストの歌の場面にクオリティを注いで欲しかった!
  
 いやまあ、それでも大好きでしたけれど!

 歌にあわせて踊ったりコーラス入れたりする場面がもう・・・楽しい楽しい!
 オタクの血が騒ぐ!(笑
 ううらが一人で動いてる場面は素晴らしかったですし!

 また良い歌なのですよ!
 EDの後でそのCDのプレゼント告知があったのは、商魂たくましくて笑いましたけど!
 CDのプロモーションも兼ねての話だったと思うのですが、それをここまでの出来の良さに仕上げた長峯さんに大拍手!
 「SS」で良い仕事をしてくれていた長峯さんは「5」でも素晴らしい仕事でした! 
 「5」ではコレが初めてでしたが、今後も定期的に作って欲しいです!

 うおっ!原画に馬越 嘉彦さんが!この枠に馬越さんが戻ってきました!
 さらには馬場 充子さんも居ました、素晴らしき!

 ・・・あれ?でもこの前「グレンラガン」にも居ましたね(笑
 まあでも、力のあるアニメーターさんは共有財産って事で。
 色々なところで仕事をしてくれれば、その分いろんな作品で見れて楽しめますし!
 クオリティの底上げにもなるかと!

 ともかく、面白かったです! 


『ヒロイックエイジ』 12話
 いきなりの3D艦隊戦闘が見事な出来で驚く。

 艦隊はもちろん、虫のうねうねした動きが3Dとは思えない良い動き!
 
 怒涛の戦闘シーン連発はそれだけで痺れるのですが、その中で展開されるストーリーもまた面白い!
  
 バカすぎる兄二人の愚かさが最高潮に達して、おかげで話が盛り上がる盛り上がる!(笑
 実績のある部下の進言に耳をかさない上官ほど無能なものは無い!

 結果として、当然に起こる悲劇。

 姫の涙と、仲間たちの憂いは見ていてウルウルしましたよ!

 ここへ来てこの盛り上がり!
 後半が俄然楽しみになって来ました! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・一言感想。

『おねがいマイメロディ すっきり♪』 13話
 酷いよクロミ!けど最終的にはバクは幸せに。良く出来た仕組みです(笑
 マイメロが顔にパックをしてる絵が面白すぎて爆笑でした! 


『ハヤテのごとく!』 13話
 「なんだよう!私と一緒に学校行きたくないのか?」にキュンキュン。
 そして、予告で次回のタイトルに大笑い。
 懐かしいなそれ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・『瀬戸の花嫁』13話はお休みでした。
 ・・・何故でしょう?
 どうせ休むなら、この前の朝五時からの放送のときに「ヒロイックエイジ」と一緒に休みにすればよかったのに・・・。

 「一騎当千DD」も先週で終わってしまったので、今週はちと寂しいのでした。

      では終了です。

|

「電脳コイル」7話と「アフタヌーン」8月号。

・書きたい事が重なったので、「アフタヌーン」の感想は明日にしようかとも思ったのですが、明日は明日で「グレンラガン」だし・・・・という事でこういう形に。

 さすがに、二日遅れると自分の中で新鮮な感想が書けなくなりそうなので。

 そんなことで「電脳コイル」の感想はちょっと下の方。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!(ネタバレあり


『月刊アフタヌーン』 8月号
 表紙は「おお振り」。
 講談社漫画賞受賞だそうで。
 めでたい・・・のかな?きっとめでたい。
 正直、「講談社漫画賞」ってイマイチハッキリしない印象なので、どの程度凄いことなのかピンと来ないんですよねぇ・・・・。

 まあでも、賞の1つくらいは貰って当然の面白さだと思います!

 そして本編はようやく花井活躍!
 まだ四回だと考えると、この試合のキーは花井の予感!

 その後のバッター阿部の場面。
 あの状況でキャッチャーに、スクイズを考えから外せ、ってのはちょっと酷な気もしたり。
 やっても全く不思議は無いですしね。
 ただ、「スクイズ無い」って読まれちゃってる辺りはモモカンの読み負けな訳で。
 阿部が打てなかったのも仕方なし。  

 しかしこの試合は水谷大活躍ですね!
 
 ハイタッチはちょっと笑いました。
 
 だがしかし、阿部のセオリーどおり過ぎるリードが読まれて大ピンチ。
 相手の策から逆算して、「三橋がどういう投手か理解されている」前提でリードしないと厳しいだろうなぁ・・・。
   
 けれどラストで信頼を確認して、ここからが正念場!
 
 相変わらず面白いです!

 そして「くじアン」の最初のページが素晴らしくエロい(笑
 本編も、アニメよりもわかりやすく三角関係になってます!
 漫画では、「ハッキリとした決着」が見れる?

 芦奈野ひとしさんの読切「カブのイサキ」は、「らしい」感じで好きでした。
 最後に明かされた設定はちょっと面白いなぁ・・・と。

 「しおんの王」は紫音が、「宙のまにまに」はフーミンがえらい可愛い!

 後は、「蟲師」が良い話だったり、「謎の彼女X」の特別漫画が植芝 理一節全開でニヤニヤしたりと今回もよい雑誌です!

 当然、滝沢 麻耶さん・・・改め鹿島 麻耶さんの「学園夢探偵 獏」も素敵です。
 「リンガフランガ」が大好きだった自分としては、待望の新作ですよ!
 あの、微妙に病的な雰囲気に痺れます!
 ただ、三話完結だそうで・・・また単行本一冊分くらいだけなのかなぁ・・・・長い連載読みたいです。

 そんな感じでした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『電脳コイル』 7話
 やはりイサコは可愛い子でした!
 
 「他人なんて」みたいな事を言いつつも、心のどこかで他人を求めている部分があって、それが歪んだ形で出ているのが、ダイチ達を「手下」にするって事なのだろうなぁ・・・と。

 「仲間」でも「友達」でも無い。
 「信用」もしてない。
 一緒に居ても別に頼っている訳じゃない。

 そんな理論武装で自分を納得させている気がします。
 
 まあつまりは、素直になれない娘ですよ。
 うん、可愛い。

 ダイチ達が帰ろうとした時に脅すようにして引き止めたのも、どこかで孤独・・・と言うか、「独り」を嫌がって駄々をこねてる感じでしたし。
 「暗号を使って良い」なんて「アメ」を与えたのも、その証拠のような。

 閉じ込められそうになったヤサコを助けようとしたり、閉じ込められた中でも色々と会話をしたり、完全に冷徹になったり拒絶をしたりって事が出来ない子ですしね。

 まあ、京子を助けたのが一番解り易いですけどね。
 「幼女!」って呼び方はどうかと思いますが(笑

 ラストでは少し心の雪解けを見えた感じで、今後の展開が楽しみです!


 お、脚本にみやむー(アスカじゃない方)が。
 と言うか、そっちの宮村さんは「みやむー」って呼ばれる謂れは一切無いですけどもね(笑
 小説版だけでなく脚本も書かれるのですね。
 あのオチは良い意味で酷かったです!(笑


 あと、今回の作画なんか好きでした。
 全体的に柔らかさがあって可愛いですし。
 閉じ込められたヤサコイサコが外の京子にアピールしてる様子がちょっと間抜けで笑いました!

 今回も良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『精霊の守り人』 12話
 バルサがなんて素敵!格好良過ぎじゃないですか!
 コンテ・演出が佐山 聖子さんで、作監が馬越 嘉彦さん!?
 さすがの良い出来でした!


『ラブ★コン』 12話
 遥の空気の読めなさは本気でイラつく・・・。


『アイドルマスター XENOGLOSSIA』 12話
 真の壊れっぷりが微妙にエヴァっぽい感じに!(笑
 春香の必殺技炸裂シーンは痺れました!
 面白い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「エマ」の感想は終了で。

 ・・・・・多分これ、どんな結末になっても笑顔で見れない気がするので。
 ウィリアムほんと嫌いだわぁ・・・。

       そんな感じで終りです。

|

簡素に一言感想。

・また金曜日はこんな感じです・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想(ネタバレあり


『DARKER THAN BLACK』 12話
 良い出来で面白いのですが・・・圧倒的に説明不足なんですよねぇ・・・。最後まで見た後で思い出すと、そういう事だったか!と思えるのでしょうか・・・?
 大原さんのキャラが素敵に可愛かったです。


『ロミオ×ジュリエット』 11話
 二人のやりとりは微笑ましいのだけれど、根本が何の解決にもならない「逃げ」でしかないからなんかもうイライラします。特にジュリエットが・・・・お医者先生は何の為に死んだのさ!そしてその事に恨み言1つ言わず笑顔を見せてくれた奥さんの想いは?ロミオのお坊ちゃん的楽観思考もなんか嫌ですし・・・。
 まあ、このまま「幸せに暮らしました」で終わるはずも無いので、見続けますけれども。


『魔法少女リリカルなのは StrikerS』 12話
 クオリティがイマイチ回復しないですね・・・。序盤のアクションは好きでしたけども。
 そう言いつつも面白いんですけどもね。
 声優さんの兼役が多いのは何か意味が有るのか単純に予算の問題なのか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・なんも無いので普通に終わります。

      短いですがご勘弁を。

|

フィギュアに釣られた・・・!

・本屋へ行くと、そこには電撃大王が。

 ・・・・・それはズルイですって!

 なんですかその可愛いフィギュア!
 そんなん表紙で見せられたら衝動的に買ってしまうじゃないですか!

 ということで購入です。

 その結果、自分のカバンは「電撃大王」と「テックジャイアン」と「シャイニング娘。六巻」の三冊でパンパンに膨れ上がるという、完全なる気持ち悪いオタクに(笑
 いやまあ、そのまんまなのですが。
 それも自分。それが自分。

 ただ、絶対に今事故には遭わない!と心に誓いましたけれど(笑
 
 それはそれとして。

 普段は立ち読みで済ませてしまう大王ですが、買ったら買ったで色々とツボな作品も多かったので良かったな、と。
 鳴子ハナハルさんのカラーコミックも載ってましたし!
 あと「苺ましまろ」があんなに多いページ数で載ってるの凄い久しぶりなのでは!

 「sola」や「おとボク」のコミックも良かったですし、次号も買ってしまう予感。
 だってまたフィギュア付きですし!
 吉田さんの体操服とは・・・・・買うしかない・・・!(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物。

『シャイニング娘。』 6巻
 裏表紙のあからさま過ぎるエロアピールは相変わらず買うのを微妙に躊躇わせる!(笑
 
 しかしまあ、このシリーズももう長いですねぇ・・・始まった当時は自分も中の人達が凄く好きだったので細かいネタも楽しめたのですが、最近はめっきり離れてしまったのでわからないネタも多いです・・・。
 ただ、紺野さん復帰は凄まじく喜んだので、コレを機にちょっと戻ってみようかな?

 それはそれとして。

 漫画としては、もう全開です。
 怒涛のエロス! 

 だがしかし、終盤のエロが無くなってからの展開がまた熱くて面白い!

 やはり師走の翁さんは単純に「漫画家」として好きだなぁ・・・と。

 けどこのシリーズ・・・まだ続く予感?
 それともラスト3ページはギャグと思うべき・・・?

 正直、他の作品も見たいです。
 とは言え、小悪が主役ならそれは読みたい・・・!

 複雑複雑。
 
 どちらにしても良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『銀魂』 61話
 す・・・・凄すぎるっっ・・・・・・・・!!!!!

 とてつもないほどの出来の良さに震えます!

 ストーリーそのものの良さに加えて、映像の素晴らしさがそれを数倍にも引き立てます!

 アクションの格好良さと、「決めシーン」魅せ方の上手さ!

 抜群!抜群でした!

 「もっと大きな声で言ってくれないと聞こえないよ・・・!」の辺りではもう・・・ボロ泣きですよ!
 そりゃあ泣きますよ!
 まさかあの大声キャラをこんな形で涙に変えるなんて!
 やられました・・・完全にやられました・・・。

 最高の出来でした!
 素晴らしき!!!


『Devil may Cry(デビル メイ クライ)』 2話
 むぅ・・・前回が良すぎたせいで、それと比べるとちょっと物足りなく。

 とは言え、後半のスピード感溢れる展開は痺れました!
 音楽もかっこいいですし!

 動き的にはかなり「ありえない」のですが、むしろそれがたまらないです!

 物理法則なんぞ知ったことか!とでも言いたげなアクションが大好きだ!

 ただ、ストーリーはやっぱりちょっと感情移入出来ずでした。
 あのリーダーの男が何でアニキにあれほど入れ込んでいるのかもわからないので、どうしてもちょっと一歩引いて見てしまいます。

 ピンポイントな場面でのセリフのやりとりはツボなのですけれどもね。

 そして、レディの声が折笠 富美子さんだと最後まで気付かなかった自分に凹む。
 修行不足・・・修行不足です・・・!
 言い方を変えれば、折笠さんの演技の幅の広さに脱帽な訳ですが。
 素晴らしき。大好きさ!(告白 

 なんだかんだ言いつつも、相当楽しませていただきました!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『おおきく振りかぶって』 11話
 今回は良い出来でした!モモカンのスーツとマネジの制服にキュンキュン。
 そして、女子トイレからトイぺを貰うのは猛者だと思うのでした(笑
 ハマちゃんも出てきて、ついに桐青戦へ!期待期待!


『怪物王女』 11話
 猫耳メイドとは!狙ってきましたね!そして見事に可愛いのでした。
 ・・・けど、なんだかそれ程ツボに入らなかったのは何故でしょう?
 

『セイントオクトーバー』 25話
 白ロリのキレっぷりが素晴らしい!むしろ踏まれたいくらいの勢いで!(笑
 ヒロシさんがそんな重要なキャラとは思わなかったですよ!
 次回ついに最終回!どうなるのさ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・最近の「のだめ」アニメは本気で面白い!

 10話過ぎ位から急激に良くなりはじめて今がピークかと!


・「オクト場」はまた更新ミスってるし・・・!
 先週のと同じやつ流れてますよ!
 明日には直ってると期待。

        では、そんな感じで終わります。

|

「ハチワンダイバー」3巻!

・待ってましたの三巻です!

 二巻が超絶的に面白かったので続きが気になっていたのですが・・・・・・この三巻も凄まじい出来!

 帯に書いてある、

 「たぶん21世紀を代表するハイテンション将棋漫画!!」

 と言う煽りに偽り無し!

 将棋でココまでハイテンションな漫画は見たこと無いですよ!

 駒を動かす度に伝わってくる躍動感!
 一つ一つの言葉のセンス!
 そして叫び!叫び!叫び!

 言葉の叫び!

 魂の叫び!

 ほとばしる体液!(笑

 笑うやら痺れるやら震えるやら!

 「「あと一歩で賞」っ!」「この間一秒」「STARだ!!!!!!」は笑いました!

 そしてラストでは「とんでもない事」に!

 続きが気になって仕方ないです!

 ・・・この作品だけヤンジャン立ち読みしようかな・・・。
 いやでも、単行本でまとめて読む面白さを考えるとそこは抑えるべきか・・・!

 ともかく、素晴らしく面白い漫画です!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物。


『週刊少年マガジン』 29号
 アーニャが可愛いぞ!
 
 そして「ツバサ」が、一時期ちょっと展開についていけてなかったのですが、ここ数話面白いです。
 アニメがOVAで復活かぁ・・・単行本付きOVAと考えると相当安いですが・・・・・その為だけにそこだけ買うのもなぁ・・・・・かと言って最初から全部揃える気にもなれないですし・・・どうしたものか。
 キッズステーション辺りで放送してくれないものか・・・・WOWOWでも可。

 そして「ブラッティマンデイ」が相変わらずの面白さ!
 ツボです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ながされて藍蘭島』 12話
 まちが可愛いっ!
 多少性質は悪いけれども!(笑

 「知らんかった・・・」と「やるか!花嫁修業」の二つのセリフで心をガツンと掴まれましたよ!
 美佳子さん素敵です!

 ちかげの言葉をメモる様子にキュンキュンです!
 「了解であります」も良い!
 さらに、落ちてきたり飛んできたりする物をよける動きが面白い!
 ナイス作画!&演出!

 風呂場シーンはエロいなぁ・・・DVDではどの程度解禁なのか・・・。
 
 包丁を持ってからの怪しさに大笑いですよ!
 魚の腹話術とかもう声を上げて笑いましたよ!

 そして料理を褒められて喜ぶ様ったら!

 だからってあの大量料理はどうかと思いますけれども(笑
 どうすればアレが食べきれるのだろう・・・・・いや待て、ギャル曽根ならあるいは・・・!(何の話だ

 今回は良い出来でした!
 面白かったです!

 お、脚本が大場 小ゆりさんですね。「マイメロ」でならしたコメディ脚本の力はさすがでした!
 そしてコンテが小林 智樹さんじゃないですか!「うたわれるもの」「Sola」監督の。
 良い仕事です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『レ・ミゼラブル 少女コゼット』 24話
 コゼットが美しい!そりゃあマリウスでなくても惚れますよ!
 ただもう今回は、早く声かけろよ!とやきもきですよ!
 まあ、気持ちは解らんでもないけれど。
 

『BLEACH』 130話
 オリジナル話は、展開の都合でキャラが弱くなったり強くなったりするのが嫌です。
 やっぱり脚本は十川さんですか・・・本当にこの人の脚本はツボに入らないです・・・。


『ひとひら』 12話 最終回
 ラストの派手で大げさな表現は笑って良いのか泣いて良いのか?!けれど、最終的にはウルリとさせられる、良い最終回でした!
 全体的に地味な印象の作品でしたが、総作監が本橋さんな事もあってクオリティは高く保たれていましたし、かなり好きでした!
 お疲れ様でした!


『機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ』 12話
 総集編風味?けれど、半分くらいは新作でした。
 慎吾、真名の両方共良い友情話でした!今後の展開におおきく係わりそうな場面も色々と有りましたし、わりと良かったかと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・腰と頭がなんだか痛い!

     そんな事を叫んで終わるのでした。

|

本日のアニメ感想。

・一言感想のみですが。


・一言感想(ネタバレあり


『ぼくらの』 11話
 う~ん・・・今回はイマイチでした。モノローグが多すぎて、感情移入出来ず・・・。ムリヤリ一話にまとめた印象で、もうちょっとじっくり見たかったかも。クオリティも低めでしたし。
 監督の発言が色々と物議を醸しているこの作品ですが、自分はただ「作品」そのものを見て感想を書くのみです。


『DEATH NOTE(デスノート)』 35話
 三上の削除連発が素晴らしいですよ!あの場面はそれこそ「神」のごとき出来でした!
 次回!ついに最終回!原作通りに終わるのかな?


『キスダム』 12話
 なんだか展開に一貫性が無く、唐突すぎてなんとも・・・。後半の戦闘はわりと好きでしたけれど。
 で、だから「まゆら」って誰ですか?EDテロップくらい直しましょうよ・・・。公式HPのあらすじは直ってましたけれども。


『Over Drive(オーバードライブ)』 12話
 うさぎとカメの映像が好き(笑
 トップ争いはちょっと燃える!


『神曲奏界ポリフォニカ』 12話 最終回
 最終回らしい盛り上がりでわりと面白かったです。
 けれど、最後まで演出と声で持たせた作品だったなぁ・・・と。もうちょっと作画も頑張って欲しかったです。
 このクオリティの作品をDVDでは2話ずつで売るのか・・・酷いなぁ・・・。
 嫌いでは無かったですけれどもね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「ぴくせるまりたん」のネットラジオに大笑いでした。

       それでは終りです。

|

「百合姫S」を購入。

・「百合姫」の姉妹誌として登場の「百合姫S」です。
 
 元々「百合姫」が、少女漫画雑誌の てい では有るけれど男性読者も多いに違いない、と言う感じだったのですがこちらはさらに男性向け要素を強めた印象です。

 表紙が椿 あすさんな事からしてそうですし。
 と言うか、表紙だけだと思っていたら漫画もがっつり32ページ描かれていて嬉しい。

 さらには、玄鉄絢さんに吉冨昭仁さん、柏原 麻実さんに高木 信孝さんとあまりにもツボなラインナップ!

 ・・・そう言えば、「百合姫」に載っていた予告には ことみようじ さんの名前も有った様な・・・・・載ってなかったですね・・・う~ん・・・残念。

 それはそれとして。

 初っ端の大島 永遠さんのカラーピンナップでハートを鷲掴みにされた訳で。
 えらい可愛いですよ!

 柏原 麻実さんの漫画は「宙のまにまに」とは雰囲気の違う感じでしたが、これはこれでかなり好き!
 読めば読むほど味が出ました。

 玄鉄絢さんは相変わらず独特の雰囲気です!
 全くエロく無かったのが逆に新鮮(笑

 あと、藤枝雅さんの作品はえらくニヤニヤしますよ!
 短いのが残念!

 飛びぬけてコレ!と言うものは感じられませんでしたが、全体的に高いレベルでまとまっている感じで、好印象でした。

 これからは季刊で出るらしいので、「百合姫」本誌の隙間を埋める存在になってくれそうで嬉しい限り。
 最終的には、むしろこっちの方が楽しみだ!くらいになってくれることを期待。


 ・・・・そう言えば、乙ひよりさんの単行本は発売延期なのですね・・・。
 楽しみにしてたのに・・・まあ、一ヶ月待ちますけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年ジャンプ』 29号
 「アイシールド21」は本当にもう・・・・・・なんでこんなにも燃えさせますか!

 痺れて仕方なし!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日のアニメ感想は一言感想のみです。


・一言感想。(ネタバレあり

『sola』 11話
 泣くよ!それは泣きますよ!
 姉妹それぞれの別れにもうボロ泣きです・・・!
 面白い!
 

『らき☆すた』 11話
 なんだか今回妙に動きが良かったです!石原さんだから?
 降りる駅を間違えたこなたの凹みが凄いツボでした。
 あと、つかさのツッコミの切れ味が素晴らしい!


『エル・カザド』 12話
 ブルーアイズさんの変装が素敵過ぎて万歳!
 銃撃戦はちょっと迫力不足だったかも?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・DSの「ゼルダ」を買おうか悩み中。

 ・・・だというのに、衝動的にとらのあな通販で同人誌を注文してしまった・・・(笑

 ゼルダ、諦める!
 GCの「風のタクト」を船移動が面倒で途中でやめちゃった事も有りますし。 

 来月Wiiの「ドラクエ」を買うまでは、今有るゲームでやりくりです。
 あとはバーチャルコンソールをちょっと。

        そんな感じで終了です。

|

『天元突破グレンラガン』12話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『天元突破グレンラガン』 12話
 水着祭りぃ!

 喜ばしい!

 水着にはしゃいで期待して浮かれまくる男共の頭の悪さに笑いつつも、どこか共感してしまう自分が居ると気付く(笑

 ヨーコとニアの水着姿に対する反応の違いに大笑いですし!

 そうなのだ!
 水着姿とは、決して露出度の高さが全てでは無い!
 
 大事なものは三つ!

 1つはギャップ!
 水着姿を想像出来なければ出来ないほど、その価値は跳ね上がる!

 1つはイメージ!
 イメージ通り、またはイメージとは逆のデザインで有ればその魅力は跳ね上がる!

 そして最も大事な最後の1つ!
 
 可愛いか、エロいか、どちらかであること!!(笑

 それらを踏まえたうえであえて言おう!

 ニアは十全であると!

 そしてヨーコは非常に中途半端であると!
 普段とは一味違うポニーテールはわりとツボだけれども!

 だがしかし!
 もし、もしもだ!
 ヨーコの水着がニアの様な白ワンピだったらば・・・・・限りなく究極である!

 普段着よりも露出度が減ろうとも!
 むしろそれこそが心を掴み、揺さぶるのだ!

 ・・・・と言うか!
 何を熱く語ってんだ自分は!(笑
 冷静になると酷く頭が悪い文章な気もするが・・・これはこれで良し!

 閑話休題。

 なんだかもう完全なるヒロイン交代劇に大笑いです!

 ただ、ヨーコは負ける姿もまた可愛い。
 息止め対決のときの動きと表情と演技がツボ。
 あと、カニを落とした時の焦った表情も!

 しかしあのカニ料理はどこを食べるのだろう。
 カニそのものなのか、まわりの白い物体なのか・・・・。

 それはそれとして。

 海へ出発・・・は良いけれど、あのフライング赤っ鼻はどうにかできんのか(笑
 一瞬ヨーコ置いてきぼりかと思っちゃいましたよ!

 アイキャッチも素晴らしく。
 アディーネ様の水着まで拝めるとは・・・この作品、隙が無い!

 そして戦闘開始!
 第三艦橋から慌てて上がる子供二人の動きが凄い好きです。

 しかしシモンが頼もしいです!
 前回までのウジウジした様子はどこへやら!

 自らの思いを押し殺しアディーネの思いを晴らさせようとするヴィラルは漢!
 
 「なんとなく」シモンを信じるニア。
 言葉だけだととても軽く思えるけれど。
 「命を掛けてなんとなく信じる」ってのは凄まじく難しい事だと思うのです。
 ハッキリとした理由が有る方が、容易(たやす)く信じられるけれど、そんな物が無くても、「ただ信じる」。
 それは心の底からの、信頼だと。

 だとすれば!

 それに応えなけりゃあ漢じゃないぜ!
 と言わんばかりにシモンが吠えた!

 全てを切り裂くドリルの前に、不可能など何も無い!

 ヨーコの射撃シーンも素晴らしい!
 ニアの信頼と、それに応えるヨーコ!
 髪が吹き飛ぶ作画と演出の見事さ! 
 良いシーンです!

 その後の「残念、バカでした」も痺れる!

 と言うか、ココ爺は何者だ(笑

 しかし、ここでアディーネ様退場は残念。
 意外と珍しい根谷さんの全開叫び演技が好きだったのに!
 ヴィラルも退場かと思ってドキドキしましたよ!

 散髪シーンは、ニアとヨーコの心の距離が近付いた感じで微笑ましいったら!
 短髪ニアがこれまた可愛いですし!

 今回も見事な出来でした!

 面白い!
 

 お、メカ作監が平田 雄三さんでした。
 平田さんの描くメカは表情が有って好き。いかにもメカ!って感じの無表情も好きですけどね。
 両方好きでも良いじゃない!・・・・って、誰に言ってんだろ(笑
 しかし、10話でもメカ作監で、しかも来週はキャラ作監だって言うのですから、その仕事量は凄いです。
 しかも、クオリティを高く保ちつつ、ですからねぇ・・・素晴らしき。
 来週、楽しみです!


『ハヤテのごとく!』 12話
 ナギが・・・ナギが超絶可愛いっっっ!

 ハヤテの携帯にアドレス入れたときのあの嬉しそうな顔ったら!
 自分がハヤテだったら間違いなく抱きしめてるね!(笑

 歩との精神的バトルは笑いました!
 ハムスターって!しかも次もハムスターかい!
 別の動物にしようよ!

 あと、ワタルには徹底的に井上 麻里奈さんの作品を言わせるつもりか(笑 
 ただ、ラストに言ってた「ケン玉」ってのが何かわからない・・・・・と言うか、それはサキ役の中島さんの作品でしょうか・・・・だとしても、思い当たらない・・・。

 修行不足なのでした。

 と思ったけれど、それで終わるのもアレなので色々と調べたところ、たぶん「メルヘヴン」だろうという結論が出ました。
 ・・・思い浮かばない訳です。殆ど見てなかったので。

 あと、公式ケータイサイトCMの、若本さんの「ドットコム」の言い方が素晴らしくツボ(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『おねがいマイメロディ すっきり♪』 12話
 アリスファッションの歌が可愛い!


『一騎当千 Dragon Destiny』 12話 最終回
 後半のアクションと盛り上がり、そして後日談は好きでしたが、微妙に練りこみ不足な感が・・・・。途中までは凄く好きだったのですが、終盤は、あと一話使って、最終決戦の前にもう一盛り上げするくらいの方が良かったかもなぁ・・・・とか。
 けれど、DVDは見たいのでした。レンタルが出れば万々歳なのですが・・・出なければ買うかなぁ・・・どうしよう・・・。
 ともかく、お疲れ様でした。


『ヒロイックエイジ』 11話
 兄二人のバカさ加減がもう・・・!周りがちゃんと姫を支持してるのが幸いです。
 けれど、あのバカっぽさが話を面白く盛り上げているのもまた事実なのでした。


『瀬戸の花嫁』 12話
 なんか凄いエロかったんですけど!
 ルナがちょっと可愛いぞ!
 同時に、相変わらずのノリに大笑いと今回も良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・相変わらず「グレンラガン」の感想は書くのに時間掛かります・・・。

 あれだけの文章書くのになんで一時間近くも・・・・。
 いやまあ、ビデオ見ながら書いてるからなのですが。
 見入って手が止まる止まる(笑

 巻き戻したりもしますし。

   なんて事を言いながら終りです。

|

「電脳コイル」6話!

・おもいっきり再放送も全部見てしまった(笑

 一話から見てるのに、録画してもう一回みたりしてるのに、それでも面白くて観てしまう・・・凄いなぁ・・・と。

 そして、再放送を見て、先週の感想で書いた余談が壮絶に間違っていることに気づいた(笑
 まあ、それは後で書くとして、とりあえず普通に感想を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『電脳コイル』 6話
 ヤサコとフミエの子供らしい単純な思い込み勘違いが微笑ましい(笑
 ハラケンを問い詰める場面が凄い好き。

 あと、先生の声色の使い分けがツボ。

 そして、初めて京子を可愛いと思いましたよ!
 お姉ちゃんを好きな感じにキュンキュンと。
 ヤサコも、ちょっと鬱陶しいと思いつつも、「私 姉失格だわ」と言いながら心配する様子が素敵です。

 そう言えば再放送を見ていて、ヤサコは毎回のように私服が変わるおしゃれさんだと気付きました。
 可愛い。

 眼鏡の電源切った二人の表情がナイス!(笑
 その後の花屋のおばさんとのやりとりがなんか面白い。

 ハラケンの過去はわりとベタではあるのですがそれ故に「理由」としては解りやすいです。
 しかしまあ、車の自動運転は怖いなぁ・・・・まあ、人だってバグってる様な人は幾らでも居るのでどっちもどっちかもですが。

 「オバちゃん」が可愛い!素敵!カッコイイ!
 けれど完全にショタコンの匂い!(笑
 だがそれもまた良し。
 なにせ、

 「十七歳のピチピチギャル」ですから!(笑  

 「オバちゃんってのやめろよ~」の言い方が最高でした!
 野田 順子さん素晴らしき!

 しかし・・・十七歳でお役所の顧問?
 ・・・・・・・サバ読んでる?(笑

 今回も良い出来でした!
 面白い!


 で、ここからは余談です。
 基本は無視を推奨します。

 先週、もうしません、って言った舌の根も乾かぬうちに申し訳ないのですが・・・再放送を見てたら完全に壮絶に明らかに間違っていることが判明したので、放置するのもなんかなぁ・・・と。

 というのも、二話で「電脳ペットにも触った感触が有れば良いのになぁ・・」って言ってるんですよね・・・・それだけで、先週書いた「電脳の身体」についての推論は完璧に間違ってる訳で。

 しかしそうなると、「触った感触が無い」のに「触れて動かす」事はできる、と言うのはどういうことだろう・・・?

 一番解りやすいのは、単純に「映像処理」だって事ですけども。

 簡単に言えば、その場所、位置、座標にある他の物質と「重ならないように」・・・例えば真ん中に電脳ペットが居る場所に、右から左に物体が移動してきたら、それに押されるように映像を動かす、みたいな。

 だとすると、「触れる」も「触れない」も無いのだから、「電脳物質に触った感覚を伝える機能」なんてものは最初から存在しない訳で。
 いや・・・でも、電脳ペットと電脳物質は分けて考えるべきかも・・・。
 メタバクとかにも触った感覚が無いとは言ってないですし・・・・・。

 けどなぁ・・・電脳ペットも「ただの映像」だと考えると色々と無理が出てくるんですよねぇ・・・・・ペットになにか「核」の様なものがあって、その「核」と「サーバー」で相互に情報を送受信してる、と考える方が妥当なのかも。

 ただ、それだと「触った感覚が無い」ってのがネックになりますし・・・電脳ペット「そのもの」はその場に存在しないのだから、サッチーの球(キュウ)ちゃん的なものが核になってるとしても、それに触れる感覚は有るでしょうし。

 ・・・・・ん~・・・・・・・・・まあアレです。
 色々考えてみた結果・・・。

 ・・・・さっぱり解らない!

 そんな結論になりました(笑
 あっはっは!わからんわからん!
 元々そっち方面の知識が強い訳でもないですし!

 ・・・・・ごめんなさい。
 無駄にスペース使ってごめんなさい。

 いや、本当はちょっと、これかな?と思う理屈は思いついたのですが・・・・・説明が面倒な上にえらい長さになるので断念。

 まあ、面白さの本質には関係ないことなのであまり気にせずに見ようかと。
 ただ、こういう答えの出ない事考えてるのが楽しくて楽しくて。
 なんて見事なダメオタクでしょう(笑

 まあそんな訳で、これで本当に終りです。
 そう言いつつまた同じ様な事したらそれはもう謝ります。
 謝りながらやります(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『精霊の守り人』 11話
 急に魂が云々って言う不思議話でちょっと困惑。
 いやまあ、そもそものはじまりが「水龍の卵」とかなのでそう言う方面の世界観では有るのですが。
 出来は良かったです。


『ラブ★コン』 11話
 神埼さんって・・・ちょっとヤな女・・・?彼氏と別れたからってすぐに元彼に誘いをかけるって。
 しかしそれに乗らなかった大谷に拍手!リサと幸せになれい!


『アイドルマスター XENOGLOSSIA』 11話
 伊織は良い娘!
 そして、ギリギリで隠すエロスが上手いやら憎いやら(笑
 ただ、寝てるのに腕で胸を隠す春香は無理が有ると思うんだ!


『英國戀物語エマ 第ニ幕』 9話
 ああもう・・・ウィリアムの自分を棚に上げた発言が腹立つ・・・!なにが「エマさんと結婚します」だ!エマさんの気持ちは考えてんのか!だいたい、結婚したって周りから「アレが例のメイドね・・・」とか言われるに決まってんですよ!それが「幸せ」か?お前にエマさんを幸せになんて出来ないよ!
 くそぅ・・・来週ハンスがウィリアムにガツンと言ってくれることを期待。
 むしろガツンと殴るくらいでいいさ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「スカルマン」の感想は終了で。
 喜久子さんのキャラは素敵でしたけれどもね。 

      では、本日はこれにて。

|

FC版初代「FF」プレイ中。

・「グランディア(SS)」もプレイ中なのですが、なにせ長いのでちょっと中だるみしまして、なんかちょっと他のゲームを・・・・と思っていたところ、PSP版「FFⅡ」のTVCMが流れていたのを見まして。

 ・・・そう言えば、ちょっと前に近所のゲーム屋で一本100円のファミコンソフト投げ売りをしてた時に、FFシリーズは1~3まで買ったけれど、「3」を途中までやってやめただけで他の二つはやっていない、ということに気付きました。
 ちなみに「3」は、「特定のジョブじゃないとクリア出来ないダンジョン」とかが嫌だったのでやめました。

 それはそれとして。

 で、どうせなら「1」からやってみよう、と思い始めたのですが・・・・・。

 ゲームバランス激悪い!

 いやもう・・・・・同じキャラ同じ武器同じレベルで、同じ敵に攻撃してるのに、何でダメージが 30 の時と 120 の時があるのですか・・・・。

 ケアルも、回復量が少ない上に回数制限が厳しいのですぐに役立たずになりますし・・・・。

 ポーションを大量購入しないとどうにもならないですよ・・・・だっていうのにポーション一個の値段が65ギルって!高いですって!
 まあ、ストーリーが進めば大量購入も苦ではないのですが、一個ずつしか買えないので、ボタン連打が苦です(笑

 しかも武器防具がまた・・・最初の武器の値段が10ギルとかなのに、次の武器が550ギルとか・・・急激に上がりすぎ!

 ストーリーもなんか・・・淡々と進みすぎてイマイチ感情移入も出来ないですし・・・。

 
 と言いつつ、始めたからには最後までやってみようと思っているのですが。
 何と言うか・・・逆境に挑む感じで(笑

 レベルがもっと上がればまた違うのかもですし。

 それに、「もうやめた!」ってならないと言う事は、何らかの面白さを感じている筈。


 これが終わったら「2」もやってみようかと。
 もちろん「グランディア」とも並行して。
 ・・・・・どちらも終わるのは相当先になりそうですが・・・。

 しかしこれ、リメイク版ではどの程度のゲームバランス調整が行われているのでしょう?
 ちょっと気になる。

 まあ、買わないですけれども(笑

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・一言感想。(ネタバレあり

『DARKER THAN BLACK』 11話
 眼鏡、おさげ、白衣、大原さんの声。
 ポイント高いです!(笑
 ただ、全体的にイマイチ設定が掴めない場面が多くてどうしたものか。


『ロミオ×ジュリエット』 10話
 ディボルトの言う事は正論だなぁ・・・と。ただもう、ジュリエットが凹んでウジウジしてるのがもう気に入らない訳ですが。自分が間違えたと思うのなら、それを償う為に何が出来るのかを考えようよ、とか。
 そして名場面登場。ようやく「ロミジュリ」っぽい場面が!(笑
 けどこれもなんか・・・ロミオがモンタギューの名前を捨てるのは好きにすれば良いですが、ジュリエットがキャピロットの名前を捨てるって事は、革命の為に、そしてジュリエットを助ける為に命をかけた人たちの思いを無にする事でしか無い訳で。
 それはもうイライラします。仲間の、家族の命よりも愛やら恋が大事なのか?と。
 そんなん嫌いです。


『魔法少女リリカルなのは StrikerS』 11話
 久々にナイスクオリティ!ただ、二度目の変身シーンに時間を使うよりも、ギンガさんの変身シーンが見たかった!とは言え、スバルと姉妹で同じ武器ってのは燃えました。連携も素敵でしたし!
 盛り上がってきたかも!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「えもらぼ」の明坂さんが可愛いと思うのでした。
 リンク先でしばらく待つと始まります。


・あと、ブログパーツ付けてみました。
 「ぷかぷかレイちゃん」だそうな(笑
 カーソル乗せるとセリフが出ます。それだけです。
 しばらくは付けておこうかと。

        それでは終了です。

|

『Devil may Cry(デビル メイ クライ)』一話!

早速感想へ。


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


Devil may Cry(デビル メイ クライ)』 第一話 新番組
 えっと・・・最初に言いますと、原作ゲームはプレイしてません・・・。
 あんなに売れているのに!
 いや、別に理由が有って避けていた訳でもなんでもなくて、いつかやろう、いつかやろう、と思ったまま、結局きっかけが掴めず今に至ると言う・・・・。

 なので、原作のイメージと比べてどうなのか、とかそう言うのはわからないので、あくまでも「一本のアニメ」としての感想を書かせていただきますと・・・

 ・・・・凄まじくカッコイイッッッッ!!!

 なんですかあのハードボイルド&超絶アクションっ!

 痺れまくりですよ!

 監督が、「BLACK CAT」の板垣 伸さんなので、アクションに関しては相当期待できると思っていたのですが・・・・・一話の出来の良さは想像を完全に上回っていました!

 監督自ら手掛けたコンテと演出が素晴らしいのなんのって!
 「グレンラガン」6、7話でも発揮された大胆でダイナミックで派手な動きの有る映像に震えます!

 序盤のバーのシーンも、ゆったりとした流れから突然のトップギアにゾクゾクしましたよ!

 そしてなによりも痺れたのは、後半の舞台の場面!

 あの演出は凄いです!
 上から落ちてくる書割背景によって場の空気を表現して、さらには「ここから先はR指定だ」で影絵アクションに切り替わるあの流れ!
 あんなん凄い好きですよ!

 しかも作画クオリティが高い高い!

 原画に和田 高明さん柴田 由香さん本村 晃一さんも居ましたし。
 ツボ過ぎる・・・!
 
 ストーリーも、流れだけ見ればそれ程斬新だったりする訳ではない・・・と言うかどちらかと言うとありがちな話なのですが、セリフのセンスが全てを持っていきます。
 
 個人的に、大人クールキャラが可愛い子供に振り回される話がわりと好みなので、そう言う意味では今後も期待できるかも?
 パティ可愛いですし!福圓さん良い声!

 音関係も、「音そのもの」の良さに加えて使い方の上手さが映像を引き立てます!

 これは面白い作品が始まりました!
 今後も超絶大期待!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『銀魂』 60話
 素晴らしい盛り上がり!
 クオリティも見事でしたし、面白いです!


『おおきく振りかぶって』 10話
 作画がちょっと崩れてるかな?と思いつつも、原作もたまに崩れてるのでそれほど違和感は無く(笑
 ・・・って!作監協力が14人っ!?そんなの見たこと無いですよ!・・・クオリティ意地に対するこだわりを見ました。素晴らしき。
 あとは、三橋母の鳥っぽい声が見事に再現されたのがツボでした(笑


『怪物王女』 10話
 紗和々さんは絶対寝てる間に変なことされてると思う(笑
 あと、リザと犬達のやりとりが凄い好き。


『セイントオクトーバー』 24話
 何か有るとは思っていたあのおっちゃんが凄い重要な役でした!
 そして功士朗が良い漢ですよ!
 盛り上がって来た来たぁ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「デビルメイクライ」はゲームやりたくなりました。

 今だったら安く変えるのでとりあえず「1」を買ってこようかな?
 特にストーリーがネタバレってことも無いでしょうし・・・・・いや、あるのかも?

 ・・・アニメが終わってからにします。

     そんな感じで終りです。

|

基準。

・久々に300ヒット越えです。

 「グレンラガン」人気恐るべし!

 この前300越えたのは確か「おお振り」8巻の感想だったような。

 なんとなく、300越えると取り上げた作品の人気が一級品だと思い知らされる気がします。

 「コードギアス」最終回の時なんて500越えでしたし。
 アレは驚きました・・・。


 ・・・いや、だからなんだって事でもないのですが。
 ただネタが無かった、って言う(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年マガジン』 28号
 また袋とじ漫画付いてますね・・・・・。
 それは好評なのですか?

 個人的には、普通に大きいサイズで読みたいのですが・・・わざわざ斬って開くのもめんどいですし。
 しかも、今回は別にエロい訳でもないので、綴じる意味がさっぱり理解できない・・・。

 単純に、立ち読みで済まされない様にしてるのだろうか・・・? 
 
 どちらにしても、あんまり歓迎しません。

 漫画的には、「スマッシュ!」と「トッキュー!」がなんか萌え要素満載でした(笑

 「オーバードライブ」は何であんなに後ろなのだろう・・・面白いのに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『レ・ミゼラブル 少女コゼット』 23話
 エポニーヌがなんか可愛くなっていた!・・・ナルホド、舞台ではあの役を坂本 真綾さんが演じる訳ですね、イメージできました。
 しかし妹は生意気に拍車がかかってる気が!(笑
 なんだかキャラが揃ってきて盛り上がる予感!


『BLEACH』 129話
 開始五分で「つまんねぇ・・・」と呟いてしまったアニメは久々ですよ!(笑
 オリジナルストーリーはどうしてこうもツボにハマらないかなぁ・・・・作画も動き悪いですし。
 後半の展開は多少持ち直したかもかもですが。


『ひとひら』 11話
 う~ん・・・・・良い話ではあったのだけれども、なんだか心に響かずでした・・・。
 そんな中、良い味を出し続けるオリナルが素敵なのでした。


『ながされて藍蘭島』 11話
 ゆきのとその母が良い味です!いまだに、かないみかさんとこおろぎさとみさんの声を聞き分けられない事が多い自分です。頑張ろう。
 今回の作画はキャラが可愛かったです!
 お、コンテが川崎さんですね、さすがの安定感。


『機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ』 11話
 悩め悩め少年よ。ただ、唐突に立ち直ったのはなんかなぁ・・・と。
 全体的に微妙でしたが、真名さんの「幻聴じゃない?」の場面がえらい可愛かったので、とりあえず満足(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・まあ、昨日誕生日だった訳ですが・・・・・なんも良い事無かったよ・・・。
 いやまあ、そりゃあそうなのですが。
 誕生日だからって良い事が起こるなんて都合の良い話は無いわなぁ・・・と。
 
 ただ、せめて「わりと良い日」であって欲しかった・・・。

 ま、仕方なし。

     では、これにて終了です。

|

「ぼくらの」10話。

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ぼくらの』 10話
 あの女子共がムカついて仕方が無い!

 なんだアイツ等!
 なんだアイツ等!

 殴ってやれば良かったのに!

 ・・・・落ち着こう。
 冷静に冷静に。

 ナカマは可愛いですよ!
 ちょっと的が外れた覚悟がまた可愛い。

 そして、この作品だから本当にそっち方面に話が動くと思ってしまいましたよ!

 あの場所にあのおっちゃんが現れた時には、その前の二人を観た時よりもむしろ引いた(笑
 そんなさわやかな感じなのに中学生買うのかよ!とか思って。

 と思ったらすげぇ良い人だった!
 店のオーナーも味なことしますよ!

 また母親が良い人!
 そして強い人。
 大原 さやかさんの声がまたその印象を強めていて素敵です!

 ただ、「なによりも一番大事」だと言っていた娘が死んだことを知った時にどうなってしまうのかと考えると、なんかもう・・・・切ないなぁ・・・・。

 どんなに微笑ましい良い話が展開されても、確実に最後には悲しみが待っているのがこの作品な訳で。

 そしてカナが動いた!
 どうなる?
  
 良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『DEATH NOTE(デスノート)』 34話
 高田の脱衣シーンとその後のシーツ一枚の描写が異様に力の入った作画で素晴らしい!(笑
 エロス! しかし月は酷いですね・・・・・切ないよ高田・・・。
 

『キスダム』 11話
 まさかゴスロリ衣装とは!(笑)着せ替えの間ずっと同じポーズのヴァイラが可愛いやら面白いやら!
 「りんね」はやっぱり「鈴音」と書いてりんねだろうか。・・・と言うか、EDテロップやHPのストーリー紹介だと「まゆら」って名前になっているのですが・・・・・どういうアレだろ?
 けれどクオリティは回復の兆しです!


『Over Drive(オーバードライブ)』 11話
 ついにレーススタート!と思いきや美女祭り!素晴らしき。
 しかしその後は、レース前の緊張感、そして「勝つのは俺達だ!」
 燃えます!一話の大半をレース前の盛り上げに使うのは上手いなぁ・・・と。


『神曲奏界ポリフォニカ』 11話
 歴史を変えるかもしれない程の発明がくだらない思想によって妨げられるってのは嫌な話ですよ。
 この作品の作画にも慣れてきたと思っていたのですが、ふいに、酷いな、と思うことがあります。なんであのクオリティで作監が三人も居るんですか・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「クレイモア」の感想は中断です。

 いや、面白いんですけど、なんか感想書き辛いので。


・で、ですね。
 これをどうやって取り上げようかなぁ・・・と考えたのですが、イマイチ上手い取り上げ方が思いつかなかったので、とりあえずリンクを貼っておきます

 大変だとは知っていましたが、そこまでとは・・・・・・。

 地位、ひいては労働条件の底上げは必要だよなぁ・・・と。
 
 とは言え、ただ闇雲にそれを要求するだけでも良い方向には出ない気もしますし・・・難しい話です。

 いちアニメ好きとして経過を見守りたいかと。


・あ・・・そう言えば今日誕生日だ。
 だからどうって事も無いですが。

         それでは、本日はこれにて。

|

「金魚屋古書店」5巻。(ネタバレあり

・漫画好きにはたまらないこの作品ももう五巻ですか。

 正直、最初の頃の勢いはもう無いかなぁ・・・・なんて思っていたのですが・・・復活かも!

 五巻は良いエピソードが揃っています!

 「ジョー」に始まり、レイカの話のラストにじんわり。

 そして「ポパイ」でボロ泣きですよ!

 「漫画になんの力があるんですか。」とあのお母さんは言ったけれど。

 漫画だけじゃなくて。

 全ての物語には、それに触れた人間の人生を変えてしまう可能性を含んでいるのです。

 悲しい事に、それが悪い方向に影響を与えてしまうことも有るのだけれど。

 けど、良い方向に出た時に、それはその人をとてもとても強く輝かせる事だって出来る訳で。

 ・・・なんて、そんな事を考えてしまったのでした。 

 それはそれとして。

 その後の運転手の話も面白かったですし、このままの面白さが今後も続くことを心の底から祈ります!

 
 ・・・で、あまりに面白かったので、ちょっと以前のモノも読み直してみよう、と部屋中を探し回ったのですが・・・・・・3巻が無い・・・・!
 絶対に読んだはずなのに!
 と思ったけれど、自分でこのブログを検索してみても3巻の感想が出てこない・・・。
 買って無い・・・・・・?
 いやまさかそんなことがあるはず・・・・・無い、と思うのですが・・・。
 散々探しても見つからないので、その可能性も高いです。

 ・・・今度買います。
 その後で急に見付かっても、それは仕方なし、と覚悟を決めて。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年ジャンプ』 28号
 「ワンピース」くじら!
 「アイシールド」雪光!

 痺れました!

 そして「P2!」
 アキラの可愛、ヒロムの負けん気と向上心!
 良いです!面白い!

 あと、「Dグレ」の人気投票。
 一位が神田とは・・・・リナリーは4位ですか。
 こうして見ると、やっぱり女性ファンが多いのだなぁ・・・と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日のアニメ感想は一言感想のみです。


・一言感想。(ネタバレあり

『sola』 10話
 「トマトしるこ」はそんな重要な役割を担う品物だったのか(笑
 そして驚愕の真実!そう言うことですか!
 これは面白くなって来ました!結末が楽しみです!


『らき☆すた』 10話
 あははははははは!店長!アニメ店長!
 声までまんまですし、なによりもあの力の入りまくった作画はなんですか!あそこだけ別作品じゃないですか!(笑
 島本絵の再現度の高さに驚きますよ!
 あとは、最近つかさの可愛さにキュンキュンなのでした。
 ツンデレについては語るとキリが無いのでここでは抑える!(笑


『エル・カザド』 11話
 なぜ猫耳か!(笑
 と言いつつ堪能致しました。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・三巻を探しに探したので、ちょっと腰を痛めました・・・。
 結局見付からないし、踏んだり蹴ったりとはこの事か・・・!

    などと言いつつ終りです。

|

『天元突破グレンラガン』 11話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり

 
『天元突破グレンラガン』 11話
 シモン・・・大!復!活!
 素晴らしい復活劇!
 痺れる!震える!嬉しい!

 序盤の凹みっぷりは凄かったですからねぇ・・・・まさかアニキの像を作っているとは・・・どういう精神状態なんですか!(笑
 いやまあ、偽者でも側に居れば多少は気が紛れるって事なのでしょうけれども。
 写真とか有ればずっとそれを眺めていたでしょうし。
 ただ、それを自分で作る辺りが凄いのかなんなのか。

 そんな中、ニアが良い娘!
 サブタイトル直後の首傾げがえらい可愛かったですし!

 ヨーコ達の言う事も激しく正論なのですが、引きこもってる時ってのは、誰かが声をかけないと、そこから自力で脱出するのは難しい訳で。
 きっかけを作るという意味でもニアの存在は大きいです。

 で、酷い大根演技にあっさり騙されるキタン。
 いやまあ、カミナが居ても結論は同じだったと思いますけれどもね(笑
 結果は多少変わったかもですが。

 グアームが良い感じに下種野郎です。
 まあ螺旋王はそれ以上ですが。

 女性を集めるくらいはやっていて当然かと。
 手下がそのおこぼれで甘い蜜を吸うのもまた至極当然。
 
 そしてここからシモンの見せ場!
 そうだ!それで良いんだシモン!

 カミナの様な力強さは無いかもしれない。
 派手さは無いかもしれない。
 解りやすい「強さ」は無いかもしれない!

 けど!だけど!

 地味でも、遅くても、他人から見たらつまらなくても!

 1つの事をやり遂げられる心が有る。
 これだけは誰にも負けないと胸を張れることが有る!
 
 シモンという漢がそこに居る!

 その魂に、グレンも応えた!

 シモンを信じ、その心が決して折れないニアも居る!
 助けられた時の半泣き顔がえらい可愛いぞ!(笑

 そしてそして!

 合体!口上!大逆転!

 挿入歌まで流されたら、もう燃える以外の選択肢など有りはしない!

 さらには映像が流されて、地上全土に轟く希望!

 素晴らしいです!
 今回も面白い!

 ただ、この話の脚本は中島さんに書いて欲しかった!
 いや、もちろん充分に面白かったのですが、中島さんの脚本ならもう一本突き抜けたところまで行ってくれる気がしたので。
 まあ、「名乗り」の口上に関しては、最後に「アレはイマイチだった」とか言われているので意図的に押さえた部分も有ると思うのですけれどもね。
 あと、カミナの場合は小西さんの演技が上手すぎたので、それと比べると少し迫力不足なのもちょい残念。

 いや、本当に面白かったし燃えたし震えたのですけれどもね。
 それはもう嘘偽り無しに。

 次回はなんだかとってもエロスの匂い!(笑
 色々と期待!

 あと、ガイナックスHPの「作画の鬼ッ!」が凄い好き。


『Yes!プリキュア5』 19話
 うららが可愛いのなんのって!

 特に、敵を倒した直後のVサイン笑顔の可愛さが尋常ではない・・・!

 あれは一発で惚れます。

 さらには、変身シーンにもアレンジが加えられていたり必殺技の作画も新規に作っていたりと、力の入った見事な出来でした!

 作監は飯島でしたか。
 飯島さんの絵は好きですが、どちらかと言うと良い意味での荒い感じの印象だっだのに、今回は凄く丁寧な印象。
 もちろん、これはこれで凄く好きでした!

 ノートが元に戻る辺りは大塚 隆史さんの演出力だと思われ。
 素晴らしく良い動きでした!

 しかしまあ、皆良いヤツですよ!
 仲間達だけでなく、父さんも爺さんもマネージャーにまで恵まれて素晴らしいことです。

 カレーのくだりも良い話でしたし、最終的に微笑ましくて笑顔になれる良い話でした!
 またこれ小さい うらら が可愛いんですよ!
 面白い!

 ただ、気になったのは背景かと。
 あの手書きっぽい雰囲気は良いとして、どう見ても普通の商店街なのに出てくる文字が全部英語やローマ字なのはどうにも違和感です。
 まあ、背景を海外発注してるっぽいのでその影響なのだとは思いますが・・・。
 しかもローマ字が微妙に間違ってますし!
 「YAKINKI TAKAS」って何の店なんですか(笑

 その辺はちょっと何とかして欲しいなぁ・・・と思ったり。

 そして予告を見て、次回が素晴らしく面白そうだ!と思ったら来週休み・・・・残念。


『おねがいマイメロディ すっきり♪』 11話
 あはははははは!
 凄いです!なんですかこの面白さ!
 あははは!爆笑しましたよ!

 森脇監督自らのコンテに、池畠さんの演出!
 さらには10分程度の作品なのに作画監督が二人居たりと、クオリティ的にも凄まじい出来!

 なんですか「もふもふ」って!(笑
 マイメロが目をキラキラされる度に大笑いですよ!

 真菜が技をかける場面の動きとか凄いです! 
 そしてダルマ落としで吹っ飛ぶマイメロにまたしても爆笑。

 歌の「今しなさい!」と「そのスッキリにはある意味説得力があるわね」が演技的にもセリフ的にもツボでした。
 最近、片岡 あづささん好きなのでなおさらに。

 ともかく、見事な出来でした!
 素晴らしき!


『瀬戸の花嫁』 11話
 朝五時からって!!!

 ただでさえ3時半と言う凄まじい遅れなのに、テニス中継が延びに延びて朝五時って!
 酷い・・・酷すぎる・・・。

 まあ確かに公式HPにも、「最大で90分押し」とは書いてありましたけれども!
 ・・・どれくらいの人が録画失敗して見れないのかと考えると切ない気持ちになりますね・・・。

 なんて事を言った後で恐縮ですが・・・。

 面白かったです!

 最初の身体測定の場面はDVDだと色々解禁なのだろうか・・・。
 と言うか、裸を直接描けないからって脱いだ服や靴下でエロスを感じさせる辺りにプロを見ました(笑 

 そして後半はもうなんかめちゃくちゃだ!(笑

 なんですかあのデタラメ展開!
 「地球を恋しがって泣いてる」って!

 しかしまあ岸監督は通販パロディ好きですね。
 また上手いですしこれが!

 槍の場面の「今ならもれなくもう一本」と「※効果には個人差があります」がツボでした。
 
 あと、巨大化永澄を見た時の巡と委員長の反応も笑いました!

 良い出来!面白いです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『ハヤテのごとく!』 11話
 ナギが可愛いなもう!
 

『一騎当千 Dragon Destiny』 11話
 後半のアクションはかなり好きです!
 って、来週もう最終回!?
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・『ヒロイックエイジ』11話はお休みでした。


・唐突ですが、NHK大河ドラマの「風林火山」がえらい面白いです。

 あれは見てしまうなぁ・・・。


・暖かくなってくると虫が出てくるから嫌だ・・・今年初の黒いアレを見ましたよ・・・凹むなぁ・・・。

     そんな脈略の無い話題を出して終わります。

|

「電脳コイル」5話!

・土曜は「電脳コイル」で日曜日は「グレンラガン」。

 土日はネタに困らなくて助かります!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『電脳コイル』 5話
 とりあえず、イサコはダイチ以上に「ガキ大将」気質だと思う(笑

 あの黒くてちっさいヤツらに命令してる時もそう思いましたけれど、今回の話をみて確信しました。
 色々な言動も、「自分が上に居たい」って言う意識の表れだと思うとなんか納得。

 ちょっと可愛いトコ見えたかも?

 そして、ヤサコのポツリと呟く一言が見事に言いたい事を言ってくれるので素晴らしい。
 「先生の気持ち解るなぁ」とか「フミエちゃんは鈍感ね」とか。
 
 あと、地味に良い味を出していたデンパの能力が何か重要な役割を担う気がしてならない。

 ハラケンの能力も面白そうですし、今後の展開も楽しみです!

 今回の作画はヤサコがえらい可愛く観えました。
 ナイス。

 来週は1話からの再放送も有りますし、未読の方は是非に!
 

 ここからは余談ですが・・・・「身体(からだ)を直す」辺りの場面は、どういう設定なのだろう?と考えてしまいました。
 デンスケの様な電脳ペットなら、「生身の身体」が無いのでデータや通信の遮断が致命的なのは理解できるのですが、人間は「生身」の体があるのに、データが遮断されることによって危機に陥るというのは・・・?

 考えられる事としては、何かこう・・・生身の体とは別の、「電脳の身体」の様なものが、眼鏡を装着すると同時に発生する・・・とか?
 
 眼鏡無しでは見えない電脳ペットなどが、眼鏡をかけた瞬間に、見えるだけでなく「さわれる」って事は、擬似的に「さわっている感覚」を脳に伝える機能が有る訳で。

 そもそも、「本来そこには存在しないもの」が「見える」のは、「眼鏡に映像を写している」(『レンズに対象の存在のみをハメこむ』もしくは『眼鏡にカメラが付いていて、目の前の風景をカメラで写した物をレンズに投影して、そこに電脳物質を加える』)のか、「身体の方に何らかの信号を送っている」(『網膜に映像を投影する』もしくは『脳にアプローチして見えていると思い込ませる』)のか・・・・・・どっちでしょう?

 それに触れて動かすって事は、「視覚と触覚に同時に何らかの信号を送る」か、「視覚は映像処理で、感覚は脳に信号を送る」のか・・・・どちらにしても同時に処理しなければならない情報は膨大ですね・・・。
 凄いぞ眼鏡!
 さらに、デンスケの鳴き声やら、デンパの「メタバクの音」が云々ってセリフも考えると、聴覚に対するアピールも当然ある訳で・・・・いや、それは単純に場面に合った音をスピーカー的なモノから出せば良いだけか・・・?
 まあそれだって、唐突に出てきたものとかも瞬時に判断して音を出すと考えると凄まじい処理能力ですけれども。

 ・・・・・・話が逸れた気がします。


 最初の「電脳の身体」の話に戻して・・・と。

 じゃあ「電脳物質に触れた感覚を与える機能」ってのがなんなのかと考えると、「脳に電気信号を送る機能」だと考えるのが妥当・・・かなぁ・・・とか。
 その「電気信号」で擬似的に「触れている」感覚を与えるってのが多分一番現実的なんじゃないかと。
 一話で、「カバンがデンスケの身体をすり抜ける」場面が有ったのは、「ただの物質や眼鏡をかけてない人間にとっては存在しないのと同じ(つまり、眼鏡をかけてない人が電脳ペットに当たって転んだりしない)」って事だと思うので。
 
 ん?・・・・・けれど、「眼鏡をかけている」人間は全員その存在が見えるって事は・・・個人の眼鏡に記録されている存在じゃない訳で・・・つまり、電脳ペットや電脳物質の場所や状態が、常にネットワークを通じてリアルタイムで眼鏡をかけている人間全ての共有情報として扱われて反映されるのか・・・・・。

 ・・・だとすると、「視覚」は「カメラが付いていて~」の方が有力かも。
 GPS的なもので位置を把握すると同時に、カメラで見ている映像がサーバーに上がって、向きや角度を計算してその場所の地図とか映像記録に照らし合わせて、その場の電脳情報を瞬時に反映して映像に加えてダウンロード。
 そうすれば「映像に合わせて電気信号を脳に送る」のもやりやすそうですし。

 しかし・・・それをタイムラグ無しに行っている・・・? 

 ・・・・・・凄いな眼鏡!(二度目


 って言うか、どんだけでかいサーバーが必要なのか想像も出来ません(笑
 通信環境も、無線なのに確実に光以上かと!


 また話逸れました・・・それはそれとして。


 「電脳の身体」が、「電気信号を与える機能」だとすると、「身体を直す」逆に言えば「身体が壊れる」ってのは、「その機能の破損」なんじゃないかと。
 それを映像的に解りやすく表現したのがあの「ノイズ」で、「ノイズが走っている箇所」は、「電気信号が届かない場所」を視覚に反映したもので、「その場所は電脳物質に触れても感覚が無い」言い替えれば、「電脳物質にさわれない」って事なのかも。
 
 結論として、「電脳の身体が全部壊れる」って事は、「電脳物質に一切さわれなくなってしまう」って事なんじゃないかなぁ・・・・とか。
 そう考えると、あの慌てっぷりや、イサコの持ちかけた取引の有効性に説得力が増す・・・かも?

 なんとなく納得。
 
 だとすると四話のミサイルとかも、「生身にダメージを与える」んじゃなくて、「当たった場所に強い電気信号を走らせる」程度のおもちゃと考えるべき?
 急にちょっと可愛くなった(笑

 ・・・・・・て言うか!
 
 誰が読むんだこの長文!(笑
 
 「なんとなく納得」の為だけにどんだけ長い文章書くか自分!

 理屈っぽいオタクはウザいと理解しつつも、こういうことを考えて書きたくなってしまう自分にちょっと自己嫌悪。

 すいません、もうしません。
 
 あまり気にせず、純粋に作品を楽しんで下さい。
 絶対にその方が面白い筈なので。

 この長い余談の無視を推奨します(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『精霊の守り人』 10話
 急に「カイジ」っぽい感じに!(笑
 けれど、かなり面白かったです!
 良い作品!


『ラブ★コン』 10話
 「精神的に乳を出す」・・・なんか解る気がする!(笑


『アイドルマスター XENOGLOSSIA』 10話
 伊織があまりにも可愛くて思わず笑顔になりますよ!
 と思いきや大変なことに!
 酷いよ真!


『英國戀物語エマ 第ニ幕』 8話
 あれ?・・・先週感想書くの忘れてました。・・・まあ結局、ウィリアムを殴りたいって事を書いてたと思うのですが(笑
 今回はハンスが素敵でした!エマさんはハンスと幸せになると良い!
 ウィリアムは皆に嫌われるがいいさ!(笑


『スカルマン』 7話
 やっぱりアレは偽者でしたか。
 面白いようなそうでもないような・・・。
 来週からは感想書かないかも?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「スティグマ」はまだ見てません。

 tvkだと「声グラ」のラジオ特番の裏だったので後で見ようと思ってたんですが・・・・なんかもう感想はいいかなぁ・・・とも思ったり。


・昨日と比べて今日は長いなぁ・・・。

         それでは、本日はこれにて。

|

一言感想のみ。

・なんか金曜日はいつもこんな感じですね・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。(ネタバレあり

『DARKER THAN BLACK』 10話
 面白い!けれど・・・この感想の書き辛さはどうしたものか・・・。
 

『ロミオ×ジュリエット』 9話
 コンテ・演出が和田 高明さんで、作監が音地 正行さん!
 そりゃあ良い出来なハズですよ!
 なんだか新しい設定も色々出てきてますます面白くなりそうな予感!
 

『魔法少女リリカルなのは StrikerS』 10話
 フェイトのお母さんっぷりが可愛いったら!
 そしてエリオとキャロが微笑ましすぎる!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「おはスタ」見てたら根谷さんが実写で出てて驚く。

 声優好きには侮れない番組です「おはスタ」。

    では終了です。短いっ!

|

感想のみ再び。

・相変わらず日常に何も無いので本日も感想のみです。

 しいて何か言うとすれば・・・・・・最近、片岡 あづささんの可愛さにキュンキュンしまくりです、とかそんな告白くらいですよ(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『銀魂』 59話
 序盤の神楽のアクションが素晴らしい動き!
 と思ったら原画に薮野 浩二さんが!
 さすがの仕事でした!凄い好きな動きです!
 
 ただ、全体の作画は基本的に微妙でしたけれども・・・海外作画でしたし。
 逆に言えば、力の居れ所がわかってる、と言う意味で好印象ですが。アクションはちゃんと良い動きで作る!って言う。

 そして茶風林さんの演技がツボです。
 
 けれど、「あと2、3年すれば」って言っている段階で、ロリコンではないと思う(笑
 ・・・・・・いや、むしろそれは殺させない為の言い訳か?
 ・・・じゃあロリコンで(笑

 ストーリーも盛り上がってきましたし、面白いです!


『おおきく振りかぶって』 9話
 今回はあまり場面カットも無く、じっくりと見せてくれたので安心でした。

 映像的にも、素晴らしい作画!
 デフォルメ顔の面白さは抜群でした!
 榛名のボールのスピード感も見事でしたし!

 そして過去話。

 あのタイミングでマウンド降りるのは酷いなぁ・・・。
 まあ、原作読んで榛名の事情も解っているので多少は同情の余地も有りますが、それでもどうなのかと。

 しかも、あの初回に五点とられた試合は、最終的に7点取り返してるんですよねぇ・・・。
 つまり、榛名がしっかり投げて1点に抑えれば負けなかった訳で。

 そう考えると、阿部の辛さは相当なものかと。

 ・・・さらに、榛名の勝手を許す監督やチームもどうかと思いますし。
 そりゃあ辞めたくなりますよ。

 良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『爆丸 バトルブローラーズ』 10話
 つまらなくは無いけれど・・・・う~ん・・・。


『怪物王女』 9話
 リュウリュウ・カンカン・チョウチョウ・・・・三国志?
 動物が全体的に可愛かったです。


『セイントオクトーバー』 23話
 なんか凄い展開になってきました!
 ユアンが部屋の仕掛けを作動させる場面がなんか好き(笑
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「セイントオクトーバー」のネットラジオが素晴らしく好きなのですが・・・「オクト場」の方は更新ミスが多くて困ります。
 今週も聞けないですし・・・。
 URL間違いなんて初歩の初歩みたいな間違いを何度も繰り返すのはやめて下さい。
 以前も同じ様な事ありましたし、ファイル名が違うことも有りましたし・・・。

 番組自体は面白いのにこういうミスで印象を悪くするのはとても損だと思うのです。

     そんな苦言を呈しながら終わるのでした。

|

気になるアニメ情報。

・をいくつか書いてみよう。ということで。


 まずはやっぱり新ガンダム。

 正式にスタッフ発表が有ったので。

 監督は水島 精二さん。
 自分はオタクのくせに「ハガレン」を観てないので(「大江戸ロケット」は見れないですし)なんとも言えませんが、質の良い作品をつくる印象です。
 
 シリーズ構成は黒田 洋介さん!
 これは来ましたよ!
 ついに黒田さんがガンダムに来ましたよ!
 超絶!期待です!

 ・・・・・・もの凄いマイナーな上に定かではない記憶なのですが・・・・黒田さんと「美形キャラ」の組み合わせで、「カッコいいぞレインボー」を思い出しました(笑
 
 確か、「プリティサミー」のTVシリーズで、先生がお見合いするって話があったのですよ。
 その中で、お見合い相手の美形キャラが、「あまりの格好よさ故に虹が出せる」とかそんなセリフがあったような(笑
 で、その虹を攻撃として放ったけれど、それを弾かれるだか跳ね返されるだかした時に言うセリフが、

 「そんな!僕の『カッコいいぞレインボー』が!」

 だった訳です。たしか。

 それがもう自分にとってツボでツボで、大爆笑したのを未だに忘れられないのです。
 確か年末だか正月だかで、本来夕方放送なのが時間変更になって朝早い放送だった事まで覚えてるくらいに強烈な印象でした。

 なので、今回もそれを期待。
 キャラクターデザイン高河ゆんさんですし、あの美形なら絶対に「カッコいいぞレインボー」が出せるはず!

 ・・・いやまあ、絶対無いですけれどもね!(笑

 と言うか、どんだけ脱線するか自分!

 まあともかく期待です!


そしてもうひとつ! 「モノノ怪」 
 以前放送していた、「怪~ayakashi~」の中の「化猫」が全12話で帰ってくる!と来れば期待しない訳にはいきません!
 正直、「怪~ayakashi~」シリーズは最初の二つが一切ツボに入らず、どうなのさ・・・と思っていたのですが、この作品だけは別格でした!
 この作品を生み出しただけで、シリーズの意味が有った!と本気で思ったほどに。

 期待!大期待です!

 あと、「WEBアニメスタイル」の記事に載ってた色々な方からのコメントが豪華で良い感じ

 
 こういう、期待の新作情報を見るたびに、オタクをやめるのは無理だなぁ・・・・・と思うのでした。
 まあ、やめる気なんて一切無いですが!

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年マガジン』 27号
 「絶望先生」のキャスト発表の仕方に笑いました。
 なんですかそれ!(笑
 けれど、いかにもスタチャらしいキャスティングで、個人的にはツボを突かれまくりです。 
 ただまあ、一番のツボは絶望先生の声が神谷 浩史さんだった事なのですが(笑
 これは良い味出してくれそうです!

 今週号は全体的に面白くて満足でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ながされて藍蘭島』 10話
 「大屋根とか小屋根とかあやねとか」・・・なんか混じってるよ!(笑

 テンションの高い場面としっとりした場面のバランスがかなり好きでした。
 ちょっと良い話。
 そんな中、「スク水」だけが異質でしたが(笑
 けど笑いました!

 相変わらず巫女姉妹が良い味出すなぁ・・・と。
 
 今回、作画がかなり可愛い感じでした。
 動きもかなり良い感じで好きだけれど、細田さんとは違うような・・・?と思ったら、やっぱり今回は原画だけでした。
 ずっと総作監って訳ではないのですね・・・ちょい残念。
 けれど、今回の様に良い作画がを作れる作監さんが居るのなら、無理に総作監をやって安定させるよりも、毎回個々の個性を生かしてくれるのもまた違った楽しみ方が出来て良いのかも。
 
 良い出来でした!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『レ・ミゼラブル 少女コゼット』 22話
 展開早い!もう修道院出てしまうのですね・・・。
 しかしガヴローシュとシュシュの再登場はなんか嬉しいぞ!
 
 
『BLEACH』 128話
 オリジナルストーリーですが・・・乱菊さんが素敵なので、それなりに楽しく見れました。
 まさかこの作品で、「試着室ファッションショー」が観れるとは(笑
 

『ひとひら』 10話
 皆仲良いな!特に、野乃さんと榊の関係性は素敵。
 そして別れの寂しさ・・・・切ないなぁ・・・。


『機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ』 10話
 今回の作画は動きが凄く好きだなぁ・・・と思ったら田中 良さんでしたか。・・・あれ?ついこの前も作監してたような・・・。走りながら写真を渡す辺りの動きは素晴らしかったです!良い動きで動きまくり!
 ストーリーは、うっちぃが可愛い!
 そして、あの二人が助かったのに慎吾が怪我したって事は、共鳴感応ってのは搭乗者だけじゃなくて、ギガンティックとも共鳴するって事なのだろうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・なんかえらい時間掛かりました・・・何故でしょう?


       では終了です。

|

「ぼくらの」9話!

早速感想へ。


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ぼくらの』 9話
 ・・・・・・・・泣いたぁ・・・!

 そりゃあ泣きますとも!

 今までは、少し変化球と言うか、そう言う感じだったのですが、ここまで真直ぐな自己犠牲話をやられたらもう・・・・泣く以外に出来ることなど何も無いですよ!

 まあ、先週も泣いてましたけれども(笑
 その変化球っぷりがこの作品の魅力だったりしますし。
 むしろ、今回の真直ぐっぷりが異質なのかも?

 それはそれとして。

 ダイチが良いヤツですよ・・・!
 また妹達も可愛くて良い子たちなのですよ・・・。
 それ故に切なくて切なくて・・・。

 おじさんに「お世話になります」と言う場面で既に泣いてました。
 けど、ああいう良い人が身近にいたのが救いです。

 世界の為じゃなくて、大切な家族の為に。
 
 王道ですが、響きます・・・!

 遊園地を守って、しかもラストにその遊園地に妹達が行くって言うのがもう・・・・・くそ!どんだけ泣かそうとしてんだ!(笑
 まんまと泣きまくりだともさ!

 さらに、あの流れで聴くEDが沁みる沁みる。

 良い作品です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『DEATH NOTE(デスノート)』 33話
 自分が「東西歌合戦」を普通に観てたら、「なんだよミサミサでないのかよ!」って言ってた気がする。
 なんだその例え話。(笑


『キスダム』 10話
 約束を守るのは確かに大事だけれども、守る事によって傷付く人が居るのなら、それは必ずしも正しくない訳で。
 それはそれとして。
 DVD発売延期かぁ・・・この作品って、ちゃんとしたクオリティで観れば絶対に凄く面白いと思うので期待してたのですが・・・残念。まあ、観るにしてもレンタルだとは思うのですが。


『クレイモア』 10話
 そうでなくっちゃ主人公!


『Over Drive(オーバードライブ)』 10話
 大和の妹(?)がえらい可愛い!
 

『神曲奏界ポリフォニカ』 10話
 今回はちょっと良い話でした!
 これで作画が・・・いや、もう言うまい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「闘え!応援団!2」の格付けで頂点を極めました。

 さて・・・・やること無くなったけどどうしよう・・・・・売るか?
 ・・・けど、まだもったいないような・・・。

      では、本日はこれにて。

|

感想のみ。

・またしてもネタは無し。

 日常に面白い事など無い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日買った物!

『週刊少年ジャンプ』 27号
 「BLEACH」の表紙での重大発表は「劇場版第二弾」でした。
 ・・・・・あんま興味無いですね・・・。
 いや、「BLEACH」自体は凄く好きなのですが、アニメオリジナルのストーリーは全くツボに入らないので・・・・・いや待てよ・・・・・?ドン観音寺の出てきた話は好きだったような・・・。
 まあでも、映画でそれは無いと思いますけれども(笑

 そして、「P2!」がえらい面白いです。
 と言うか、アキラの可愛さが半端ではない!
 ツボ過ぎるのでした。

 あとは、「アイシールド」に燃えたり、「ネウロ」の「よけた?」に笑ったりでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日のアニメ感想は一言感想のみです。


・一言感想。(ネタバレあり

『sola』 9話
 アクションシーンの動きは相当好きです。蒼乃さんがザ・ペーパー!・・・って先週も言いましたねこれ(笑
 そして、繭子と剛史のエピソードにうるうると・・・。
 切ないなぁ・・・!このままだと、二人には確実に別れが来る訳で・・・。
 何とか幸せになって欲しいと思いつつも、果たして二人にとっての幸せってなんだろう・・・とか。
 良い出来です!面白い!


『らき☆すた』 9話
 立木さんが居ない!(笑
 

『エル・カザド』 10話
 どんだけタコスの歌気に入ったんですか(笑
 そしてようやくスパイ成功のブルーアイズさん。けれど、相手にはお見通しなのでした。
 犬オチは笑うべきなのかどうか・・・?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「ΛCORE」をプレイ中。

 ・・・難易度ノーマルでも、敵がえらい強いのですか・・・・・ガンガンコンボ決めてきますし。
 そして未だにジェネレーションズモードが使えない・・・・まあ良いですけども。

     それでは、本日はこの辺りで失礼します。

|

「天元突破グレンラガン」10話!

そんな訳で。


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『天元突破グレンラガン』 10話
 とりあえず、サブタイトルのポップな字体がちょっと好き。

 それはそれとして。

 しかしまあ、螺旋王は無茶言うなぁ・・・。
 ちゃんと言っとけよ!
 あれで責められるアディーネは不憫だ・・・。

 そしてここへ来てヴィラル株急上昇。
 ヤツは良い漢ですよ!
 
 ニアと子供二人の食事シーンは和むなぁ・・・とか思っていたら、キタンの「うおぉぉ~い!バカかおめぇらは!」の言い方に爆笑。谷山さん良い演技です!

 それに続く噛み合わない会話も面白い!
 ニアは天然の悪女だと思う(笑
 好きだけれども!
  
 シモンはもうちょっと自信を持っても良いのに・・・と。
 確かにカミナが引っ張っていた部分は大きいけれど、それによって結果を出したのはシモン自身な訳ですし。

 ヨーコの怒りは解らん訳ではないけれども、理不尽でも有り。
 あの場でニアの言ったことは全部正論だと思いますし。
 ・・・・・まあ、だからこそ、かもですが。
 正論ってのは、心境によっては正論だからこそ受け入れられないってのが強いですし。

 そんな中!
 シリアスを吹き飛ばすような可愛いアイキャッチが入りました。(笑
 凄い好き。

 ニアとアディーネのやりとりは場面的にも見応えが、演技的にも聴き応えが有る、素晴らしく良い場面でした!
 
 そりゃあグレン団の皆も心が動くってモンですよ!
 
 脚本が佐伯さんだった事も有り、しっかりと言葉で心を動かす良い脚本でした!
 中島さんの、理屈じゃない部分で心を惹き付けるセリフ達も好きですが、逆に理屈を通す事で心を動かす、こういう脚本も凄く好きです。

 また、福井さんの演技も良いのですよ!
 正直に言ってしまえば、それ程「上手い」って訳では無いのですが、あの、柔らかい中にも一本筋の通った芯の強い声質はとてもとても魅力的です!

 もちろん、根谷さんのS演技も素敵!
 「クズ共が!」ってむしろ言われたいくらいの勢いで!(笑

 「あなたは間違っています!」の場面の作画が凄く好き。
 その後の「あの人達は~」への一連の流れがツボ。
 と言うか、指差し可愛い。まあ、礼儀作法的にはアレですが。(笑
  
 そして、走り出すシモン!
 グレンが動かないとか関係無い!
 ただ、守りたい物の為に行動するのみ!
 たとえ何の役にもたたなくても、何もせずに失うことだけは!
 絶対に!

 熱いです!
 ここからの展開は大好きですよ!

 けれど、結局また凹みモードに入ってしまうシモン。
 なんかもう・・・頑張れよ!(笑
 ちゃんとシモンの想いを理解して声をかけるニアに惚れます。

 今回も面白かったです!

 お、平田 雄三さんが作監に居ました。
 けど、メカ作監なのですね。アイキャッチは描かれていましたが。
 ただ、ヨーコの後姿がえらいエロかったのは平田さんの仕事の様な気がしてならない(笑
 あと原画に馬越嘉彦さんも居ましたね馬場 充子さんも。・・・・相変わらず豪華スタッフな作品です! 

 
『ハヤテのごとく!』 10話
 なんですかこのもの凄いカオスな話は!(笑

 白石 涼子さんが喉の手術をされて、仕事が出来ない時期にアフレコしたのだろうなぁ・・・と。
 けれど、その為に急遽作られたにしては良い出来だったので、話自体は最初から予定されていた物を、上手くアレンジしたのかも?とか。
 
 ピンチさえもネタにするその姿勢は素敵です。

 しかし今回の話は完全に深夜アニメのノリですね。
 個人的には好きですが、親子で見てたりすると気まずいんじゃないかと思ってしまう!(笑

 後藤 邑子さんのキャラとかあの時間帯ではギリギリだ!

 作画もエロいですし!
 作監は実原 登さんでしたか。大和田 寛さんも居ましたし、道理でなんとなく「ぱにぽにだっしゅ!」の匂いがすると思いました。
 
 ヒナギクの「赤ずきん」コスは可愛いと思うのでした。


『瀬戸の花嫁』 10話
 あはははははは!バーカ!バーーカ!(褒め言葉
 深夜なのに声を上げて大笑いですよ!
 なんだろこのハイテンション!

 最初のアメコミ風の場面での「UKEMI!」が妙なツボに(笑
 そして、第一声で爆笑ですよ!

 玄田 哲章さんじゃないですか!

 そりゃあ、永澄も「本物だ!」って言いますよ!(笑

 で、何で最終的にはラオウですか!

 心の距離が離れる場面とかも笑いましたし、映像的にも素晴らしい出来!
 面白い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『Yes!プリキュア5』 18話
 うん、かれんはいじられキャラですね!可愛い。
 そして、キュアアクアがアックスボンバーしてた気がする(笑


『おねがいマイメロディ すっきり♪』 10話
 今回の作画凄い好きです!ストーリーも笑いました! 
 総じて良い出来!・・・しかしまあ、ゾウさんはダメすぎる!(笑
 そんな中、琴が可愛いのでした。


『ヒロイックエイジ』 10話
 なんだかなぁ・・・・種としての存在を賭けた戦いだってのに、自分の事しか考えてない兄たちは醜いなぁ・・・。
 けれど、面白くなって来ました!


『一騎当千 Dragon Destiny』 10話
 孫策vs水のアクションが凄まじくカッコイイ!
 どんどん人間離れしてドラゴンボールを彷彿とさせる感じになって来てますが、これはこれで好き。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・なんか・・・凄い時間掛かりました・・・。

 「グレンラガン」は感想書くのも熱が入ってしまって大変です。

      それでは、本日はこれにて。

|

「電脳コイル」4話!

すぐさま感想へ!


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『電脳コイル』 4話
 なんですかこの面白さ!

 最高に痺れます!

 今回の話なんて、冷静に考えればちょっと大げさな子供の喧嘩に過ぎないと言うのに・・・・・。
 それをここまでの緊張感と面白さで見せ付けられたら、もうたまらんですよ!

 大地の性質の悪い「悪ガキ」っぷりにちょっとイラっとさせられた訳ですが、キッチリと報いを受けて痛い目を見るという素晴らしさ(笑

 前半の、大量の広告ポップアップを巡るやりとりも映像的にかなり面白かったですが、後半の対決は、今までに無いアニメを見せてもらった気さえします!

 今までに無いって事は、手本が無いって事と同じな訳で。
 新しいことを始める第一歩で既に最高のものが作れると言う技術力の高さが見事過ぎです!

 とにかく映像のレベルの高さが凄いかと。
 しかも、この映像がストーリーを楽しむ上で邪魔になってないのが凄く好きです。
 ただ単に、「うわ、映像凄いな」ではなく、あくまでも、「話をより面白く魅せる為の映像」としての出来を極めていると言うか。
 それがもう、尊敬に値するレベルでした。

 ミサイルの動き、それを避ける動き、ハッキングシーンの緊張感と映像表現の面白さ。
 設定を上手く活かした心理戦と、三つの立場が上手く絡み合う構成、合間合間に挟まれる会話のやりとりと細かい笑い。
 全てのバランスが絶妙に絡み合って、最高の作品を作り上げています!

 ヤサコの過去が気になったり、先生の事なかれ主義がなんかツボに入って笑ったり(笑
 さらには謎の存在ミチコさん。

 この作品、大好きですよ!
 面白い!面白すぎるほどに!


 そしてまたしても再放送決定
 再来週ですね。
 一話から五話まで一挙放送で、その後通常通りの時間に六話だそうで。
 未見の方や、最初の方見逃したという方は是非に。
 是非に!
 これだけ人に勧めたい作品も珍しいです。
 なにせ、実際に作品を観ないと魅力が伝わり辛い部分のある作品なので(笑
 公式サイトだけ見たら、凄い地味な印象ですし・・・。
 絶対に、一見の価値が有ります。と断言。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『精霊の守り人』 9話
 チャグムは、あの男の子とは友達になれない気がするが、一緒にいた小さい女の子とかには、「物知りさんだね!」なんて言われて好かれそう。とか、そんな妄想(笑
 

『ラブ★コン』 9話
 今回妙に作画にキレがあると思ったら、やはり作監は真庭さんでしたか。素晴らしき。
 しかしまあ・・・切ないやら微笑ましいやら!青春全開かこんちくしょう!(笑
 面白いです!突然の海坊主登場はどうかと思うけれども(笑


『アイドルマスター XENOGLOSSIA』 9話
 双子が片方だけ!と思いきやもう片方はお亡くなりに!?・・・なんて思い切ったアレンジですか・・・・いやまあ、この作品において原作設定を気にする意味はもう無いですが(笑
 性格も全然違いますしね!凄い良い娘じゃないですか! 
 相変わらず伊織は可愛く、雪穂は良い感じに黒く。
 面白いです!


『スカルマン』 6話
 なんですかあの変装(笑
 スカルマンの正体があっさり判明・・・ではなく、装っているだけだと思うのですがどうなのでしょう。
 ラストのアクション好きでした!キリコ強いな!
 あと、喜久子さんはいつまでも素敵だなぁ・・と。


『風の聖痕(スティグマ)』 8話
 悪くは無いです・・・けど、やはりそれ以上には感じられず・・・。
 次回の内容によっては感想打ち切りかも?
 新しいEDはちょっと好きでしたけれども。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・新しいガンダム「OO(ダブルオー)」の公式ページが出来てました

 とりあえず、トップページに書いてある言葉は燃えます!

 映像を見ると絵がなんか「LOVELESS」っぽいですね・・・。
 わりと好きな絵なので良いですが。
 美形男子四人ですか・・・・「W」っぽい感じ?
 それとも一人は女子だろうか・・・・イマイチハッキリしませんが。
 しかし・・・・「ガンダム」っていつの間にかそう言う作品になったのだなぁ・・・・と。
 ある意味「SEED」の功罪・・・か。

 なんにせよ期待。

 「地球へ・・・」はもう殆ど見てないので。
 
        では、本日はこれにて。

|

最近レンタルで見たアニメ。

・の感想をつらつらと。

まずは「パプリカ」。
 映像は心底凄いです!
 これはもう今 敏監督にしか作れない映像だなぁ・・・と。

 何が現実なのか解らない感じも、「いかにも」で好きでした。

 ただ、ストーリーだけで考えるとわりと物足りず。

 映像に引っ張られるので充分に面白いのですが、展開自体はそれ程興味を持てず。
 敵の動機もイマイチ薄いですし。

 けれど、「映画」として観れば見事なまでに「映画」だなぁ・・・と。
 故に、これはDVDで観るよりも、映画館で見るのが正しい作品なんだと感じました。

 まあ、今更映画館では見れないので言っても詮無い事なのですが。

 あと、「日本語字幕」と言うメニューが有り、日本語の作品なのに字幕?と思ったのですが、ナルホド、と。
 精神(夢)を乗っ取られた人間の口走る訳のわからないセリフ達が、字幕付きだと素晴らしく面白いです!
 この部分に関しては、DVDの特性で素晴らしいかと!
 
 ともかく、確実に一見の価値は有る作品かと。
 声優陣も豪華で良い演技ですし!


もひとつは、「舞-乙HiME Zwei」の三巻。
 う~ん・・・・・・なんでしょう、なんだか微妙に面白くないです・・・。
 「Zwei」全体の印象として、TVシリーズの時と比べてどうにも勢いに欠けると言うか。

 裸祭りも別段エロく感じないですし、アクションも、動きが悪いわけではないのに迫力不足な印象ですし・・・。
 キャラも声も作画も演出も悪くないのに、何でイマイチ楽しめないのでしょう・・・?

 ストーリーがツボに入らない・・・・・のだろうか。
 まあ、毎回同じ様な終わり方なのでそれは確かにアレなのですが。
 けど、全体の流れは別に嫌いじゃないですし・・・。

 ん~・・・・・わからんです。

 と言いつつ、最終巻も観ますけれども。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ロミオ×ジュリエット』 8話
 ペンヴォーリオが完全に萌えキャラだ!(笑
 世間知らずのお坊ちゃんで、そのうえドジっ子ですよ。ヤツがお嬢様だったら確実に萌えてる!
 なんだかコーディリアとのフラグが立ちつつある気がするのですがどうなのでしょう?

 それはそれとして。
 ロミオもジュリエットもどちらも甘ちゃんだけれども、ロミオの甘さはジュリエットのそれとは違う次元だなぁ・・・・と。
 ジュリエットと一緒に居る所を見つかって正体が知られたら、確実にジュリエットは殺される訳で。
 そう言う、「自分のせいで好きな人か死ぬかもしれない」と言う可能性を考えていない時点でもうダメすぎる・・・。 と言いつつ、そんなに嫌いなキャラって訳でもないのですが。

 初っ端のジュリエットとのやりとりとか凄まじくキュンキュンですし!
 なんかちょっとツンデレっぽいジュリエットの可愛さが凄まじく!

 謎の剣士ティボルトも絡んできて色々と面白くなりそうな予感です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。(ネタバレあり

『DARKER THAN BLACK』 9話
 父親の登場で、急に未咲が可愛い眼鏡っ娘に!(笑
 さらにはチャイナ!素敵です。眼鏡を取ったのが惜しい!が、そのせいで上手く見えなくて目を細めてるのが面白可愛い感じだったのでそれもまた良し。
 アリスは学生の頃の方が可愛かったと思うのでした。
 面白いです!良い出来!


『魔法少女リリカルなのは StrikerS』 9話
 今回は良い出来!
 ストーリーは、充分に面白かったけれど、なんとなく心の奥底までは響かなかったような・・・?いや、グッと来たのは来たんですけどね。もうちょっとこう・・・・ん~・・・。
 そう言いつつも、全体的には楽しませていただきました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・改めて一週間前のブログを観るとその短さに驚く(笑

 まあそんな事も有ります。


・再プレイ中の「グランディア」で、スーとの別れに号泣。
 知ってたのに!ストーリー知ってたのに!
 何であの場面に声が入ってないのかなぁ・・・・凄い良い場面なのに・・・。
 いつの日かリメイクしたら、イベントシーンはフルボイスでお願いしたいです。

      そんなこんなで終了。

|

PS2版「GGXX ΛCORE」を買う。

・当然のように購入。

 雨の中自転車を走らせましたとも!
 ・・・出かけるときは丁度止んでたから大丈夫だと思ったのに・・・。

 それはそれとして。

 格闘ゲームとしての出来は、まあ今更言うまでも無いのですが・・・・・・「家庭用ゲーム」として考えると、ちょっと物足りないのが正直なところ。
 
 ミッションモードすら無いって・・・・・。
 
 何と言うか、完全に「ゲーセンがメインの人間に対する練習用ソフト」ですね・・・。
 まあ、購入する人の大半は、自分も含めてそれが目的な部分が大きいので間違いではないですが。

 その意味では良い出来だと思いますし。
 今のところアーケード版との違いは感じないですし。
追記・結構バグが有ったりするらしい。
    しゃんとせい。

 ただ、アーケードモードのラスボス聖ソルの強さは酷い・・・・。
 ゲーセンだと、勝っても負けてもEDに行く、いわゆるボーナスステージ的な扱いだったのですが、家庭用の場合は勝たないとEDに行けず。

 もう本当・・・一時間半くらいずっとコンティニューを繰り返してようやく勝てましたよ・・・。

 難易度ノーマルであの強さは異常です。

 それに、「初代」と「X」のキャラが使える!と言うのがウリらしいですが、最初からは使えず。
 ・・・・どうすれば使えるようになるのだろう・・・。

 多分、アーケードモードのクリア回数とかサバイバルモードの到達レベルとかで出ると思うのですが・・・・・これだけはハッキリ言いたい。

 アーケードモードとかサバイバルモードなんて、もう今までのシリーズで何度も何度もプレイしているのですよ! 
 だというのに、またそれをしないと追加要素が出ないってのは正直面倒です。

 ここまでシリーズが続けば、今回の「ΛC」で初めてこのゲーム買う、って人はおそらく殆ど居ないと思われ。
 それならば、新しくソフトが出たら、すぐに今までに無い新要素が選べるくらいで丁度良いのではないかと。

 まあ、なんだかんだ言いつつも、死ぬほどやりこむ事はもう確定なのですけれどもね。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『おおきく振りかぶって』 8話
 細かい場面カットが気になってしまう原作好きです。

 朝の三橋と三橋母のやりとりは好きだったので残して欲しかったなぁ・・・・・あと、肉まんも(笑
 それにプロテインのくだりとか「ストレート」について語る場面とか・・・・。

 とは言え、ストーリーに関係ない部分のカットはまあ仕方ないかな、と。 
 時間制限もあるのですし。
 ただ、田島の「カナアミの向こうは公式戦」は、「その前に泉に言われたことを三橋に言う」場面なのに、泉がカットになってたので唐突に出てきたセリフに感じられるのはどうしたものかと。

 それはそれとして。

 松風さんの榛名声が良い感じでした!
 そして、福圓さんのマネジ演技が凄く好きです。
 ナイス自然体。

 あとは・・・・この作品ってもしかして結構長く続くのだろうか?とか。
 桐青戦で終りだと思っていたのですが、だとすれば他のチームの登場シーンとかは別にカットしても良いはず・・・?
 その後も続くのでしょうか・・・・一年シリーズ?
 ・・・・・いや・・・・う~ん・・・どうなのでしょう。
 まあ、そのうち続編・・・・とか考えている可能性も・・・?
 ・・・単純に、色々な人間が榛名に注目している、と言う表現かもですが。 

 今回はちょっと盛り上がりに欠けた印象でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『爆丸 バトルブローラーズ』 9話
 能登さんのキャラが前面に出てきたのは嬉しい限り。
 

『銀魂』 58話
 あはははははは!新八に殴られて吹っ飛ぶエリザベスの動きが最高に面白かったです!
 声を上げて笑いましたよ! 
 そして後半のシリアスアクションも良い出来!
 面白いです!


『怪物王女』 8話
 見事なまでにホラーサスペンスしてました!上手いです!
 車の天井に頭をぶつける姫が可愛かったかと(笑
 あと運転手フランドルが素敵過ぎた!


『セイントオクトーバー』 22話
 小十乃は子供の頃から可愛い!そして良い子!
 何度もウルウルしましたよ!
 しかしまあアッシュが外道ですよ!だからこそ、終盤のユアン達の殴り込みはスカッとしました!
 良い出来!面白いです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「ジーグ」はまだ観てません。
 ・・・けど、もう感想はいいかなぁ・・・と。

          では、本日はこれにて。

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »