« オリジナル小説『私イズム!』第16回。 | トップページ | オリジナル小説『私イズム!』第17回。 »

『デュラララ!!』12話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『デュラララ!!』 12話
 「あなたは、矢霧君に殺されたはずの、張間 美香(ハリマ ミカ)さんなんでしょ?」

 ・・・・・マジですかっ!
 その展開は予想外でした!

 って、「大変!鍵を開け忘れてますよ!」 
 何の躊躇もなくピッキングって!
 ・・・本気でストーカーじゃないですか…怖すぎる!

 イタイ・・・完全にイタイ子ですよ・・・・。

 まあでも、矢霧弟もおんなじようなもんだから似合いのカップルなのかもですが(笑

 そして・・・
 「キミの名前はセルティだ。それが首の名前だからね」
 「私の名前を知っている者…私がデュラハンで有る事を知っている医者・・・そんな人間、この街にたった一人しかいない!」

 ―――繋がった・・・!!
 なんと言う展開なんですか!
 
 予想の裏の裏をいきますね!

 そんな中、
 「まあ、君は本物と偽物の区別すらつけられなかった訳で、あんたの愛はその程度って事だね。ごくろうさん」

 まさにですね・・・語るに落ちるとはこのことですよ矢霧弟!

 とは逆に、言葉を駆使してセルティを手に入れた岸谷。
 いや、もちろん本心でしょうし、純粋に好きなのも事実だとは思うのですが、なんとなく煙に巻かれたような印象もあったりする訳で。

 結局、セルティの想いよりも自分の幸せを優先していたとも言える訳で。 

 それでも結局二人が幸せになったので、これはこれで良いのかもと思いつつも、でもやっぱり微妙にモヤモヤしたものが残るのでした。
 純粋な乙女セルティが悪い男に言いくるめられてしまったような気がしてなりません(笑
 いやまあ、岸谷は悪いヤツでは無いとも思うのですが!
 ・・・・う~ん・・・なんだろうこの感じ。

 それはそれとして。

 「そのCGもダラーズの一員なんだけど」
 セルティもですか!
 それに対する狩沢と遊馬崎の「すっごーい!」連発がなんか笑いました!

 そして、チャットメンバーは臨也とセルティでしたか。
 ・・・・そこはわりと直球なんですね(笑

 ・・・んで、話は一段落着いたような感じですが、その裏で動く、動いていた臨也・・・・。

 ここからさらにどう話が動いて行くのか、楽しみにしています!

 おぉっ!HPで次回のストーリーのところ見たら、作監に薮野さんが!
 「宇宙ショーにようこそ」の作業は終わったのでしょうか?また色んなアニメで薮野さんの作画見れると良いなぁ・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『キディ・ガーランド』 24話 最終回
 最終回らしい展開に盛り上がりでは有りましたが・・・ちと強引さが目立ったかなぁ・・・と。
 敵側メンバーがガンガン死んでったのもなんかなぁ・・・。
 まあ、アスクールとクフィーユの百合っぷりは好きでしたし、白石 稔さんの「無茶しやがって!」は不意を突かれて笑いましたけれども(笑
 あと、エピローグもわりと好きでは有りました。
 ・・・・けど、全体的に見れば、完全に前作の方が面白かったと言わざるを得ないというか・・・・期待が大き過ぎたとか言う以前の問題として、どうにも盛り上がりに欠ける印象だったかも・・・・最初の頃のギャグ話の方が面白かったってのはちと残念だったりします。
 う~ん・・・作画は悪くなかっただけに惜しいなぁ・・・と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「ぽてまよ」のDVD-BOXが、DVD一本分の値段で買えるので欲しくなる!

 そして、ついでに調べたら「アルジュナ」と「かしまし」もえらい安かった!

 というか、 EMOTION the Best シリーズの安さは半端では無いですよね・・・。

 「ギャラクシーエンジェル」シリーズ勢ぞろいとか、「十兵衛ちゃん」とかも、気になるなぁ・・・・あ、「sola」も有るのか・・・どうしろと(笑

 そのうち、「あさっての方向」と「ウィッチハンターロビン」も出ないかなぁ、とひそかに思うのでした。
 特に、「ウィッチハンターロビン」はもうレンタルも無いのでもう一度見たいかも。凄い好きでしたし!

 あ、「ガサラギ」もバンダイビジュアルでしたよね・・・もっかい見たいアニメの一つです!

 ・・・・いかん、昔の作品を語りだすと止まらなくなるいい歳したオタクの悪い癖が出た(笑


     なんて駄文を垂れ流しつつ、本日はこれにて。


      オリジナル小説も更新中です。宜しければご一読を。
      格ゲー好きな方は特に!

|

« オリジナル小説『私イズム!』第16回。 | トップページ | オリジナル小説『私イズム!』第17回。 »