« 「プリキュア5」の同人小説的なモノ・その二 | トップページ | 「Aice5 Last Live」のDVD! »

「プリキュア5」の同人小説的なモノ・その一

・そんな訳で(?)「プリキュア5」の同人小説的なモノを書いたので、発表してみようかと思ったり。

 きっかけは、「Yes!プリキュア5」の「47話」を見ていたら、なんか話が浮かんでしまったので、形にしてみよう。と言う短絡的なものだったのですが、一週間くらいで書き上げるつもりが、なんだかんだで一ヶ月近くかかってしまいました・・・・・。
 完全に時期を外した感は有りますが、せっかく書いたので、自己満足では有りますがブログに上げてみようかと。

 ちなみに47話は、カワリーノに奪われたドリームコレットを取り返そうとする場面から始まる話です。
 ので、話もそこを起点に始まります。
 つまりは、アニメを見ている方にしか楽しめない内容ですのでご理解を。

 あと、エロは無いですが、わりとエグイ描写が有るので、R15な感じで。
 そういう描写が苦手な方には、決してお勧め出来ません。

 さらには、完全なるBAD ENDなので、幸せな話を求める方も避けるが吉です。

 ・・・・・なんだか、かなり限定された人間しか楽しめないような気がしてきました(笑
 
 まあともかく、気が向いたら読んでみて頂けると嬉しいです。
 
 タイトルはズバリ、
 「Yes!プリキュア5 47話 BAD END」です。

 わりと長いですが・・・・・ではどうぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『Yes!プリキュア5 47話 BAD END』


「奴等を絶望させて御覧にいれましょう」

 暗闇に響くカワリーノの声。
 デスパライアはそれに対して言葉を返すことは無い。
 だが、それに構わずカワリーノは一礼して部屋を出る。
 沈黙は肯定と同じだと知っているからだ。
「さて……下準備といきますか」


「ん~…見つかりません…けど、なんとかして探さないと!」
 うららは、奪われたドリームコレット探しで走り続けて失われた体力を、気力で回復させるかのように、えいっ!と気合を入れなおす。
 街外れの、あまり人も通らないような路地裏。
 人通りの多いにぎやかな場所にはナイトメアは出てこないだろう、という推測に基づいての行動だった。
 そしてそれは、間違いではなかった。

「おやおや、一人でこんな所に来るなんて……警戒心に欠けるのではないですか?」

 突然後ろから聞こえたその声に、うららはあわてて振り返る。
「あなたは…!」
「先ほどはどうも」
 薄暗い路地の影に、半分隠れるようにカワリーノが立っていた。

「ドリームコレットを返して!」

 バッ!と手を前に出し、強気に詰め寄るうらら。
「ふぅ……困ったモノですね。どうやらあなたは状況が理解できていないらしい」
 呆れたような、どこか楽しそうな、そんな不適な表情を浮かべるカワリーノ。
「……どういう、意味ですか?」

「そのままの意味ですよ。あなたは今一人なんですよ?一人だけで私に勝てるとでも?」

 その言葉に、一瞬不安を感じるうららだが、すぐに思い直す。

「大丈夫です!戦いになれば、すぐにのぞみさん達が気付いてくれます!」

 それは、仲間に対する信頼。
 ナイトメアにとっては、忌まわしき、「希望」。

「ふふっ…そうですかそうですか。じゃあ…そうですね、戦いにならないようにしましょうか」
 口の両端を高く上げ、見る者が問答無用に畏怖を感じるような、そんな笑み。
 うららの背筋にも、冷たいものが走った。
「何を、するつもりですか」

「んん~?決まってるじゃないですか……卑怯なこと、ですよ。私たちは絶望を与えるワルモノ…ですからね」

 そう言うと、カワリーノは背後の暗闇に手を伸ばす。

 そこは、うららの位置からは丁度陰になっていて見えない。

 けれど、何かが、有る。

 アレは……何?

 …………………ぞくぅ…!

 不安が、体を駆け巡った。
 違う、これは……恐怖?
 何かを掴んだらしいカワリーノは、そのまま、後ろに手を伸ばしたまま、少しずつ、うららの方へと足を進める。

 ずっ…・・ずっ…・ずる…・・。

 音。
 何か、重いものを引きずっているような、そんな音。
 心の底の底にある、深い深い感情を揺り動かすような、不快な音。

「なんですか!?なんなんですか?!」

 思わず、叫び声をあげるうらら。
 そうでもしないと、不安に押しつぶされてしまいそうだった。

 ……一瞬だけ、うっすらとだが、「それ」が見えた。

 「それ」は、カワリーノの掌にしっかりと掴まれているのは、薄い金色の……髪の……。

「うそ、嘘、ウソ!そんな筈無い!そんな筈…!!!」

 見覚えが有った。
 見間違えるはず無い。
 けど、間違いであって欲しい!
 そう願い、強く目を閉じるうらら。

 だが……ずっ…・ずるっ…ずるる…ずぞ…!音は止む事無く、むしろ大きく、近く……それと比例して、大きくなる不安、恐怖。

「お待たせしました。…さあ、どうぞその目で御覧下さい……絶望を」

 嫌だ!嫌だ!嫌だ……!
 絶対にそんな……そんな…そんな事………有る筈が無い!
 そう強く信じて、不安も、恐怖も、払いのけ、うららは、目を開いた………!

「やあうらら、元気かい?」

 その目に映ったのは、うららの父、春日野ミッシェル。
 ………だが、うららはその問い掛けに答えなかった。
 ……答えられなかった。

「僕は、元気じゃないんだ……だって…………死んじゃいましたからねぇ!」

 確かに、春日野ミッシェルはそこに居た。……いや、有った。


 そこに、春日野ミッシェルの死体が。


「あ……・あ…あぁぁあ……!あああああああああぁぁぁぁぁぁアあぁあぁぁあぁああーーーーーーー!!!」
 嘘だ!ウソだ!嫌だ!嫌だ!いやだ!
 信じない!こんなの信じない!
 お父さんが死ぬなんて!
 死ぬ……なんて……!

「どうしたんだいうらら?ほら、ちゃんと見ないとだめじゃないか、お父さんを」

 その声は、父の声とは似ても似つかない。
 それは、カワリーノの声。
 まるで腹話術の人形でも操るかのように、右手で頭を掴み死体を持ち上げ、左手でムリヤリに口をパクパクと動かし、それに合わせて話しているだけの、カワリーノの声…。
 ミッシェルの全身は傷だらけで、左胸には大きな穴が開いていて、その周りがどす黒く染まっているのが見えた…。

「ほらほら、どうしたのかなぁ?」 

 カワリーノと特技は、その名のとおり「変(代)わる事」。
 その気になれば、うららの父そっくりに声を変えることも出来た。
 けど、あえてそれをしない。
 知っているから。
 今は、その方が、より強く心を壊せると。
 絶望を、与えられると。

「うぅぅううぅぅっっつ!!!ああ…・!はぁああああぁ…・・!」

 もう、言葉にもならないような声を、ただ吐き続けることしか、うららに出来る事は無かった。
 母が居ないうららにとって、何よりも大事な父親。
 その父が、殺され、さらに蹂躙されているという事実。
 それを前に、出来ることは何も無かった。

「おやおや……もう終わりですか?わりと簡単でしたねぇ…」 
 つまらなそうに呟くと、カワリーノはミッシェルを放り投げた。
 ぞんざいに、まるで空き缶でも投げ捨てるように、それに対して、欠片も敬意を持ち合せていない……そんな投げ方だった。

「……っ!お父さん!」
 それに気付き、うららの体が跳ねた。
 壁にぶつかり、どさりと崩れ落ちたミッシェルに駆け寄り、その体を抱きしめる。

「お父さん!お父さん!お父さん!」

 何度も何度も呼びかけ、体を揺するが、薄く開かれたままで硬直してしまっているその瞳が、輝きを取り戻すことは無かった……。

 父の瞳が大好きだった。
 いつも綺麗で、優しくて、少し子供っぽい。
 私を愛してくれている事が、どんな時でも伝わって来る。
 そんな眼差しを向けてくれる瞳が、大好きだった。

 ・・・・・・けど、今その瞳には何も映っていない。
 もう、私を見てはくれない。
 それに気付いた瞬間、ただただショックでどうすることも出来なかった心に、悲しみが生まれた。
 そしてそれが、涙を呼んだ。

「うっ…・ううぅ…・!うわぁぁぁああ!お父さん!お父さーーーーん!!」

 叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ。
 それにつられるように、あとからあとから涙が溢れてくる。
「ツライですか?悲しいですか?………絶望ですか?」
 そんなうららの背中に、ひどく楽しそうなカワリーノの声。

「お父さんの事大好きだったんですねぇ……じゃあ、聞かせてあげましょうか?お父さんの最後の言葉……」

 その声が聞こえているのかいないのか、うららはただただ泣き続ける。

「お父さんは、私に対してこう言いました。『やめてくれ!助けてくれ!』と」

 ビクッ……とうららが反応する。
 そこに、父の声が有ったから。
 カワリーノは、ミッシェルの言葉を、ミッシェルの声で再現していた。

『私は死ねない!死ぬわけにはいかないんだ!ぐぁああ!!く……頼む!頼むから助けてくれ!命以外なら何でも欲しいものをあげよう!けど、けど頼む!命だけは!』 

 踊るように、ミッシェルの最後のセリフを聞かせるカワリーノ。
 それは、うららにとって複雑な思いだった。
 父の声、もう二度と聞けない筈の父の声が、とてもとても愛しく聞こえる。
 ……けれど、これは敵の声。
 父を殺した敵の……!
 しかも、死の瞬間を聞かせるなんて、最低の悪趣味。
 ……なのに、聞きたい。
 父の声を、父の最後の言葉を!

『ぐああぁぁ!お願いだ!助けて!助けてくれ!殺さないでくれ!私は生きたい!生きたいんだ!』

 そこで一瞬、カワリーノは言葉を溜め、そして、まるでオペラかミュージカルの最大の見せ場であるように、謳い上げるように、言った。


『………うららの為に、生きたいんだ!』


 それは、うららの感情を、強く、強く、強く揺さぶった。

『あの子から、もう家族を奪わないでくれ!あんな悲しみは、もう二度と味わって欲しくないんだ!頼む!お願いだ!うららを悲しませることは、もう二度としないと誓ったんだ!だから!だがっつっっっっ……!!・・が……がは…・・…うら・・ら…ごめん…ごめん…うらら……悲しませてごめん…!誓いが守れない駄目な父親で、ごめん……ずっと、ずっとお前の傍に居たかった…!大人になったお前を見たかった…!ごめん……ごめ…ご…』

 そこで、言葉は途切れた。

 うららの中から、感情が噴き出す。
 涙という形で、様々な感情が交じり合い、止め処なく、ぼろぼろとあふれ出す。

「お父さん……お父さん……!そんな事無い!駄目なんかじゃない!!お父さんはいつも優しくて、素敵で、私は、お父さんが大好きだったよ!だからそんな事言わないで!お父さ…」 

 思わず、振り向いた。

 声のする方に父が居る様な、そんな錯覚に、思わず振り向いてしまった。

「『そうかい?うれしいよ うらら』…まあ、死んでしまえば終わりですけどねぇ!」

 そこには、カワリーノしか居なかった。

 当然……当然だ………知っていたのに、どうして…どうして私は!

 お父さんに言うべき言葉だったのに!

 お父さんは私の腕の中に居たのに!

 どうして、振り向いてしまったの?

 そこに、お父さんは居ないのに……。

 どうして……どうして……!

「あ……あぁ……」

 その瞬間…うららの瞳から、光が失われた。

「…絶望、頂きます」

 カワリーノはその言葉と共に、そっと仮面をうららの顔に重ねた。
 絶望を受け入れ、心を無くす仮面を。
 今のうららに、それを振り払うだけの力は、もう残っていなかった……。

「ふむ…ずいぶん簡単にいきましたね…まだ次の手が用意してあったのですが…まあ、良いでしょう」
 呟き、暗闇に視線を向けるカワリーノ。
 そこには……うららのマネージャー鷲尾 浩太と、祖父、春日野 平蔵の………。

「……みんなどうしたんだろ?」

 公園のベンチに腰掛ける、のぞみとココ。
 集合時間になっても、うらら、こまち、かれんの三人が戻って来ない事に痺れを切らし、りんとナッツ、ミルクが探しに行ってから、もう二十分以上が経っていた。

「私、ちょっと探してくる」

 駆け出そうとしたのぞみを、ココが止める。
「待つココ!もしその間にみんなが戻ってきたら行き違いになってしまうココ!」
「でも、何かあったのかもしれない!もう待ってられないよ!」
 今すぐにでも走り出したい気持ちを、のぞみはもう抑えられない。
「……わかったココ!一緒に行くココ!」
「うん!」
 二人がそう決断して、探しに出ようと一歩を踏み出したその瞬間。

「どこへ行くのですか?」

 背中にかけられた声に、その足が止まり、二人は一斉に振り返る。
「あなたは…!」
「みんながせっかく戻ってきたと言うのに、あなた達が居なくなってどうするのですか」
 さも面白いことの様に、ニヤニヤと笑いながら言うカワリーノ。
「…何を言ってるココ?みんな戻ってきてないココ!」
 ココがすぐさま反論する。
 のぞみも周りを見回すが、誰も居ない。

 ………誰も居ない?

 昼間の公園。 
 先程まで、僅かながら居た、散歩や日向ぼっこ、ジョギングなど、公園を利用していた人達が、一人も居ない…!
 傍を通る国道を走る車の走行音。
 鳥の鳴き声。
 風のささやき。
 そんな音すらも、いつの間にか聞こえない。
 よく見ると、空気の色が変わっている。
「………これは…!」

 既にこの公園は、異空間と化していた。

 その事に気付いた二人は、カワリーノから距離をとり、体制を整える。
 ……が、まったく襲い掛かって来る気配が無い。
 カワリーノは、ただその場に立ち続け、のぞみとココに視線を向けていた。
「…どうしたココ?何故襲ってこないココ?」
「……わからないよ、けど、油断したらだめだと思う」
 どうにも妙な空気に、警戒心を高める二人。
「ふふっ…そんなに警戒しないで下さいよ。せっかくお友達を連れて来てあげたと言うのに……」
 そう言うとカワリーノは、パチン、と音を立てて指を鳴らす。
 と、カワリーノの背後の空間が裂けた。
 そしてそこから、何かが出てくる。

「…なにココ?」
「………え?あれ…は」

 徐々にその姿が見えてくると、二人は自身の目を疑った。

 出てきたのは、絶望の仮面を付けた、うらら、かれん、こまち、りん……さらに、ミルクとナッツだった。

「どういうことココ!?」
「みんな!本当に皆なの?」
 だが、その問い掛けに答えることは無く、六人はカワリーノの傍に跪いた。
 まるで、忠誠を誓った部下であるかのように………。

「そんな……どうして?またあの時のみたいになっちゃったの?」

 のぞみの脳裏に浮かぶのは、ナイトメアのビルへ乗り込んだ時の、悲しい記憶。
 大切な友達が、仲間が、私に牙を向ける……その辛い思い出。
「皆に何をしたココ!」
 ショックを受けるのぞみの代わりに、ココがカワリーノに詰め寄る。

「何をしたか……知りたいですか?」
「…教えるココ!」

 一瞬、嫌な予感が身体を走りぬけたが、それでも訊かない訳にはいかない。

「簡単な事ですよ……ほら」

 再び、指をパチン、と鳴らす。
 と、何も無い空間から、ドサドサドサ…と大量の何かが降って来た。
 一目見た時には、それは人形だと思った。
 大量の人形が降ってきたのだと。
 だが……違った。


 それは、死体。

 …死体、死体、死体死体死体死体死体死体………死体の山……。


「…………!!!きゃあああぁああ!」

 気付いた瞬間、のぞみの口から叫びが弾け出る。
「…な…なんて事をするココ!」
 死体には、見覚えが有った。
 皆、プリキュア五人の家族や親しい人間達ばかりだったから。
 その中には、のぞみの両親の姿も有った。

「………そんな……嘘でしょう?どうして……?どうして……!」

 体から力が抜け、地面に膝を立てるのぞみ。
 目の前の現実が信じられない。
 信じたくない。

「小さなお二人も、みんなが絶望に囚われているのを見たら、すぐに言う事を聞いてくれましたよ」
 言って、くっくっくっ…と楽しそうに笑うカワリーノ。

「………酷い…こんなの酷すぎる!」

 搾り出すようなその叫び声は、のぞみの感情が悲しみから怒りに変わった事を如実に表していた。 

「…許さない!」

 勢い良く顔を上げ、涙で濡れた瞳で、カワリーノに強い視線を向ける。
 だが、カワリーノはその視線をかわすかのように、いやらしい笑みを浮かべ、言った。

「許さない?おかしな事をいいますね…………これは全てあなたの責任なのですよ?夢原のぞみさん

「…な、何を言ってるココ!のぞみに責任なんてあるはず無いココ!」
 カワリーノの言葉の意味が理解できずに眉をひそめたのぞみの代わりに、ココが怒りの声を上げる。
 だが、カワリーノはその怒りもどこ吹く風で、淡々と話を続ける。

「だってそうでしょう?そもそも、彼女がつまらない夢など持たなければ、こんな事にはならなかったのですよ?」

「……………!」 
 その言葉は、のぞみの心に突き刺さった。
 私…私のせい…なの?

「そうです。あなたが、パルミエ王国の復活を手伝おうなどと思わなければ!そんな夢に、お友達を巻き込まなければ!……ここに居る全員が、幸せで、平穏な生活をしていたものを!」

 ………違う!…と叫びたかった。
 …けど、言えない。言える訳無い。
 だってそれは、その通りだから……。
 私が、「夢を持ちたい」なんて思わなければ……!

「あなたは、自分が夢を持っていない事に焦っていた。そこへ降って沸いたようなパルミエ王国復興の話し!それに安易に乗っかり!これが自分の夢だと言い!友達を引き込んだ!」

 声は一言毎に大きくなり、その度に、のぞみの心に一つ、また一つと、深い傷が刻まれていく。

「その結果がこれです!近しい人々は死んだ!友人達は絶望に囚われた!これは全て、あなたの自分勝手な夢が生んだ……あなたの罪です!」

 私の……罪……。
 のぞみの心が、闇に満たされて行く。
 絶望と言う名の、闇。

「それは違うココ!」

 けれど、そこに差し込む一筋の光。

「夢を持つことは、決して罪なんかじゃないココ!王国を復活させようと言ってくれたのは、のぞみの優しさココ!それが、罪なんかであるはずが無いココ!」

 ココの声。
 必死で、強く、強く、のぞみの心を救おうとするその声に、のぞみは自分の心に光が戻ってくるのを感じていた。

「周りを巻き込んだのは、お前達ナイトメアだココ!自分たちの罪を、のぞみになすり付けようなんて……卑怯にも程があるココ!」

「……確かに巻き込んだのは私達です。けれど、最初のきっかけは彼女に有る。その現実は変わらないでしょう?大体責任と言うなら……」
 言葉を遮るように、ココは叫ぶ。
「そんなものは詭弁ココ!きっかけがどうであれ、原因がどうであれ、人を殺していい理由にはならないココ!それを実行したのは、完全にお前の罪だココ!」

「……ココ…」
 カワリーノの言っている事は、たぶん間違ってない。
 私に責任が有るのは確かなのだと思う。

 けど、ココはこんな私を必死にかばってくれている。私の心を助けようとしてくれている。

 なら、私もまだ、絶望に負けられない!

 ここで私が負けたら、本当に全部が終わっちゃう!

「……ありがとう、ココ」
「…のぞみ!」  

 のぞみは、立ち上がる。

 絶望を払いのけ、光をその手に掴む為に。

「いくよ!プリキュア!メタモルフォーゼ!」

 そして、戦いが始まった。


            その二へ続く。

|

« 「プリキュア5」の同人小説的なモノ・その二 | トップページ | 「Aice5 Last Live」のDVD! »