« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2月28日のアニメ一言感想。(ネタバレあり

『べるぜバブ』 8話
 うむ、やはり邦枝は素敵可愛いです。
 女子が増えて古市と一緒に大はしゃぎですよ(笑


『スイートプリキュア♪』 4話
 なんか・・・・・無理やり喧嘩させて仲直りさせて、それで話がひとつ出来ました、みたいな感じが…。
 どうにも脚本がしっくりこないですねぇ…。


『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』 47話
 ビビの、お色気からの大暴れは笑いました!
 というか、本当に最終回近くなってきてすげぇ面白いです。
 メインで感想書こうかちょっと悩んだくらい良い出来でした!
 じゃあ書けよ、とは言わないでください(笑


『STAR DRIVER 輝きのタクト』 21話
 サカナちゃん・・・回想だけかぁ・・・。
 って、マドカ・コウのコンビはもう退場ですか?良いキャラだっただけに惜しいです・・・。
 それはそうと、公式の人気投票は誰に入れるか悩みますね・・・・


『フリージング』 8話 
 今回規制多いなっ!
 よし、この話の入ってる巻はDVDレンタルしよう(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・3DSをスリープ状態にして持って出かけたのですよ。
 
 いつの間にか通信 と すれ違い通信が有るかなぁ・・・・と。

 ありゃしない!
 
 「いつの間にか」どころか、通信ポイントを探しまわったけれど、何処にもないという事実。

 近隣で唯一DSステーションが置いてある店にも行ってみたのですが・・・何も起こらず。
 ニンテンドーゾーンにも対応してないですし!

 「すれ違い」も、結構人の居る所にいったのに一度も無し・・・・・・やっぱり、こういう通信関係は田舎はつらいなぁ…。
 「ウィニングイレブン」やってる人けっこう居ると思うのですが…。
 マスターリーグモードは、すれ違い通信をした回数によって使えるチームや選手が増えるという、田舎の事をまるで考えてない仕様なので困ります。
 ってか、通信系が大事なゲームは大抵田舎の事を考えてない事実(笑

 けど、3DSは歩数計にもなっていて、歩いた歩数によってゲームコインがゲット出来るので、それでARゲームズの追加要素を買いました。
 「的当て2」はやりごたえ有ってよいですね。
 「フリー釣り」も地味にハマりますし。

 まだ買えて無いものもあるので、明日も持ち歩きます。
 色んなところに行けば、本当にそのうち「いつの間にか」通信できてるかもしれませんしね。
 まあ、いつの間にか出来てても困るんですけど(笑

 通信ポイントが有るのなら、限られたその場所を把握しておきたいですし!

 一応調べてみたら、マックは確実にいけそうですが・・・・・マックだと、店内に入るとなにか注文しないとだしなぁ・・・・近くを通りかかるだけでも反応してくれるだろうか…。
 あとは、ヤマダ電気か・・・・・自転車だと30分以上かかるなぁ・・・・・通信の為だけに行くのはツライ・・・・・。
 自宅で出来るようにする方が良いのかなぁ・・・・けどなぁ・・・う~ん…。

 まあ、とりあえずマックの近くを通りかかってみます(笑


 あと、保護シール買いました。

 これでばっちりです。

 3DS・・・堪能してますよ!

    なんて言いつつ本日はこれにて。

|

3DSを買った!そして、オタク丸出しの遊びをして見る。

・ってな訳で、買ってきましたよ3DS!

 近所のコジマでブラックを予約していたのですが、買いに行ったら、ブルーは売り切れでしたが、ブラックはまだ普通に売ってました。

 だったら、ブルー予約しとけばよかった(笑
 
 とはちょっと思ったものの、元々ブラックが欲しかったので問題なし。

 ・・・で、帰りにちょっとゲオに寄ってみたら、普通に二色とも売ってました。

 入荷数が書いてあったのですが、黒・31に青・31で、合計62個も当日販売分が入荷されていたらしいです。

 予約分の他に当日分が62個なんて、こんな田舎では驚異的な数ですよ…。

 そう考えると、予約しなくても意外と買えるのかも知れません。

 ので、諦めていた人は探せば以外と有るかもです。

 少なくとも転売屋から買う必要は一切ありません。
 ざまぁみろ転売屋(笑


 まあそれは置いといて。

 一通り触った感触としては、思ったほど凄い3Dでは無かったかな・・・・と。

 いやまあ、期待が大きすぎたのも有るかもですが、そんなにもう、びっくりするくらい飛び出る感じでは無かったです。

 ソフトは「ウィニングイレブン」買ったのですが、いろんなところで言われているように、飛び出すというよりも奥行きを感じるような画面でした。

 ただ、これに関してはゲームによって違うのかな、とも思うのですが。

 特に、同時発売のタイトルなので、もっと時間を賭けて、何年後かには、本当にこの3D機能を活かせるような作品が出てくるんだろうな・・・と。

 あまり飛び出さない、とは言いましたが、ホームメニューの「思い出きろく帳」のタイトルが出てる場面で、くるくる回っている鉛筆は唯一すっごい飛び出して見えます。

 なので、ソフト・映像の作り方によって、もっと飛び出して見えるような技術が進んでいく可能性は十分に有るかと。

 
 ・・・で、内蔵ソフトがかなり充実している3DSですが、ARゲームズはかなり可能性を感じました。

 3DSのカメラでカードを写してないとならないのに、3DSを動かしながら遊ぶゲームがあるので、しょっちゅうカメラがカードを見失う、という欠点は有りますが、あの拡張現実の面白さは、新しいゲームの未来を切り開くかもしれません。

 今後、新しいARカードが発売されて、ちょっとしたゲームがもっと色々遊べるようになるような状況になっていけば良いなぁ・・・と。

 そして、それと関連して、現実の風景とキャラクターを合成して写真が撮れる機能が付いている訳です。

 たとえば、付属のキャラカードを使えば、こんな感じに・・・・・


Hni_0005

 現実の風景とマリオやリンクを合成できる訳です。

 しかも記録媒体はSDカード(付属・2GB)なので、こうしてすぐにパソコンに画像を移せて、ブログにも載せられる便利っぷり。

 さらには、自分で作ったMiiを使っても同じ事が出来ます。

 しかも、写真を撮ると、その写真から自動でMiiを作ってくれる機能も有る・・・という事で、オタク脳としては、声優さんの写真を撮ってMiiにしてみよう、とか考える訳で(笑

 ・・・んで、やってみたのがこちら。


Hni_0010

 堀江由衣さんのMiiを作って、堀江さんのDVDの上に乗せてみる。

 ・・・・いやまあ、解ってます。似てません。

 元々、写真から作るMiiはぶっちゃけ完成度が低いので、かなり…というか、ほぼ全直しで何とか似せようとしたのですが、これが限界でした…。

 けれど懲りずに次に挑戦。

Hni_0011

 坂本真綾さんMii on 真綾さんのCD。

 これは割と似てる・・・・と思う。

 そして、最後は・・・・


Hni_0009

 スフィア on 自分の掌。

 これはそこそこ似た・・・気がします。

 左から、高垣さん・豊崎さん・戸松さん・寿さんです。
 
 解ります・・・か?

 
 まあともかく、こんな遊びも出来ますよ、という話でした。

 あと、顔シューティングも女の子の写真とかでやると、なるほど これが「ぎゃるがん」か、と(違う
 
 内蔵されてるソフトだけでも、しばらく遊べる充実っぷりでした!

 個人的に思ったのは、3Dの機能が前面に押し出されてますが、3D機能はあくまでも「遊びの要素」の一つじゃないかと。
 通信機能が充実し、容量も増えて、画質も綺麗になっているので、あくまでも「3D機能「も」付いている、DSの新しい機種」という認識が正しい気がします。

 それでも3Dは魅力的ですし、DSのソフトも遊べるので、完全に買って損は無い商品だと思いますよ!

 特に自分のような、ずっと初代DSを持ち続けていたような人間からすると、DSiやLLを買うなら、3DSに買い替えるべきだよな・・・と。


 ・・・ただ大きな不満としては、バッテリーの持ち時間が短いです。

 フル充電から約3時間で「バッテリー残量が少なくなっています」的な注意が出るのはさすがにもちっとなんとかしてほしいかも。

 まあでも、公式サイトによると、3DSじゃない、普通のDSのゲームを遊ぶ時はもっと充電が持つ、と書いてあるので、3Dをオフにすればもちっと長持ちかも?

 
 あと、以外とすぐに指紋が付いたりして汚れてしまうので、明日保護カバー買ってきます。

 

 一緒に買うべきか悩んだのですが、まずはノーマルの状態でやってみようと思って買わなかったのですよ。

 けど、黒なのでほこりや汚れがわりと目立つ・・・これは買わねば。

 とまあ色々書きましたが、個人的には買って満足しています!

 ゼルダとパルテナが楽しみ。


―――――――――――――――――――――


・本日のアニメ一言感想。(ネタバレあり


『カードファイト!! ヴァンガード』 8話 
 あのメガネの「攻撃ィ!」ってセリフが妙にツボでした(笑


『ジュエルペット てぃんくる☆』 48話
 学校での祐馬くんと あかり のいちゃいちゃは悶えます!
 そして、ミリアとの友情はウルウルと・・・良い話ですよ…!
 って、まさかの少年漫画のような引きを見せるラスト!続きが気になります!


『バクマン。』 21話
 コージィの歌もちゃんと作ってるんですね(笑
 けど、その遊び心は好きです。


『テガミバチ REVERSE』 21話
 ん~・・・そうなると、敵が一気に小物っぽくなるので、なんだかなぁ…。
 まあ、実は敵側が正しい、という話は難しいとも思うのですが。


『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』 8話
 冷静に考えると、このメンバーで彩葉が一番 恋人に遠い位置に居るような気がします(笑
 最近は完全に近藤先輩の一人勝ち状態!


『とある魔術の禁書目録<インデックス>Ⅱ』 20話
 アクセラレータさん・・・そりゃあやり過ぎなんじゃあ・・・と思いつつも、敵は殺すつもりで来ているので、手を抜く義理もないっちゃあ無いよなぁ・・・と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・特になんもなしです!

     ではでは本日はこれにて。

|

『魔法少女まどか☆マギカ』8話…!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『魔法少女まどか☆マギカ』 8話
 「あんたに借りは作らないから、これでチャラ」

 ・・・さやか・・・それは意地を張り過ぎのような…。
 そこは甘えても良い場面ですよ!
 杏子もそんなに悪い子ではないと解っているのだし!

 ・・・さらに…

Mamama1
Mamama2

 「だったらあんたが戦ってよ…」 
 それは・・・・・それは言ってはいけないセリフだよ・・・・・。

 「アタシの為に何かしようって言うなら、まずアタシと同じ立場になってみなさいよ…無理でしょ?当然だよね…ただの同情で人間やめられる訳無いもんね!」 
 
 ああもう・・・・・壊れていく。
 さやかが、日常が、友情が・・・・・世界が壊れていく…。


Mamama3
 
 「何でも出来るくせに、なにもしないアンタの代わりに、私がこんな目に有ってんの。それを棚に上げて、知った様な事言わないで」
 ちょっと待とうよ、そこまでせ言っちゃあ言い過ぎですよ…。
 後で、その言葉を悔いて泣くくらいならなおさらに・・・ですよ。

 ・・・・・にしても、こういう展開になるようにキュゥべえが狙ってさやかを追いつめたのだとしたら・・・・・と考えると恐ろしい…。

 そんな中・・・・


Mamama4

 「上条君に・・・お話したい事が有りますの」
 告白・・・なのか、それとも実はやっぱり さやか を応援していて、お節介をやきに来た・・・・のか…。
 後者で有って欲しいような、この後の展開考えると、それで上手くいってもむしろ結局は絶望的なような!

 それはそれとして。

 ほむら から差しのべられた救いさえも払いのける さやか…。


Mamama5
 
 「魔女に勝てない私なんて、この世界には要らない…」
 そりゃあ自虐が過ぎますぜ…。

 「そうやって、あなたはますます まどか を苦しめるのね…」

Mamama6

 「私はあなたを助けたい訳じゃない、あなたが破滅していく姿を、まどかに見せたくないだけ」 
 「これ以上、まどかを悲しませるくらいなら、いっそ私が、この手で…今すぐ殺してあげるわ…美樹さやか…!」
 けどそれは逆に言うと、さやか の存在がそれだけ まどか にとって大きく意味のあるものだという証拠な訳で……大事な友達がいる。自分の為に泣いてくれる人がいる。それは世界に必要とされているという事と同じじゃないのかい?

 ・・・にしても、ほむら のまどかに対する想いも相当なものが有りますね・・・・・どんな理由が有るのでしょう…?

Mamama7

 なんて思っていたらスタングレネード!
 武器のチョイスが渋いです ほむらちゃん。

 ・・・・・んで、電車内でのホスト風の男二人のセリフがクズ過ぎる・・・・・。
 そいつらは本当に殺しても良いんじゃなかろうか。


Mamama8

 「その人、あんたの事が大事で、喜ばせたくて頑張ってたんでしょ、あんたにもそれが解ってたんでしょ、なのに犬と同じなの?ありがとうって言わないの?役に立たなきゃ捨てちゃうの?」

 「ねえ、この世界って守る価値あるの?私、何のために戦ってたの?教えてよ・・・今すぐあんたが教えてよ……

Mamama9

 でないと私―――」
 ぬあーーー待って待って!そいつらは殺しても良いから、堕ちるのは待ってーーー!!
 そんなクズの為に人間をやめる必要なんてないんだよ!

 一方その頃、まどかに迫るキュゥべえの魔の手・・・。
 

Mamama10

 「まどか、君は、望むなら・・・万能の神にだってなれるかもしれないよ」
 
 「私があなたと契約したら、さやかちゃんの体を元に戻せる?」

 「その程度、きっと造作も無いだろうね。その願いは君にとって、魂を差し出すに足るモノかい?」 


Mamama11

 「さやかちゃんの為なら、良いよ。私、魔法少女に―――」
 ダメだって まどか!それだけは絶対に・・・・・って、


Mamama12

 突然の銃撃!
 ナイスタイミングほむらちゃん。

 まあどうせキュゥべいは死なないんだろうけどもさ!

 ・・・・・ただ…


Mamama13

 「役に立たないとか、意味がないとか、勝手に自分を粗末にしないで、あなたを大切に思う人の事も考えて…!」
 「いい加減にしてよ!あなたを失えば、それを悲しむ人がいるって、どうしてそれ気付かないの?あなたを守ろうとしてた人はどうなるの!?」
 
 今までクールだったほむらの感情むき出しの言葉と涙は心に染みました・・・!

 けど確かにその通りで、仮にこれで さやか を救えたとしても、代わりに まどか や、まどかの周りの人たちが悲しむことになるだけの話で。
 それはただ単に、悲しむ人と場所が変わるだけで、悲しみが消える訳ではない・・・んだよなぁ…。

 ・・・で、キュゥべえやっぱ普通に生きてるし。
 つーか食ってるし!
 どういう仕組みなの?
 本体は他に居て、表に出てきてるのはあくまでも分身とかそういうモノ…とか?
 もしくは、実態はそもそも無くて、意思のような存在で、形は借りものに過ぎないのか・・・。
 

Mamama14

 って可愛いなくそぅ!(笑
 なんだよその動きっ!

 ・・・で、「時間軸」「運命を変える」って事は、つまり ほむら は未来から来た・・・って事ですよね。
 そしてそこで「何か」が有って、その運命から まどか を救いたい・・・と。

 「キュゥべえ……いいえ…

Mamama15

 インキュベーター」
 そして明らかになるキュゥべえの正体…。

 インキュベーター・・・・・直訳すると「孵化機」もしくは「保育器」ですね。 

 つまり、それは―――――


Mamama16

 「この国では、成長途中の女性の事を、少女…って呼ぶんだろう?―――だったら、やがて魔女になる君たちの事は、『魔法少女』と呼ぶべきだよね」  
 キュゥべえの目的は、魔女を生み育てる事……!

 そう言う事か・・・・・!

 となると、わざわざ魔法少女を生みだして魔女と戦わせていたのは、より強い魔女を生み出す為・・・だったのでしょうか。
 成長途中の魔法少女に負けるような弱い魔女ならいらないよ…と。

 そして見つけた、最強の魔女候補…それがまどか・・・・って事?

 うわーもう…なにこの続きが気になって仕方ない感じ!
 すげぇ・・・完全にやられてます。

 面白い!


――――――――――――――――――


・一言感想。


『Rio RainbowGate!』 8話
 まさかのスターフォース(笑
 ・・・にしても、リナの怨みに関しては、リオの母は悪いかもしれんけど、リオは別に悪くないだろうに・・・と。


『GOSICK―ゴシック―』 8話
 ・・・なんだろう、一応推理物なのに、謎解きの場面になると別に面白くないってのは有る意味斬新ですね(笑
 日常の場面は圧倒的に面白可愛いのに!
 ・・・ただ、崖から落ちそうな九城をヴィクトリカが一人で支えるのはどう考えても無理があるんじゃないかと思ってしまう・・・・・感動的なシーンではあるのですが、それが気になっても一つ感情移入しきれなかったです。
 出来は良いだけに惜しいです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・3DSがついに今日発売!

 まあ、まだAM3時とかなので手に入れてませんが、寝て起きたらすぐに買いに行きます。

 予約済みですしね!

 楽しみすぎるっっっ!!!!


 と言いつつ、「マヴカプ3」もまだまだ面白いので、どっちに比重を置くか難しそうです。

 そう言えば、アップデートが有って、ネットのマッチングがちょっと早くなった気がします。
 それは良いのですが、試合前に表示される勝敗の数字や勝率の表示が実際と違うものが出るようになってしまって、なんか変な感じに…。

 特に、負け数が凄く少なく表示されるようになっていて、その勝率でそのランクはおかしいだろう・・・と。

 最初の頃、とにかく好きなキャラだけを使って負けまくりで、勝率が10%程度にまでなってしまっていたのですが、ウルヴァリン・シーハルク・モリガンのメンバーになってからは勝率も回復して、ようやく40%にまで巻き返してきていたのに、違った表示ではいきなり80%越えになっているので、ちょっと待て、と。

 試合後の表示は正確なんですけどね。

 まあ、それもそのうちアップデートで治るでしょう。

 ・・・・ただ、ダウンロード追加キャラはいつ出るのだろう…っていうか、発売日以降公式サイトと公式ブログが全く更新されないのはどういうあれなんだろう…?

 発売から一週間経ってもなんのアナウンスも無いってのはなぁ…。

 まあ、公式サイトは、ゲームの内容的にも発売されてしまえばそんなに更新する事も無いとは思うのですが、公式ブログは更新しても良いのではないかと。

 同じカプコンの格ゲーでも、「スト4」とかは定期的に更新されてますしね。

 なんにせよ、まだまだ楽しめそうではあるので、期待してますよ!

 ・・・にしても、シーハルク結構強いと思うのだけど、使ってる人全然見ないなぁ…。
 コンボダメージも結構良いですし、しゃがみ強のリーチの長さで接近や反撃もしやすくて、投げ技でガードも崩せて……良いキャラですよ!

 ・・・・飛び道具キャラに対する対抗手段がかなり乏しいのが最大の弱点ですが…。

 そういう意味では、自分の使ってるキャラはどのキャラもそうなんですけどね。

 ちなみにモリガンは、二人に分身するゲージ技が強いです。
 3ゲージ技の方じゃなくて、1ゲージの、前後から攻撃出来るやつです。

 ソウルフィストを出すと、時間差で二発出るのでガードさせれば近づきやすくなりますし、近づいてからは、立ち弱(下段)と飛行からのS(中段)の二択で崩して、そっからコンボ・・・ではなく、立ち弱・中・強を2セットヒットさせてから、再度二択をしかけます。
 強をヒットさせるとわりと距離が近づくので、中段が入りやすいのです。
 さらに、分身で挟んでいるのであまり距離が離れない、ってのがポイント高いです。

 最後の一人がモリガンの場合は、Xファクターと組み合わせると一気に勝負を決められる事も有るので使えます。

 まあ、通常状態の立ち回りは決して強いとは言えないんですけどね(笑

 けど、あえてビーム系飛び道具キャラが一人もいないこのメンバーでやってやりますよ!

 と、無駄な意地を発揮してみるのでした。


 センチネルとダンテの組み合わせにはほんと心折られそうになりますが・・・・アシストガードさせてからの瞬間移動は対応が無理すぎる…。
 初段ガードしても、もっかいそこから瞬間移動での崩しが間に合うくらいのガード硬直なんだもんなぁ…。

 まあでも使わない!

 このメンバーでやってやるともさ!

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『放浪息子』6話。

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『放浪息子』 6話
Hourou1

 ユキさん・・・なんというイケメン!
 まあ、だからこそ女の格好でも美人なのでしょうけれどもね。

 ・・んで、過去回想を見て、そう言えば親との関係とかどうなってるんだろうなぁ・・・と。
 原作ではその辺の事も語られたりしてるのでしょうか。
 もしくは今後の話で?

 う~ん・・・なんによ、アニメが終わったら原作読もう。
 けど、その前に「青い花」読みたい。ただ、近所の本屋に置いてないんですよね…通販だと、一冊ずつ買うのは面倒なのでまとまったお金がない時には買いづらいですし・・・・どうしたものか。

 閑話休題。


Hourou2
 
 「千葉さんったら!」
 「かっこいいかっこいいかっこいいかっこいい!」
 
 ここからずっとオフセリフで叫び続けるちーちゃんがツボです(笑
 千葉紗子さんが相変わらずの良い芝居!


Hourou3

 ただ、絵的には普通に可愛い女の子にしか見えないので、もちっと男装らしさを出す絵を見せて欲しかった気もしますが、あくまでも文化祭のレベルなのであまりリアルに魅せ過ぎない、という意識も有るのかな?と。
 
 あと、この右のメガネおさげちゃんの声が寿 美菜子さんだとは、ご本人のブログを見るまで気付かなかった未熟な自分のダメ絶対音感なのだった。

 それはそれとして。

 あの無礼なメガネは誰かが一度ぶん殴っても良いのではなかろうか。

 というか殴るべきだ。殴れ。殴る!

 なんて思っていたら…


Hourou4

 ポッキーで喫煙のまねごとをする二鳥姉が妙にツボでちょっと笑いました。 
 「不良ウェイトレスだからいーんだもーん」
 不良といえばタバコですか(笑


Hourou5

 そして麻衣子ちゃん登場。
 なんという ぽやんぽやんボイス!好みです。

 って、高部 あい さんじゃないですか!
 「青い花」との繋がりも有ってのキャスティングでしょうか。
 なんか最近あまりTVで見ないのですが……もうこの際、声の仕事を増やしてくれれば良いのに・・・・と、「青い花」で完全に好きになった人間が言ってみるのでした。
 ラジオもすげぇ面白かったですし!
 ちなみに儀武さんを好きになったのもこのラジオでした。個人的に「青い花」の影響は色々大きいですよ!

 ・・・って、まあその話は置いといて…と。


Hourou6

 「あ~思い出しちゃうわぁ・・・女子トイレ、無理やり閉じ込められてさぁ…あ、掃除用具入れ!これにも閉じ込められて…」 
 思い出話が重いよユキさん!(笑


Hourou7

 そんな中、さおりをお化け屋敷に誘ってOKを貰ったちーちゃんのガッツポーズが作画的に素晴らしいです。
 机の陰に隠れる小さい作画なのに、手間かけてるなぁ・・・と。

 ・・んで、
 「一言多くて無神経で、反吐が出るわ」
 無神経メガネに対する さおり のズバっとした一言が気持ちいいです!
 もっと言ったったらええ(笑  

 そして、お化け屋敷の絶叫から、出てきて麻衣子ちゃん見つけてマジ絶叫なちーちゃんは、間とテンポが見事で笑いました!


Hourou8
 
 「愛してます!」 
 ここの声の裏返りっぷりとかも好きだなぁ・・・・・・どんだけ千葉紗子さん好きなんだ自分(笑
 昔は、元々アイドル的な所から出てきた人なので、どちらかというと外見の可愛さが目立っていたのですが、「ノエイン」の頃から純粋に演技に惚れたのですよ。


Hourou9
 
 「安那ちゃんはイジワルっぽいからキラーイ」 
 あははは!本人目の前にそんなこと言ってしまうのが実にちーちゃんで素敵です。


Hourou10
 
 「今なんつったテメェ!」 
 安那ちゃん、地が出てますよ(笑
 にしても、ここも良く動いてるなぁ・・・・ほんと凄いですこのアニメ。

 
 ・・・んで、ついに始まる芝居本番!


Hourou11

 の一方で、騒ぎになると悪いからと帰る三人。
 「私ら じゃなくて私でしょ?」 
 麻衣子ちゃんは腹黒キャラでした(笑
 けど、それはそれで好きだ!
 ここもまた良い動きですし!


Hourou12

 芝居の場面は、演技の雰囲気とかが絶妙で、調子に乗って大げさな演技で笑かそうとする男子とか絶対いるよなぁ・・・と(笑


Hourou13

 名前交換のシーンでさりげに よしの を挑発する さおり にはニヤリです。
 「言ってやったわよ」的な表情ですこと!

 そして、舞台が終わりメガネ君に手を差し出すシーンなんかは、普通ならフラグ立ちそうですが・・・どうなんでしょう?

 その後の、花を渡して


Hourou14

 「少なくとも、アンタがジュリエットだ、って認めた人がいるって事」
 は完全に惚れます。
 それはつまり、さおり自身な訳で。それを言わないのもまた、らしいですしね。
 無礼メガネの持ってきた花が役に立ったのはなんか癪ですが(笑

 ラストは、学校から家族と一緒に帰る時の空気感とかが、凄い懐かしさを感じさせるというか…妙なリアル感で良い感じでした!


Hourou15
 
 「急がないと、反吐にまみれる…」
 今回は、最後まで さおりが素敵でしたし!

 相変わらずの素晴らしい出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『フラクタル』 6話 
 グラニッツをいくら良い人たちだと言ったところで、平気で人を殺していた事実が有る限り、そこには賛同できないのでどうにも違和感が有ります。
 なんか・・・・・この作品はどっか ちぐはぐな感じがするなぁ・・・・・決して悪い出来では無いだけに、惜しいです。


『I・S‹インフィニット・ストラトス›』 8話
 「買い物」発言は、そりゃあ殴られますよね、と(笑
 そして、その殴る場面と直後の蹴りは、この作品で初めて作画の面白さを最大限感じた瞬間でした!
 出来は良いけど動きの面白さには欠ける印象だったので、ああいう作画が入ってくると嬉しい限り。
 にしても、急にハーレム全開ですね!いやまあ、今までも十分にでしたが、フルメンバーじゃないですか。
 有る意味ここからが本格始動?


『夢喰いメリー』 8話
 ドーナツがプラスされた時のメリーさんの可愛さは半端ないですね!
 今回の作画好きだなぁ・・・と思っていたら作監が音地さんだったので大納得したのでした。
 ・・・って、今日のブログ作画の話しすぎだろうと自分で思った(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・アマゾンでリーネねんどろいどを見つけたので、名塚さん結婚記念にペタリ(笑

 ・・・まだ若いのにねぇ…。

 たくさんの幸せを祈る気持ちと、ほんの少しのコンチクショウを込めて、おめでとう、と言うのでした(笑


 つーか、声優さんとかって、結婚を発表してもその後の結婚生活を語らない人 多いですよね…。
 いや、名塚さんが今後どうなさるかは解らないですが。

 別にエロい意味じゃなくて、今日は旦那さん(奥さん)と一緒に出かけたよ!とかそんな話をしてくれても良いのになぁ・・・・と思うのですが…。

 ただまあ、昔、某声優さん(女性)が結婚した時、その方はブログで結婚生活について普通に語っていたのですが、有る時「ファンの人から、そういう話はあまり聞きたくないのでしないでほしいと言われたからやめます」とブログで発表して、そこからはそういう話が語られなくなった、という出来事が有ったので、つまりはそれなのか?とか思ったり。
 そういう声は少なからず確実に有るだろうから、最初から書かない言わないようにしよう・・・と。
 とはいえ、このケースは結婚相手も声優さんだったので、そっちのファンの人の気持ちも有って、両方からだから声が大きくなったのか…?とは思うのですが。

 個人的には、そういう話聞きたい、と思うのですけれどもね。

 どうせ結婚したのなら、思いっきり幸せになって欲しいと思うので、そういう話を全然しないでいると、はたして結婚生活は幸せなのかどうか解らず、不意に不安になる事が有るというか…。

 たとえば、凄く好きだった人が結婚した時には、どうしたって、なんだよチクショウッ!って気持ちも、やっぱり多少は有る訳です。
 けれど、結婚まで覚悟したからには、もう最高に幸せな人生を送って欲しい、というのも本心なのですよ。

 もし離婚したとしても、それを聞いて「よっしゃあ!離婚よっしゃあ!」とはならないですし(笑

 なので、たまにで良いので、幸せですよ、と言ってくれると、「ああ・・・自分の好きだったあの人は、今も幸せなんだな」と思えるので、凄く安心するというか・・・・・そんな感じなのですが・・・変ですかね?

 ・・・・っていうか、文字にするとすっげぇ綺麗事言ってる気がしますね(笑

 まあでも、本心です。

 とはいえ、彼氏がいてラブラブです!みたいな話はしてほしくは無いですが(笑
 あくまでも、結婚したら、という話です。
 そこまでいったらそりゃあもう、こっちも覚悟を決めて応援する!という話ですから。

 ・・・・つーかなんの話だろこれ?

       なんて言いつつ、本日はこれにて。 

|

2月24日のアニメ一言感想。(ネタバレあり

『イナズマイレブン』 120話
 ゴッドキャッチか・・・あんま名前が格好良くない(笑
 けど、必殺キーパー技はキャッチする方が良いとは思っていたので、その意味では楽しみです。
 ・・・ただ、今回のラストカットの円堂のポーズが凄いダサイ気がしてならない(笑
 なんか昔の漫画とか青春モノで、ラストにジャンプして終わる時みたいな格好でしたよ!
 あえてそこを狙っているという可能性も有りますし、だとしたら確実に面白かったんですけどね!
 

『これはゾンビですか?』 7話
 よし、とりあえず歩は日傘を買おうぜ(笑
 そして、新キャラ友紀が可愛い。ボーイッシュキャラが出てきていきなりデレるのは、もちっとタメてからの方が・・・とも思いますが、それでも完全に可愛いという事実。
 あと、エロメガネを届けに来た女の子もわりとツボだったり。
 っていうか、エロメガネとは・・・・また弩直球なアイテムですね!(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・あ、「イナズマイレブン」はもう来週から夜7時からになるのですね。

 気をつけないと…!

 「ダンボール戦記」も楽しみですしね!


 なんて言いつつ今は、テレ東で再放送中の「マジすか学園」を見ています。

 本放送の時は見てなかったですし、再放送も特に見るつもりは無かったのですが、「おねマス」見てそのままにしてたら始まって、なんとなく見ていたら実は面白かったという罠。

 ここ何週間かこのパターンで、結局今となっては意識的にみているという。

 この作品での まゆゆの可愛さは異様にツボに入って困ります。

 普段はそんなにツボでもないのになぁ・・・いや普段も可愛いとは思いますが、個人的なタイプとは違うのですよ。
 なのに、なぜこのドラマではこんなにも…?

 つーか、AKBを好きになりそうになるきっかけが今や世の中にあふれていて、その誘惑に負けそうになる・・・・が、踏みとどまる。を繰り返す日々です。

 ただまあ、こうして意識してる時点でもはや負けのような気もしているのですけどね(笑

 まあそれはそうと、ドラマは普通に面白いので、4月スタートするという「2」も見ます。

 ・・・・そう言えば、前も同じパターンで「怨み屋」の再放送を見てしまったなぁ・・・・テレ東ドラマはマイナーだけど意外と面白い作品が多いんですよね…。

  
 ・・・って、4月からテレ東のゴールデンタイムで「24」のファイナルシーズン放送するんですか?

 よし、見よう。

 レンタルで旧作や準新作になってきてたので、そろそろ借りるかと思っていたのですが、まずはTVで見て、我慢できなくなったらレンタルします。


 ―――いやぁ・・・・駄文垂れ流したなぁ…(笑


 駄文ついでに言うと、「マヴカプ3」を毎日やっているのですが、どう考えてもセンチネルだけが異常です。
 センチネルの存在がゲームバランスを壊しているという事実。

 普通に戦っても、ジャンプSと立ちS連打されるだけでキャラによっては何も手出しができず、一発当たればそこからコンポで6割、二回くらえば死、ガードを固めてもコマンド投げまで有るし、ゲージが有れば削られて終わりだし…。

 しゃがみ強攻撃の判定もなんか変だしなぁ…。

 さらにはアシストでも、αのアシストが異様に強く、画面のかなりの部分をカバーする飛び道具が3発出て、当たるとかなり余裕を持って追撃出来るうえに、ガードしても結構長い時間固められるので、崩し放題の状況。

 簡単に上下でゆさぶれるうえに、テレポートの有るキャラは裏表の選択肢まで加わって、もはやガードさせれば勝ち位の酷さ。

 アシストを止めるためにセンチネルに攻撃を加えても、一発でも出ていればそれは消えないので、攻撃の途中でそれをくらい、そこへプレイヤーキャラの追撃から体力半分余裕で持っていかれる・・・・・・なんだこれ。

 まあ、ウルヴァリン・シーハルク・モリガン、というメンバーな自分も悪いのですが(笑

 いやもう、あまりにも強キャラ使えば強い、勝てる、というゲームになり過ぎているので、そこに対抗してやるぜ!と・・・・・。

 そして結果は、勝率ほぼ3割な訳ですが…。

 どうするかなぁ・・・・・・つまらなくても勝利優先で強キャラ使うか、動かしていて面白いのを優先するか…悩むところです。
 と言いつつ、ウルヴァリンは割と強キャラですが。

 けど、やっぱり飛び道具の強いゲームなので、そこに対抗できるキャラが欲しいです。

 と考えた結果、なぜかC・ヴァイパー練習中(笑

 いや、Sサンダーが、飛び道具打ち消しながら突進するので、いけるか?と。

 そんな訳で、ただいまコンボ研究中。

 中段にアシスト絡めて追撃出来るようにならんもんかな…。

     なんて言いつつ、本日はこれにて。
     心底駄文で申し訳ない。

|

『君に届け 2ND SEASON』7話…っ!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『君に届け 2ND SEASON』 7話
 「それじゃあ、あとでジョーに飲ませてみるとか」
 ジョー・・・不憫…では有るが、実は結構幸せな位置なんじゃなかろうか!

 ・・・にしても風早…

Kimitodo1

 「フラれた…」
 いや、そ・・・えぇ?そういう解釈・・・になるのか、そうか…。

 「俺との仲、誤解されたくないみたいだ」
 「俺が黒沼にしてきた事はみんな気を使ってしてる事だ、って思ってるみたいだったから」

 そうか・・・・・いやま・・・うん…そういう解釈も出来ないではないけど・・・・・あまりに勘違いが横行するので、ちょっと無理が有るくらいに思ってしまう感も有りで。


Kimitodo2

 「あのアマ…!」
 これはもう、くるみちゃんに何とかしてもらうしかないようです。
 ただ、「アマ」とか口が悪いですよ くるみさん!っていうか、今でも普通に言うんだ、「アマ」(笑


Kimitodo3
 
 「一緒にしないで」 
 「爽子ちゃんなんかライバルじゃないよ」 


Kimitodo4

 「私が、フラれたから…?」 


Kimitodo5
 
 「・・・・・戦ってないからでしょ…!?」
 「風早を傷つけるからでしょ!?」  


Kimitodo6

 「―――鈍感だからでしょ!?」
 まったくもってその通りです。


Kimitodo7

 「あんた、風早の何を見てんのよ!」
 「私と一緒だなんて、思わないで…!私は、ちゃんと伝えたもの…


Kimitodo8

 振られたけど、ちゃんとまちがいなく伝えた…・・・一緒にすんなっ!」

 そりゃあまあ、くるみ としては納得できないのも当然だよなぁ・・・と。
 自分がフラれた相手と両想いで有りながら、好きだとも言わず、逆に言われたのにそれにちゃんと応えるでもない…ってのは、怒っても当然ですよ。

 ・・・・なんて、シリアスモードの中、夜中に出かけたいという爽子に、最初は良い顔をしてなかったお父さんが、「かりんとう」と聞いた途端に態度が変わったのはどういう理屈なのか解らないけどなんか笑いました(笑

 あと、お母さんの思い出話が妙にシュールなんですけど!
 のこぎり でシイタケを・・・?
 謎は深まるばかりです。

 それはそれとして。


Kimitodo9

 爽子と千鶴の仲直りシーンは微笑ましかったです!
 そうですよ爽子、言葉を伝える事、思いを言葉にする事には、とてもとても意味が有るのだと、気付こうぜっ!


 それにしても・・・・


Kimitodo10

 建人の空気の読め無さ半端ないなっ!

 あのタイミングで風早登場は、なんかもう!

 ・・・・けど、受け取りようによっては、これによって風早が、爽子は自分の告白の意味を勘違いしている、と気付くきっかけに・・・・・・・はならないのかなぁ・・・どうなんだろう。


Kimitodo11

 まあなんにせよ、建人は一発くらい殴られても文句は言えまいて。
 くるみさん、ナイススナップなビンタです!


Kimitodo12
 
 「爽子の為…?自分の為だろ!?」
 「俺はイイヤツだ、って自己満足の為」

 そして、さすがのあやね姉さん。ズバっと核心を突いてくれます!

 建人も悪いヤツでは無いのでしょうが、どんな親切でも、それによって相手が幸せにならなければ意味が無い訳で。
 そのためには、あえて何もしないで見守る我慢も、優しさで。

 んんん~~~にしても、そろそろ我慢の展開も限界っぽいのでその先を見せて欲しいです!
 この遠回りが感動につながる展開を見せてくださいっ!

 お、DVD2巻のジャケ絵が妙に可愛いです。
 ・・・けど、この前「別マ」の付録DVDで0話見たのですが、地デジで見た後にDVDで見ると、あからさまにDVDの方が画質悪いですよね…。
 そうなるとあんまり買う気がしない・・・のは画質にこだわりたがるオタク思考なんだろうか・・・どっちにしてもBD出しましょうよ…。

 そして、アニメのキャラたちによる名曲カバーアルバムが出る様子。
 こういうの最近の流行ですが、この作品では意外だったなぁ…。
 キャラ達がカラオケに行った設定で、ドラマCDでありカバーアルバムであり、という構成らしく・・・・・どっかで見たこと有るパターンですね(笑

 ただ、爽子(能登さん)の『圭子の夢は夜ひらく』はドンピシャ過ぎてズルイ。
 「十五、十六、十七と、私の人生暗かった」でお馴染の名曲ですよ(笑

 それだけはちゃんと聞いてみたいです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・デジモンは録画したけどまだ見てないので、感想はまた後日。

 ・・・っていうか、4月から日曜の朝6時半になるとVジャンプで見ましたが・・・なんというあからさまな左遷…。
 残念です。

 まあでも打ち切られないだけ良いという事で納得します。


――――――――――


・それと・・・「俺の妹がこんなに可愛い訳がない」のTV未放送ルート見ましたよ!

 思った以上にTVアニメと同じ部分が多かったです(笑

 けれど、後半からのルート分岐!

 そしてラストの黒猫・・・・・!

 これは次からの話が超絶気になります!
 黒猫ルート・・・という理解でOKですか!?

 3月末の13話が楽しみです。


―――――――――――――

・他には・・・・そう言えば、気付けばもうすぐ3DSの発売日ですね・・・・今週末にはもう手に入る・・・!
 よし、明日貯金を引き出してこよう。
 
 当日になって何かの理由で引き出せなかったら最悪ですしね。

 ・・・うむ、ワクワクですっ!

 同時購入ソフトは、今のところ「ウイニングイレブン」かなぁ・・・と。
 
 3月発売のソフトもそんなに欲しいものが有る訳ではないので、だったら同時発売の中でどれか一つ・・・と考えたらこれかな、と。

 3月末は「デドアラ」と「ブレイブルーCSⅡ」が有るので、ちょっと気にはなりますが・・・「ブレイブルー」を携帯機でやる気には特にならないなぁ・・・と。
 

 個人的には買うなら「デドアラ」かも。

 なんでも、3Dのキャラをいろんな角度から撮影できるモードが付いているという最近の「デドアラ」シリーズの流れも汲んでるらしいですし(笑

 それが3Dで飛び出して見えるってのは、場合によっては新しいエロス発見ですよ(笑

 まあそもそも格ゲー好きとしては、最近は格ゲー以外のゲームが目立つデドアラが原点に戻って格ゲーで出てくれるので、格ゲーとしての出来にも期待したいところなのですが・・・・・さてはて、どうなるやら。

 「ブレイブルー」も、3Dで飛び出すプラチナ、ってのも気にはなりますが。
 ・・・というか、「ブレイブルー」はそもそも飛び出すのだろうか…?その辺の情報が良く解らない。

 PSPでも出るらしいですが・・・どっちが良いのでしょう?
 
 まあ、3DSはPSP(UMD)を少し超えるくらいの容量が入るようになっているという話なので、どちらも映像的には変わりないと思うのですが・・・・PSP版の方が特典は豪華っぽいのが気になります。
 3DSの特典は漫画で、PSPはドラマCDですもんね・・・どう考えてもPSPの方が主力じゃないですか。

 つーか、PS3版の「CS」でプラチナがダウンロードコンテンツになるって話はどうなっているのだろう…。

 アークの事だから、携帯機版が出てから1、2か月後くらいに出します、って告知して、それまで待てない人は携帯機版をどうぞ、的な売り方しそうだよなぁ・・・・とか。

 ファンサービスを第一に考えるなら、携帯機と同時期にダウンロードコンテンツも配信ってのが理想ですが、商売を考えたらそうではない・・・と思われ。

 色々見守っていきたいです。

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『レベルE』7話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『レベルE』 7話
E1

 どう見てもドラクエです。

 ・・・で、敵を倒した時のメッセージが…

 『まもののむれ をやっつけた
 それぞれ9のけいけんちを てにいれた
 10ペリカ てにいれた』

 通貨単位はペリカかいっ!
 ここは地下ですか?(笑
 まあ、無理やり連れてこられて帰れないという意味では似てなくもない・・・のか?

 そんな中、一行はようやく城に到着。

 「見知らぬ小学生にいきなり悩み事を打ち明けるか?」
 「雑なシナリオだな」
 
 手厳しいご意見(笑
 けど、RPGって割とそういうものですよ! 

 それはそれとして。

 「僕がどうして君たちの好きな子の名前を聞いたと思う?」
 
 ああっ!アレはただ単に嫌がらせとかじゃなくて、ここで活かす為の伏線―――


E2

 じゃなかったぁぁぁーーーー!!!

 あははは!何やってんですか王子ぃ!


E3

 そして炸裂グーパンチ!
 そりゃあそうなりますよ!

 ナイスパンチ!

 「あなたたちの好きな子を使うと思わせておいて、私が出て行ったらビックリなさるだろう思いまして…」
 「なるほど、確かにびっくりした」

 本当にそうですよ!


E4

 「でも、ああ・・・これでみなさんをびっくりさせられますわ、と思いましたら、他の事は…もうあんまり」 
 この人は本当に高いIQを持っているのだろうか(笑

 「つまり、あなた方は魔王を倒さない限り、この星から出られないって事ですわ!おーっほほほほ!」


E5

 「それはお前も一緒だろうがーー!」

「―――――――――はっ!」
 気づいた!今!


E6

 「おそーーーい!」
 やっぱり王子、頭悪いんじゃあ・・・?
 っていう子供たちよ、王様を武器にしてはいけないよ(笑
 

 ・・・んで、
 「ルチ将軍のレベルは1300だ」 
 上限はいくつなんですかそれ!
 ディスガイアかっ!

 なんて言っている間に、製作者の王子の手を離れて独自の道を歩み始めたゲーム世界!

 ・・・の中で活躍するカラーレンジャー!


E7

 この辺りの作画は妙に良い動き!

 敵が爆発の寸前にだけどう見ても人形になっているという昔の特撮的な小ネタは芸が細かいです!

 っていうか、技名が早口言葉になってるのは王子の嫌がらせなのか、声優さんに対するアニメスタッフのいやがらせなのかどっちでしょう(笑

 それはそうと、新婚初夜をあれやこれやでスルーされて、結局放置プレイな ルチ将軍は気の毒な気がしてならない!


E8
 
 あと、この女教師王子が妙に綺麗でなんかムカつく(笑
 

E9

 お、このボードから降りる場面は、1話とかの頃から番宣で使われてましたよね。
 1話の頃にはもう7話の映像が完全に出来てたと考えると、結構余裕あるスケジュールで作っているのかも?

 それはそれとして。


E10

 魔王が良い子だった!
 というか、王子の外見はしおらしくしていれば完全に可愛いな。

 うむ、魔王がまともな思考を持って良かったですよ!

 これで解決して―――

 「ぼくは反対だな」
 「これではこのゲームの真の目的が達成されないからだ」
 「君たちが安全、かつ真剣にもがき苦しむさまをみて僕が楽しむ事だ」
 

 ・・・・・・・王子ぃ…。

 「三日ぐらい寝なくても全然疲れない粉や、嗅ぐだけで絶頂に達するお香も有る!」  
 それたぶん安全じゃないやつでしょ(笑

E11

 「五人の色と力を合わせると、ゴールデンパワーになってレベル1でも凄い力が出せるのだ!」 


E12

 「ほほぅ、それはどんな呪文だ?」


E13

 「倒したいやつを指差して、ゴールデンハンマーと唱える。すると正義の鉄拳が、たちまち―――」


E14

 「「「「「ゴールデンハンマー!」」」」」
 

E15
E16

 あはははは!見事なまでの自業自得!

 そして流れるカラーレンジャーのテーマ!
 歌い手が子供たちに変わってるし!

 
 さてさて、これで本当に一件落着――――


E17

 な訳は無かった!
 「ゲームを続ける限り、教室に五人そろうと惑星カルバリに逆戻りしてしまう事には、残念ながら気付いていなかった」 

 なんというループ!

 しかも・・・・・


E18

 「再び五人が惑星カルバリにワープしてしまった時、待ち受けていたのは、大魔王となり星を支配しつつある王子であった!」

 なにやってんだ王子ーーー!!!

 いやぁ・・・見事に笑いました!
 完全に面白かったです!

 ・・・・・んで、EDのテロップ……

 『   王子
  アパレル姫     浪川大輔』

 ってなってましたけど・・・・・いやそれ1役ですから(笑
 なにを2役っぽく書いてるんですか!

 細かい所にまでネタを仕込む遊び心も素敵で、良い出来でした! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『みつどもえ 増量中』 7話
 みつば・・・汗出過ぎでしょうに!
 プールカーリングの話といい、何キロ有る設定なんですか(笑
 っていうか、次でもう終わりか・・・・8話はやっぱり少ないですよ!


『ドラゴンクライシス!』 7話
 炎をまとった探険で、飛び上がって攻撃する時の作画がダイナミックな動きで素晴らしかったです!
 ・・・にしても、ストーリーも作画も悪くないのに、なんでイマイチ楽しみきれないんだろう……演出というか、テンポが、感情の動きを待ってくれないというか…みてる側の感情を引っ張ってくれないので、どうにも付いて行きづらいんですよねぇ……。
 じっくり見せてくれれば心にしみる場面も、ポンポンと抑揚なく進んでしまうので、感動してる暇が無いのです、良くない意味で。
 なんか色々惜しくてもどかしい・・・・面白くなりそうなのに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・あ、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の、TV未放送ルートが明日…というか日付的には今日から配信開始とか!

 素直に楽しみです!

 みるぜ~ちょうみるぜ~。


 ・・・みのりん名セリフを書いて思い出しましたが、最近「とらドラ!」の感想に妙にアクセスが集まってるんですよね・・・特に最終回の感想なんて、1日10ヒット以上する事も普通に有りますし、毎日のように5以上有ります。

 こんなマイナーブログでは、昔のアニメの感想なんて、大抵は有っても1日1、2ヒットくらいなのに、「とらドラ!」だけが妙に多いのはどういう理由なのでしょう…?

 しかも、どっかからリンクが貼られてるとかじゃなくてほぼ検索ですし。

 いやまあ名作なので時間たってから見る人も多いでしょうし、そういう人たちが感想を検索しても不思議は無いですが、にしても多いなぁ・・・と。

 せっかく書いた感想なので読んでもらえるのは嬉しいのですが、不思議さも募るのでした。

 ・・・・・あ、でもそういえばたしか、このブログが初めて1日1000ヒットを記録したのは「とらドラ!」最終回の感想だったかも…?

 と思い、検索してみる。

 ・・・おぉ・・・グーグルで「とらドラ! 最終回」と検索すると自分のブログが1番上に・・・なぜだ!

 そして久々に読んだら、なんか最終回の感動を思い出してウルウルしました(笑

 ・・・で、翌日のブログを見てみたら、ヒット数は1356だったそうで・・・・すげぇ、今見ても奇跡みたいな数字ですね!

 それ以来無いんじゃなかろうかそんな数字。

 もう1回くらい1000超えた事が・・・・・有ったかな?確か。

 けど、最近は全然無いですねぇ……まあでも、200~300位が普通になっているのも、このブログ始めた頃には考えられない数字なのですけどね。

 そもそも最初の一年くらいはカウンター付いてなかったですし(笑

 初めて付けた頃は、50~60くらいでした、確か。
 50以下も普通でしたし。

 そう考えるとありがたい事です。

 継続が多少は力になっている・・・・・と良いのですが。

 なんにせよ、今後もぼちぼちやっていきます。


 ・・・って、いつの間にか思い出話になっている(笑

 駄文駄文。

      ではでは、本日はこれにて。

|

2月21日のアニメ一言感想。(ネタバレあり

『べるぜバブ』 7話
 ついに邦枝登場!待ってました!ようやく女子成分が補給できます(笑
 レッドテイルの女子メンバーも出ますしね。さらにジャンプ見たらキャストもツボでしたし、有る意味ここからが本番かと!
 それはそうと、あの男鹿の笑顔は怖すぎて笑いました!


『スイートプリキュア♪』 3話
 ・・・ん~…脚本が微妙過ぎる・・・。単純に、子供の事をちゃんと考えてない ようにしか見えない親父は好きになれないですし、ドアが壊れたくだりも、何の説明も無く壊れて直るっていうのはご都合主義にしてもなんか・・・と。
 作画を含めて映像的には割と好きなだけになんか残念です。


『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』 46話
 おおぅ・・・これはもう見事なまでに最終回が近い展開!
 ラストは、騙されたビビが悪いのか、騙した魔女が巧みだったのか・・・難しい所です。


『STAR DRIVER 輝きのタクト』 20話
 時計の中に彼女の写真が入っていた場面で一気に泣きそうになりましたよ…!
 ――けど、どうしても気になったのは、リーダーは何歳なんですか?(笑
 もっと凄い若いキャラだと思ってましたよ!もう結構な歳なのですね…。
 それはそうと、予告にサカナちゃんが!復活か?楽しみです!


『フリージング』 7話
 母・・・酷いよ母…。
 にしても、ピンチの状態から超覚醒で逆転は、さすがにベタが過ぎる気もする…。
 あと、会長学年1位だったんですか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・おなじみ「マヴカプ3」の話でも。

 レイレイをメンバーから泣く泣く外しました…。

 弱くても使いますよ!とは言ったのですが、想像以上だった…。

 コンボダメージは低いですし、立ち回りも微妙……なによりもダッシュが遅いのがこのゲームではわりと致命的です。

 コマンド投げ有るのに、ダッシュの始動が遅すぎるので不意を突いて近づく、という事が出来ないんですよね…。

 リーチはそれなりに長いですが、他にも、もっとリーチが長くて隙が少なくて、かつ、その牽制がヒットすればそこからフルコンボに持っていけるようなキャラが居る中では、牽制を振る事さえも危険すぎるというこの状況…。

 自分がもうゲームが凄まじく上手いのならまだしも、正直そこそこなので、そこそこの人間が強くないキャラ使うのは、相手が上手い人間で、強いキャラ使ってる場合に勝てるハズも無く。
 
 しかも、見事にこのゲームはキャラ差激しいですし。

 とにかく弱攻撃が当たればそっからゲージ技まで持って行って体力半分奪えるようなキャラが普通に居るんですもの……さらにそこからディレイドに繋がれたら、ゲージ二つでほぼ死ぬ、なんて事も…。

 もうちょっとゲームバランスを・・・と思わないでもないですが、マヴカプシリーズはわりと前からこんなんだしなぁ・・・・・。

 ただ、削りダメージに関してだけは、もちっと調整してくださいよ、という気がしてならないのだった。

 まあなんにせよ、ただ強いキャラを使って勝つのもつまらないと思うので、キャラ愛とのせめぎ合いで何とかやっていきます。
 なんだかんだ言いつつ楽しんでますしね!


          なんて言いつつ本日はこれにて。
                短くて申し訳ないです。

|

『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』7話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』 7話
 「ティッシュよし!財布よし!携帯よし!ハンカチよーし!準備、問題なし!」 
 わざわざ確認するほどの量じゃないでしょうに(笑

 そもそも、ティッシュもハンカチも別に無かったら無いで良いし!

 という訳で、AGEの面々と秋葉へ!という話。

 「俺なんかもう、5日も自家発電我慢してるぜ!」
 なんの報告ですかそれは(笑

 エロ収集の旅は、気持ちはすごい解ります!
 マニアックなエロ漫画の発売日に、何件も本屋を探し廻った思い出は一度や二度じゃあないんだぜ!(笑


Anisuki1
 
 「もう、バカみたい!私に言えばいつでも無修正を見せてあげるのに!」 
 それはそれで見たいけど、それとはまた別だという事を彩葉は知るべきだと思う!
 っていうか、思春期の頃に無修正を見てしまったら、たぶんいろんなモノがそこで終ってしまう!
 まあそれはそれで幸せなのかもしれんけども!


Anisuki2

  「グッジョブお兄ちゃん!お兄ちゃんは今最高に輝いてる!――――鈍く!」 
 でしょうね!

 ・・・んで、秋葉のあちこちに有るポスターとか看板が、気になる。
 「キスシス」と「ヨスガノソラ」はスタチャ繋がりで、「こどものじかん」と「ちゅーぶら」はコミックハイ!繋がりですよね。まあ、「ちゅーぶら」はスタチャでもあるのでダブルですが。

 ・・・ただ、一か所「プリンセスラバー!」が有ったのは、なんの繋がりだろう…?
 メーカーでも制作会社でもスタッフでも掲載雑誌でもないし・・・中の人…でもないよなぁ…。
 謎です。

 それはそれとして。

 「忘れたのか!AGE探検隊憲法第148条!」
 多いな!

Anisuki3

 「俺達は、エロでは有るが悪ではない!」 
 この辺りから、今回の話は壊れていきます(笑

 「見えてしまった事は、仕方ない…!」
 「そう、見えてしまったモノはエロスの神様からの、贈り物なのさ!」

 説得力が有るんだか無いんだか!

 「社会のクズよ!」は、見事にその通りですがそれでもなぜだろう…自分は、あいつらを責める事が出来ない…出来ねぇよ!

 あと、エロコーナーに女子が居るのは、まあそんなには大丈夫です。
 カップルで来てるやつらは殴ろうかと思いますけども(笑

 そんな中・・・

Anisuki4

 人妻の声が喜久子さん!
 なんだろう先週からこの作品のピンポイントキャスティングの素敵さは!

 「てか、お前の母ちゃんだって人妻だろう?」
 ・・・しーーー!それは言ってはダメな事ですよ!

Anisuki5

 「俺は、義理の妹専門だから」
 「血が繋がってるなんて、妹とは言えないね」
 
 妹の定義とは(笑
 っていうか、血が繋がっているのに!という背徳感も良いと思うんだ。思うんだ。


Anisuki6
 
 「ダメ人間でも、エロくて変態でも、アイツにだって良いトコ有るんだよ、って味方してくれる幼馴染は、最高のパートナーなんだ!」 
 それは間違いなく素敵です。
 いないけどな!

 つーかこいつらこそ店に居たら凄い迷惑だと思う(笑

 あと、ここから平気で「スカトロ」連発は、それ放送的に言っても良いんだ!

 なんて思っていたら・・・・


Anisuki7

 「ふふ・・なにを買っても無駄よ、妹系以外はね…なぜなら…


Anisuki8

 私が捨てるから!」
 あははは!酷いよ奈緒!だったら買う前に見てないで止めようよ!
 買わせて捨てるのは鬼畜の所業だよ!(笑


 ・・・んで、ここからのAGEの喧嘩はなんかもうどうでもいいんだけどなんか面白くて仕方ないよ!

 「人妻の良い所は、初めての相手でも優しく手ほどきをしてくれる事だ!」 
 それは確かにキュンとする!
 「自分は、そこまで考えてるんスよ、山代とは違うんス」 
 ただ、そこまで考えてるからって別にお前の方が上では無いよ(笑

 「初めて同士の幼馴染…」
 「初めて同士、それは男のロマン、希望、そして最後に残されたフロンティア…」

 リーダー・・・気持ちは解る、解るけども、夢見がちにもほどが有るよ!

 「はっ!そんなんじゃ、一生童貞っスよ!」 
 それは言ってはいけない事だ!


Anisuki9

 喧嘩の仲裁に入った兄への「「「黙れスカトロ!」」」は、公共の場でその呼び方は酷いやっ!
 っていうか、オールジャンルを名乗っておきながら、なんという細分化争い!

 ここからの、仲直りまでの過去回想もなんだこれ!

 やってる事や言ってる事は最高にくだらないのに、妙に青春だし!

 「みんなで買ったって、言わなかったから!」 
 別にどっちでもいいでしょうそれ。
 「今週の燃えるゴミの日は・・・明日だぜ!」 
 「…ほら、本がぬれちまうぜ」
 なにを決め台詞みたいに!

 「俺は猫でシた」
 あははははは!リーダー半端ないです!バーカバーカ!


Anisuki10

 「俺達は、エロの神様に祝福されているんだ!」
 なんだこれ格好良いぞ(笑

 「エロの道に間違いなんて無いんだ!この世界に普通なんて無い!みんな変態なんだ!この町も世界も、全部変態なのさ!」 

 違います(笑


Anisuki11

 そして、この彩葉は妙にエロイです。
 DVD・BDになったら、その右手は指が動く作画が追加されている可能税さえある(笑

 いやぁ・・・・・酷かった!

 近年稀にみる酷いアニメだった!
 けれど、すげぇ好きだった!
 褒め言葉として言いますが、最高に酷かった!

 だからこそ見事でした!

 ラストの観察日記の、せっかく買ったから見る、という貧乏性にも共感しましたしね!(笑

 面白酷かったです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『カードファイト!! ヴァンガード』 7話 
 やっぱり、ずっと座ってるよりも立ってる方が見栄えはしますよね。
 にしても、主人公はそろそろ、もう少しでいいから強くなって欲しい(笑


『ジュエルペット てぃんくる☆』 47話
 正体はアルマだったのか!(笑
 それはそうとレオンが格好良くて痺れました!


『バクマン。』 20話
 「聖ビジュ」は実写EDなのですね。・・・最近見ないなぁ…。
 つーか、ダンスが妙にエロかったです(笑


『テガミバチ REVERSE』 20話
 ボロ泣いた・・・!久々にこの作品の真骨頂を見た気がします…!


『とある魔術の禁書目録<インデックス>Ⅱ』 19話
 アクセラレータ…!最後の力を振り絞ってラストオーダーを救う・・・素敵です!さらには、他人に頼って、祈ってでもラストオーダーを助けたいという思いは痺れました…!
 生き延びて欲しいものです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「マヴカプ3」のネット対戦の楽しみ方がようやく解ってきました。

 あまりシビアなコンボは狙わずに、すぐにエリアルに持って行った方が吉ですね。

 なので、フェリシアをメンバーから外そうかと…。

 フェリシア・レイレイ・春麗、というダメオタク丸出しのメンバーで戦っていたのですが、フェリシアはローリング派生・中から弱で拾ってそこからエリアル、という流れにすると結構ダメージが稼げるのですが、拾いの部分がわずかなラグでも上手くいかないのですよ…。

 かといって、チェーンから直にエリアルだとダメージ的に物足りない・・・という事で、アマテラスにキャラチェンを考え中。

 まあアマテラスも、ゲージ使ったり端だったりしない限りは そんなにコンボダメージ稼げるキャラでも無いですがゲージ技の使い勝手の良さと、勾玉モードの飛び道具の強さとか色々考えて、いけるんじゃないかと。

 鏡モードなら飛び道具対策もいけますしね。

 ・・・にしても、色々対戦して思ったのは、センチネルすげぇ強い気がする・・・と。

 キャラによってはなにも出来ないまま終わりますよ…。

 なによりも、削りダメージがでかすぎます。

 体力が3分の1くらい有っても、相手にゲージが2つくらい有れば削られて死にますし。

 つーか、最近の格ゲーで削られて死ぬ事が有ろうとは……最近のゲームはわりと削り死にが無い仕様になってるゲームも多いのになぁ…。

 スト4とか、多段技がそんなに無いゲームならまだしも、このゲームだと判定のでかい避けにくい多段技が数多くあるので、相手の体力少なくなったらとりあえず出せばガードされても簡単に勝てるってのはわりと残念だったりします。

 まあ、このゲームは昔からわりとそういうゲームなんですけどもさ(笑

 なんにせよ、ネット対戦もそれなりに楽しめるようになったので、今後も色々やってみます。

 ミッションモードも全部終わりましたしね。
 わりと簡単で物足りず!

         なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『魔法少女まどか☆マギカ』7話とか!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『魔法少女まどか☆マギカ』 7話
 「実際の姿がどういうものか、説明を省略したけれど」
 それがダメだ、って言ってる訳ですよ!

Mamama1

 珍しく表情作りおってからに…!
 ちょっと可愛いじゃないか、くそぅ!(笑

 ただ、痛みを与え続けたまま話し続ける辺り、相当のドSですね…。
 一瞬やれば解りますって!
 
 まあでも、どちらかというと、調教・・・かもなぁ・・・。
 「痛み」と「言葉」で、自分にとって都合のいい考えを植えつける、という為の。

 それはそれとして。
 
Mamama2

 「全然吊り合ってないよ!あんな体にされちゃうなんて…さやかちゃんは ただ、好きな人の怪我を治したかっただけなのに…!」 

 けど、それを望んだのは他の誰でも無い さやか なんだよなぁ・・・と。

 そもそも、死すら覚悟すべき魔法少女だというのはマミさんの事で解っていたのだから、命を賭けて助けたモノの価値が、魂の移動という事実だけで「吊り合わない」って事になってしまうのは、いささか感情的すぎる気もします。

 いやまあ、気持ちは解るんですけどね。

 それはそうと・・・・
 「ほむらちゃん・・・どうしてそんなに冷たいの…?」
 「そうね・・・・

Mamama3

 きっともう、人間じゃないから・・・かもね」 
 その自虐は切ないよ・・・・。

 そんな中、さやか の許を訪ねる杏子。

 そして語られる過去……。

Mamama4

 「親父は間違った事なんて言ってなかった。ただ、人と違う事を話しただけだ。五分で良い、ちゃんと耳を傾けてくれれば、正しい事を言ってるって解ったはずなんだ」
 ・・・・・それはそれで微妙な話では有るなぁ・・・と。
 「本当に正しい事」を言ってる人なんて、はたしてどの位居るのだろうか・・・・・しかも、教会という場所に居て、「人と違う事」は、それはやっぱり駄目だろうという気もしますしね。

 それに、どんな言葉でも、本当に正しければ多少は耳を傾ける人もいるハズですしね。

 なによりも、なにを正しいとするかは人の価値観によって違うものなので、私の言っている事が正しいのだ、という主張はなかなかに嫌われると思いますよ。

 だからって宗教を否定するつもりも無いですが、新興宗教は有る意味、既存の宗教の否定でも有りますし、立ち上げて成功するのはそうそう簡単ではないよなぁ・・・と。

 さらに言えば、日本で成功している新興宗教には、ほぼ確実に金にまつわる黒い話が絶えないという事実が有りますし、純粋に「新たな教え」を普及させるのは不可能に近い気もします。

 ・・・って、なんだこの色んなところに敵を増やしかねない文章は(笑
 とりあえず、自分は宗教や信仰というものに対しては、否定も肯定も一切ない、という事だけ伝えておきます。

 閑話休題。

 「酒におぼれて、頭がイカレて、とうとう家族を道連れに無理心中さ。…あたし一人を、置き去りにしてね」
 「あたしの祈りが、家族を壊しちまったんだ」

 
 杏子・・・・・それは悲しすぎる……。

 そりゃあ、考え方も歪むってもんですよ。

 けれど、その話を さやか にする事で励まそう、道を示そうとする辺り、根っこから悪い子ではないと解って嬉しい限り。

 リンゴを盗むのは確かに良くないとは思うけど、その年ごろで天涯孤独の少女が魔法少女をやりながら仕事もして生きていくってのは難しいよなぁ・・・・・。

 なんて思っていたら、上条君登校。

 ・・・・学校に戻る事も さやか に言ってないのか・・・もう駄目だ…。

 しかもそこへ仁美の「恋の相談」…

Mamama5
  
 「ずっと前から・・・私…上条恭介君の事、お慕いしてましたの」
 
 ・・・・これはマジなのか、それとも さやか にきっかけを与えるための後押しのつもりなのか・・・・・後者で有って欲しい…。


Mamama6

 「あの時仁美を助けなければ、って、ほんの一瞬だけ思っちゃった。…正義の味方失格だよ…!マミさんに顔向けできない…!」
 
 それでも、そのことを悔やんで涙を流せる さやか が良い子であることは確実で。


Mamama7

 「仁美に恭介を取られちゃうよ・・・・でも私、なにも出来ない。だって私、もう死んでるんだもん…!」
 「こんな体で抱きしめてなんて言えない・・・キスしてなんて言えないよ…!」

 
 そんな事気にせずに、告白してしまえば良いのに!……とちょっと思いましたが、自分が命を賭けて救った相手が、自分を好きじゃなかったという事実を直接突き付けられるられる恐怖を考えたら、告白には踏み切れないよなぁ…。

 それはあまりにも怖すぎますし。
 
 ―――って・・・・・・・


Mamama8

 「あははは…本当だ!その気になれば痛みなんて・・・・・あは、あははは!完全に消しちゃえるんだ!」 

 ああ、さやかが壊れた・・・・・・。

 でも、体の痛みは消せても、心の痛みは消せるのかい?

 ―――壊れてしまえば、消えるのかい―――?

 たぶんきっと、そうじゃない・・・・・んだよなぁ・・・・・。

 うわもうなんだこれ・・・救いが・・・救いが見えないよ・・・・・。

 けれど、この絶望的な状況の先に、なにを見せてくれるのか…。
 心を捉えて離しませんよこの作品は!

 アマゾンで見つけたグッズ…マミさんの絵柄のお守りで「厄除祈願」ってのは、すげぇブラックジョークですね(笑

 さやかのお守りは「恋愛成就」だし!
 ・・・いやまあ、こっちはまだ希望が消えた訳ではない・・・・と思いたいですが!


――――――――――――――――――


・一言感想。


『Rio RainbowGate!』 7話
 心理戦っていうか、完全なる肉体バトルですよね(笑


『GOSICK―ゴシック―』 7話
 風呂に喜ぶヴィクトリカの可愛さったら!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・今日買った本!

 「さよなら絶望先生」24巻と「パンプキン・シザーズ」14巻です。

 絶望先生は、表紙のマリア可愛いなぁ・・・なんて思いつつ、前巻のあらすじで大笑い。
 ・・・そして、紙ブログで驚愕!

 ま、前田君が結婚ですって!?!?

 ・・・・これはもう、再来週くらいの絶望放送が楽しみです(笑

 あと、おまけ漫画「なんまげ」は笑いました!
 地味に子供落としてるし!怖いよ!

 
 ・・・んで、「パンプキン・シザーズ」は、合同会議編が大いに盛り上がってます!
 今まで名前だけは何度も出てきた「カウプラン」の真実が明らかになり、その、たった一人の過去の遺産に帝国が支えられているという皮肉で危うい事実。
 
 それでもプライドに固執する国に未来はあるのか。

 なんて真面目な話と同時に、インターバルの楽しさも相変わらずで、素敵バランスです!
 
 なんなんですか「アクロバティックな感情表現」(笑
 つーかそもそもどんなプレイをしているのかと!

 それでいて、ラストのあの展開は続きが気になり過ぎて困る!

 見事に面白いです!

    
――――――――――――


・他は・・・「マヴカプ3」で初めてネット対戦してみました。

 ラグがキッツイ!

 ゲームスピードが速いのに、キャラによってはわりとタイミングがシビアなコンボも有るので、ちょっとしたラグでも全然コンボが繋がらなくて困りました。

 なので、遠距離から強い飛び道具を連発出来るキャラが強い、という流れに。

 ラグでガードも間に合わなかったりしますしね。

 ・・・・けど、それはそれでつまらないなぁ・・・と。

 やっぱり、ゲーセンで出しましょうよ・・・・・この調子だと、すぐにオフラインプレイではやること無くなっちゃいますよ!
 かといってネット対戦は微妙だし・・・どうしたものか。

 まあ、しばらくはやりますけどね。

 とりあえず、チャレンジモードを極めます。 

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『放浪息子』5話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『放浪息子』 5話
 そうめんにミカンか・・・・嫌がる気持ちは解らないでもないけど…

Hourou1

 「なんか、水に味うつってそう・・・」
 そこまで毛嫌いする事も無いとは思う(笑

 それはそうと、帽子をかぶるのが恥ずかしいという修一の感覚がイマイチ解らない…?
 熱い夏の日差しがツライのだったらかぶれば良いのに?

 まあ、帽子の種類にもよりますが。
 野球帽とかだったら恥ずかしくないけど、麦わら帽子とか、ツバの広い帽子はちと恥ずかしいかもしれない。
 ・・・・・・野球帽とか無さそうだなぁ(笑

 そんな中、

Hourou2

 たくさんのキャラが一画面に収まってる場面でも、細かく動いてるなぁ…!
 凄いなこの手間・・・一キャラずつ別セルとかだったりするのだろうか…TVアニメでそこまではしない・・・か?
 なんにせよ見事です。

 ・・・んで、

Hourou3

 「よーし、ちーちゃんケーキ切り分けちゃうぞ~!」
 相変わらずちーちゃんが妙にツボです。
 あと、後の桃子はなんでそんなに「頑張れっ!」的な表情なんですか!?
 ケーキ切るだけですよ!(笑

 それはそれとして。

 「女装好きの二鳥くん!」 
 ・・・・なんだこの無神経メガネは…殴っても許される気がするぞ!?

Hourou4


Hourou5

 ただ、それを知ったちーちゃんはなんでそんなに嬉しそうなんですか(笑

 さらに、よしのが怒った事によってすぐに謝る辺り、良い子です。

 ・・・で、
 「ぼくのが絶対可愛い!」
 あの無神経メガネは誰かがどうにかしてほしい。

 なんて思っていたら、へび花火で見事に盛り上がらない場面は笑いました!

 けれど、そこからの普通の花火は青春だなぁ・・・と。

 
 ・・・・・んで、劇の配役が抽選って……先生…あんたどこまでもだな!(笑
 それはアカンよ・・・・・もはや、さおりを怒らせようとしてるとしか思えない!

 だがしかし、ロミオがさおりに・・・・・そしてジュリエットは――――

 メガネ君かいっ!
 でもこのメガネ君は良いメガネ君です。


Hourou6
 
 「登場人物、一人残らず殺してやる!」 
 解りやすいまでのブチギレをみせた さおりさん をなんとか説得しようと頑張りますしね。

 そんな中、安那が可愛い。

Hourou7

 普段とキャラ違いますね!(笑


 一方、演技の練習をする さおり とメガネ君。

Hourou8

 「迷う事など有りません!ジュリエット」
 「戸惑いに縛られた心をその窓辺から解き放つのです。あなたは誰よりも…美しい」

 上手くいかないメガネ君を励ます さおり ・・・根は良い子なのですよね。
 ・・・にしても、この二人の絡みが前回くらいから多いですが、これはフラグ…なのか?
 つーか、この場面とかもめちゃめちゃ良く動いてたなぁ…!
 ほんとこの作品見ごたえあります。


Hourou9

 ラストのこの さおり も可愛かったですし!
 
 相変わらずの見事な出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『フラクタル』 5話 
 なんか・・・結局なんだったんだろ?という印象に…。良く解らないうちに解決したなぁ・・・と。


『I・S‹インフィニット・ストラトス›』 7話
 ボーデヴィッヒが、どう見ても機体性能で勝っているようにしか見えないので、実力で勝ってる訳では無いのに態度がでかいキャラ、という風にしか見えず、もひとつ魅力を感じないです……もっと、実力も凄いんだ、という事が伝わってくればまた違ったと思うのですが…。


『夢喰いメリー』 7話
 とりあえず、赤水着さんの下乳が気になってしょうがなかったです(笑
 そのサイズの水着で良いのかい?
 けど、ナイスエロス。
 あと、千鶴を犯人に見せようとするミスリードはちとバレバレな気もする? ・・・本当に犯人だったらそれはそれで面白いですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「マヴカプ3」届きましたよ!


 早速レイレイ!と思ったら、最初から使えるキャラでは無いらしい・・・残念。

 まあ、ちょっとプレイしてたらすぐ出てきましたけどね!

 ただ、今はミッションモードに夢中です。

 ああいう連続技の練習とかもう大好物なんですよ(笑

 今日一日、CPU戦すら一回もせずに、ミッションとトレーニングだけやってましたし!

 ネット対戦もまだ先になるかと。

 なので、ゲームバランスとかはまだよくわからんです。
 キャラ多いですしね。

 ただ、相変わらずのコンボゲーなので、その楽しさは確実に有ります。

 あとは、どんなキャラがダウンロードで追加されるのか楽しみにしてますよ!
 公表されている2キャラだけでもわりと楽しみですしね。

 このシリーズは割と何でもアリなのだから、モンハンからティガレックスとか出ても良い気はします(笑
 あとナルホド君。

 カプコン側のネタキャラ希望です!
 この際、まともに戦えなくても良いですから(笑

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

2月17日のアニメ一言感想。(ネタバレあり

『イナズマイレブン』 119話
 円堂とじいちゃんが見事に似た者同士で素敵でした!
 そして、夏未が戻ってきたのは嬉しい限り。
 そんな中、不動のツンデレっぷりが可愛い(笑
 ロココとのライバルバトルも良い感じですし、決勝に向けて盛り上がって来ました!


『これはゾンビですか?』 6話
 京子自爆の場面は映像表現が見事でした!
 ユーの切なさとか、エグイけど目を惹きつけるバトルとか、全体的に高いクオリティでした!
 けど、個人的にはシリアスよりもギャグ展開の方が好みだったり。もちろんシリアスも面白いんですけどね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「マブカプ3」の発送メールが来た!

 昨日の段階ではダメかと思ってましたが、これなら発売日に届きそうな予感です。

 楽しみ楽しみ。

 レイレイはもう、たとえどんなに弱くてもマイキャラ決定として、あと二人どうしようかな…。

 フェリシアかなぁ・・・ボイス阿澄さんですし。

 そういう意味では、春麗だって折笠さんですし、モリガンは田中理恵さんですし・・・ほんとにキャスティングが絶妙すぎる…!

 ただ、キャラとしてはアーサーもハガーもアマテラスもゼロもすげぇ面白そうなんですよねぇ・・・・・悩む。

 逆にマーヴル側のキャラには全く思い入れが無いし英語ボイスなので声的にも惹かれないというこの状況(笑

 とはいえ、シリーズの伝統として、マーヴル側のキャラの方が確実に強いってのは有るので、ネット対戦やる際に勝率にこだわるならそっちも手を出さないとだなぁ・・・・とは思うのですが。

 まあでも、結局は動かしていて面白いキャラって事になるのだとは思うんですけどね。

 つーか、基本キャラが安定しないのが自分なのですが。

 「ブレイブルーCSⅡ」も結局キャラ定まって無いしなぁ・・・・・プラチナ使ってたけど、あまりに勝率低くて心折れました。
 色んなキャラを使った結果、今はν-12(ニュー)で頑張ってます。
 
 けど、「マヴカプ3」届いたらしばらくはブレイブルーも疎遠になるかもなぁ・・・・さてさてどうなるやら。

 
 ・・・なんて、見事な駄文を炸裂させるのでした。
 
        ではでは、本日はこれにて。

|

『君に届け 2ND SEASON』6話…っ!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『君に届け 2ND SEASON』 6話
 Kimi_1

 「何やってんだよ!」
 「なに泣かせてんだよっ!」

 そりゃあそうなりますよ。
 風早的には言わなきゃいかんですよ。

Kimi_2
 
 「別に誰も悪くないのに、私が~」 
 この爽子は妙に可愛い。
 
 そして、修羅場目撃3人衆!

 ・・・・あいつら殴ってもいいよね?
 爽子をバカにすんなーーー!

 だがしかし……

 「好きだよ」

Kimi_3

 「俺、黒沼のこと、好きだよ」

 い・・・・・言ったぁぁあぁぁーーーー?!?!?!

 こんな流れで言っちゃうの?風早くん!

 ・・・いやでも、こんな流れだからこそ!
 気持ちを伝えるチャンスではある!

 ・・・・・だと言うのに・・・・・
 
Kimi_4

 「誤解する・・・・」 
 「そんな言い方したら…誤解しちゃう」

 ちょっ・・・爽子!?
 まさか、この期に及んでかばってくれてるとか思ってんのかい!?

 そりゃないよ!
 
 それはさすがに風早かわいそうだよっ!

 ―――だがそれ以上にあの三人組はホント殴りたい。
 
 ほんとムカツクぞ・・・・・と思っていたところに!

 「・・・・・なにが おかしいんだよ」  

 良く言った風早!
 お前はもっとキレていい!

 けど・・・
 「迷惑なら、そう言えば良いんだ」
 それはまたなんか・・・・あーもう!!
 お前はお前ですれ違った理解しおってからに!

 ・・・で、建人…

 「えぇ~!?…まさか、風早、マジで…えぇ~?」  
 お前気づいてなかったんかぁーーーーい!!

 道理で、気づいてるにしては妙な行動してる思ったよ!
 そこは気付こうよっっ!!
 ほんと余計な事しおったな!

 ・・・そんな中・・・・

 「三浦の気持ちは好意で、俺の気持ちは、迷惑…かかるの?」

 「好意だったんだよ…俺、黒沼の思ってるような奴じゃない。爽やかとか、平等とかそんな風に思われたかった訳じゃない・・・・平等になんて、一度も接したつもりない」

 「俺・・・・黒沼が好きだよ」

Kimi_5

 「黒沼は―――俺が好き?」
 
 ズバっと言った! 

 これは完全なる告白!

 そして――

Kimi_6

 頷く爽子・・・・・ああ、ついに気持ちが通じて―――

 「でも、俺の好きと、黒沼の好きは、違うね…」
 なんでそうなる・・・!?

 お互いが、相手の好きはただの好意だと思ってるっていう……なんだこれもーーーう!

 もどかしいっ!
 もどかしいにもほどがあるっ!

 もどかしい・オブ・もどかしい!

 つーか、これに関しては爽子が悪いっ!
 あんなにはっきり好きって言ったのに、それでも気持ちが伝わらないなら風早はどうしたらいいのさ?

 自分が好かれる訳無いって、卑下しすぎなんですよ!

 これはもう、あやね姉さんに怒ってもらうしかないな……と思っていたら――――

 「気に入らない・・・・」

Kimi_7

 「気に入らないな、爽子」 
 千鶴さんが行った!  
 
 「あんたまさか、アタシらの事も、あんたに気ぃ使って友達やってるとか思ってる訳?」
 「そう思ってるんだったら、腹立つな、って話。風早にそういう態度とらせてんのは、あんただよ!爽子!」


Kimi_8

 「あんた、いつまで自分の事下げて生きていくつもり・・・?」


Kimi_9

 「ニブさに慣れるなっ!」 

 千鶴さん、素敵です・・・・!
 その友情、胸に染みましたっ・・・・・!!

 そしてさらにフォローするあやね姉さん。

Kimi_10

 「ねえ、爽子?言っても…私たちも、最初はあんたの事、暗いし、浮いてるヤツだと思ってたのよ?」
 「でも、今はでは、あんたの良い所も、可愛い所も、いっぱい知ってるし・・・・大好きだ…って、思ってる」
 「あんたが、私たちの為に、勇気出して頑張ってくれたおかげだって…思ってる」


Kimi_11

 「爽子も私たちも風早も、違いなんてなにも無いんだよ」
 「爽子自身が、違いを感じなければね」
 

 うおぉ…姉さん……惚れますっっ!
 っていうか、ちょっと泣いたし!

 「私……何か―――何かを、間違えてる?」
 そうだ!気付け爽子!


Kimi_12

 「―――私、風早くんに対して、今まで何か、頑張れてきたかな?」 


Kimi_13

 「今は、今は何か、頑張れてる?―――私…」 
 
 そうだ・・・頑張れ!頑張れ爽子っ・・・・!!

 大きく、大きく話が動いてきました・・・・・!

 続きが気になって仕方なし!

 今回も見事に良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『デジモンクロカウォーズ』 27話
 今回の あかり は文句なしに可愛かったです!
 というか、今回の作画かなり好き。作画だけでなく、映像的に良い感じでしたし、見事に面白かったかと!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・数日前に、「マヴカプ3」までの暇つぶしにでも…と、Wiiの「王様物語」を買いました。

 ちょっと気になっていたこのゲームが、近所の店に中古で980円という安価で売っていたので、その値段ならまあ損は無いだろうと買ってみたところ……予想以上に面白かった…!

 まあ正直、細かい所にちょっと手が届いてないと感じることも有りますが、全体的には時間を忘れて遊べるレベルです。

 なんでしょうコレ、どういうゲームって言ったらいいのか解らないのですが、不思議な面白さが有ります。

 まあ一言で言ってしまえば、ピクミンみたいなゲーム・・・なんですけど(笑

 けど、パクリと言えるような内容ではなく、この作品独自の面白さがきっちり存在する良作かと。

 ・・・確実にこれ、「マヴカプ3」までには終わらないですよ…。

 まあ、上手いこと並行して進めていければ良いかな、と。


 つーか、「マヴカプ3」の発送メールがまだ来ないので、届くのは発売日翌日になる予感…。
 amazonの気まぐれめ…!
 ギフト券で割引してあるから、キャンセルして近くの店で買う気にはなれんしなぁ…。

 愚痴ったところで結局待つしかないんですけどね。

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『レベルE』6話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『レベルE』 6話
E1

 リーダーノリノリですね!
 
 っていうか、自分が小学生の時にこんな事になったらそりゃあもうノリノリだったことは想像に難くない!
 むしろ、他の4人の冷静さが不思議ですよ!?

 そして、ついにクラフト魔人との対決!

E2

 ・・・・・対決?(笑

E3

 ここからの茶番劇は笑いました!
 こういう時だけノリノリか君らは(笑

E4

 「いたたたた、痛い、痛い、痛い」 
 この棒読み笑いました!
 子安さんホント素敵です。

 そんな中、不意に先生のサービスカット!

 E5


E6

 この話でほぼ唯一の女子キャラなので助かります。

 なんて思っていたら・・・・・

E7

 「やってられるかーーー!!」
 あははは!クラフトがキレたっ!

 ・・・んで、部下たちはなんでカブトムシ調査してるんですか?(笑

 それにしても、鍵のパスワードに好きな子の名前とか、本当に人の嫌がる事するの好きですね王子!

E8

 赤の戦士ブチギレは、むしろ良く今まで耐えた!と言ってあげたい(笑
 色々押しつけられてたもんなぁ・・・・・その力を仕返しに理由しようとしないだけで、この子は良い子かもしれないと思うよ。

 ・・・にしても、これで腕輪も外れて一段落・・・・・なハズも無く。

 まさかのRPG開始!

E9

 敵のデザイン怖すぎるでしょうよ!

 そんな中、教室では机が割れた事をスルーする先生。
 それ先週の話で先生が切ったやつですよね!?

 ・・・って、

E10

 「ハマジリの町へようこそ」
 また怖いしっ!
 このソフトの素材グラフィックどうなってんだ!(笑

 あと、町をランダムに歩き続ける人たちは、リアルでいたら確実に怖いなっ!

 そして、ここからのゲームにハマっていく子供たちは見てて楽しいです!
 そうであれ!

 ・・・ただ、変身シーンの赤に関してはわりと殴りたい(笑

 つーか、バトルポカリはすげぇ便利な気がしてならない!

E11

 それはそうと、王子が良過ぎる声で歌うテーマソングに乗せて先生のサービスカット!
 パンツ!テレ東なのにパンツ!素晴らしき。
 ・・・というか、今の規制規制のアニメ業界を救えるのはテレ東しかないと思ってるんですが・・・・・深夜アニメは実写と同じレベルの緩い規制にする!って決断をしてくれないものだろうか…。

 まあそれは置いといて。

E12

 いつの間にかブラックのレベルがすげぇ上がってる?
 てか、もしかして元々赤より高かったんじゃあ…クールな顔してやるな!
 ・・・・・ただ、それでも先頭に立っては闘わないのが黒、って感じもしますが!

 なんて言ってる間にまた続いた!

 そんなに続くと思ってなかったですが、面白いので歓迎です! 

 完全に良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『みつどもえ 増量中』 6話
 なんて言うかもう、サブタイトルからして酷いな(笑
 笑いましたけどもさ!毎回大笑いですけどもさ!
 2期になってからのパワーUP感凄いです!


『ドラゴンクライシス!』 6話 
 作画がちと微妙だったかも…?
 けどアイ可愛いです。いのくちさん の声をがっつり聞いたのは久々かも。
 あと、やくもちローズの「浮気!」の可愛さは半端ないです。頑張って羽で飛んでる姿とかも!
 ちょっと面白くなってきた気もしますが…なんだろう、微妙にテンポが気持ち良くない気もする…?
 不思議と好きな作品では有るんですけどね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・・・まあ特になしです。

 あえて言うなら、ジャンプを買ったらサッカー漫画が始まってましたが…すでに1個有るのに?

 まあでも、そっちは終わりそうな雰囲気ですが。

 っていうか、最近のジャンプはサッカー漫画がヒットしないですね…「少年疾駆」とかも結構良かったと思うのですが・・・・・。

 新しく始まった作品は、「ジャイアントキリング」系で、それを少年誌向けにした感じ?

 とりあえず1話は結構好きでした!

 けど、考えてみれば今ジャンプで安定してるスポーツ漫画って「黒子のバスケ」くらいですもんねぇ…もう1本くらいは有って良いですよね。

 それはそうと、「バクマン。」は今の話にどうオチをつけるのか凄い気になります。

 ほぼ確実に、そう上手くはいかないよ、って事になるのだとは思いますし、そうなるべきだと思いますが、どういうパターンで来るのか凄い楽しみです。
 
 ・・・・って、「特になし」って言ってからだいぶ長くなってますね(笑

 うむ、どうやら、書き始めると止まらない程度には自分はまだまだ漫画が大好きなようです。

        なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『スイートプリキュア♪』2話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『スイートプリキュア♪』 2話
 初っ端からアクション!

Sweet0

 このカットは動きと足のエロさが好きでした(笑

Sweet1

 あと、こういう大きく振りかぶるパンチは「プリキュア」らしくてナイス。

 敵の
 「よけて!」
 「「「よけろ~♪」」」

 のハモリは不意を突かれて笑いました!
 
Sweet2

 そして、逆さ吊りなのに全くめくれないスカート(笑
 まあ、別にこの作品にパンチラとか求めてないので良いのですが。
 見えてもむしろどうなんだ、って話ですしね。

 ・・・にしても、初戦でいきなり負けるって展開も珍しいですね。

 まあ、今回は音符を集めるって話なので、何個か取られても問題無いからなのでしょうけど・・・・・・・この流れだと、今後も割と負ける話が入ってくる可能性有るなぁ・・・と。
 それが吉と出るか凶とでるか・・・未知数ですね…。

 それと、ハミィが急にちゃんとしたキャラっぽくなってるなぁ・・・と。
 1話を見たときには、もっと良い意味でゆるいキャラの感じでしたが、2話では、二人への説明役とやる気を出させる立場になっちゃってるので、シリアスな場面が多くなって、ちとキャラがぶれてる印象かも? 
 
 とはいえ、他に説明役を配置できるような流れでも無いので仕方ないとも思うのですが。

 それはそれとして。

 喧嘩の原因が凄くどうでもいいと言うか・・・・結局はただ場所を間違ってただけな訳で、一言で言ってしまえば、「言えよ!」と。
 
 つーか携帯持ってないんだろうか・・・・・だとしても、後で会った時に、「なんで来なかったの?」って聞かない方が変ですし、奏の方は場所が違ってた事も解っていたのなら、余計にそれを言わない意味が解らない…。

 ・・・・とはいえ、仲直りからの変身、そして息のあったアクションが見ていて気持ちよかったのも確かなんですけどね。
 だからこそ、喧嘩の部分をもちっと納得できる流れにしてくれれば良かったのに…と。

Sweet3

 ただ、アクション作画は結構好きでした!


Sweet4

 手を繋いで戦うのも、初代っぽくて好きですし。


Sweet5

 必殺技も、手を叩いて足を鳴らして、という場面のリズム感が小気味良くて、「メロディ」と「リズム」って名前を付けてるだけあって、そういう部分は力入れているのかな、と。
 
Sweet6


Sweet7


Sweet8

 つーか必殺技の作画、超可愛いです。


Sweet9


Sweet10


Sweet11


Sweet12


Sweet13

 そしてラストの、肉急に反応してふにゃ~・・・からの、それをからかわれて照れる流れはキュンキュンでしたし、全体的には結構楽しませていただきました!

 この感じなら、そんなに心配せずに毎回楽しめるかな?と。

 期待してます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『べるぜバブ』 6話
 お医者さんごっこの話って原作に有りましたっけ?読んだ記憶が無いような…。
 けど、凄まじいカオス展開で笑いました!


『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』 45話
 亀が やかん になってたのは、誰もが忘れていたであろう設定をきっちり持ってきていて見事だなぁ・・・と。


『STAR DRIVER 輝きのタクト』 19話
 コウが思った以上に爆乳でした(笑
 それはそうと、中身が入れ替わってる事にあっさり気づくワコとケイトが素敵。
 そうであれ!


『フリージング』 6話
 なんていうか、君らみんな気が短いのか(笑
 すぐに戦おうとするんじゃないの。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・深夜の「ケロロ軍曹 乙」の、声変わりの話は笑いました!

 まさかの若本さん無双!

 アレは素晴らしかったです。

 あと、口パクなしのアドリブのネタはどこまで本当にアドリブなのか?

 ・・・・にしても、ケロロ軍曹も もうすぐ終わってしまうとか。

 形としては一回休み みたいな事らしいですが、休刊、となった雑誌は戻ってこないのが普通なので、そうならなければいいなぁ・・・と。

 まあ「銀魂」も復活するので、ケロロもそのうち復活すると信じたいです。

       なんて言いつつ、本日はこれにて。

|

『とある魔術の禁書目録<インデックス>Ⅱ』18話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『とある魔術の禁書目録<インデックス>Ⅱ』 18話
 Toaru1

 いきなりの濡れ透けエロス!

Toaru2

 「修道服が張り付きて、淫靡なる肢体が露わになりて…いけなし!あちらを向きてステイル!私の肌は、何人にも魅せたるつもりは無しにつきのだから!」
 ここのセリフ回し妙に好きでした!
 「いけなし!」の部分が特に!
 ・・・・っていうか、このセリフは要約すると、シスターとして一生処女を貫く決意です!という事だと思ってOK?

 ・・・となると、女の子相手なら問題無い・・・という妄想が始まります(笑

 ダメだ、ダメ人間すぎるので自重。

 ・・・・なんて思っていたら、神裂&シスター達vs全自動洗濯機のバトル開始!

Toaru3


Toaru4


Toaru5

 脱がせるし!


Toaru6

 脱ぐし!

 なんだなんだ?
 今回は大サービス回ですか?

Toaru7

 さらに濡れ透けノー下着!

Toaru8
 
 つーかこれはもう見えない方が不自然なレベルの はだけ方ですね(笑


Toaru9

 って、御坂妹までもそんな事を!?
 
 なんという祭りですかこれは・・・・・!?

Toaru10

 そんな中、「指輪」という言葉に目をキラキラさせる御坂妹可愛い。

 おのれ当麻・・・・・美琴だけでなく妹たちにもモテモテか…!

Toaru11
 
 どうぶつドーナツのくだりもまた可愛いなもう!


Toaru12
 
 「お姉さまは、そちらのカエルにうつつを抜かしていればいいのです、と、ミサカは冷たく言い放ちます」
 ナイスガード(笑
 
 元々御坂妹がツボだったのに、今回はなんかもう素敵過ぎる。

 美琴の
 「そんなに妹って響きが好きかコラァーー!」
 は笑いました!
 そういう事ではないと思うよ!?

 ・・・んで、
 「では、ミサカは、オリジナルとは違う道を歩んでみます」

Toaru13

 「ちらり、とミサカは買っていただいたアクセサリーをさりげなくオリジナルに見せつけてみます」
 あははは!突然の宣戦布告!

Toaru14

 さらにラストオーダー乱入!

 くそぅ!当麻め!当麻め!
 両手に花にもほどが有る!

 って、

Toaru15

 「逃がすとお思いですか、と ミサカはライフルをとりだします」 
 いやいや、出したらダメですって!
 街中ですよ!

 いやぁ・・・楽しいなぁ、今回楽しいなぁ!

 しかもそこへ…

Toaru16

 氷華復活!
 アスミス!アスミス!
 ・・・けど、悲しそうな表情が気になる…また寂しい別れが待ってなきゃ良いですが…。

 そんな中、

 Toaru17

 すっかりツンデレのアクセラレータさん。
 けどまあ、良い事です。


 一方当麻は、ラストオーダーと会話中。

Toaru18

 「ミサカはミサカは、鶴の恩返し的な展開を、提示してみたり!」
 この動き可愛いっ!

 ・・・にしても、ここで当麻とアクセラレータが再会したらどういう展開になってしまうんだろう・・・・・とドキドキしていたのですが、すれ違いで良かったような、見てみたかったような。

 けど、今後何かもっと、出会うべくして出会うタイミングまで温存しているのだと思うので、それを想像するとワクワクでは有るのですが。

 うん!基本この作品は、個人的にはシリアス展開よりも日常描写の方が好きだったりするので、こういう話は大好物でした!

 作画も凄い好きでしたし!

 ・・・お、今回の総作監はハルコミンこと飯塚晴子さんですね。さすがの出来でした!

 ・・・・・けどこれ、この楽しい感じはどう考えても、今後起こるであろう大変な展開の布石というか、前段階なんだろうなぁ・・・というのは容易に想像ができるので、今後が楽しみのような、なにが起こるか怖いような!

 なんにせよ、期待しています!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『カードファイト!! ヴァンガード』 6話 
 一気に女子キャラ増えましたね!
 ・・・けど、どのキャラもイマイチツボに入らず・・・残念。


『ジュエルペット てぃんくる☆』 46話
 ちょっと先の展開が読め過ぎたかも・・・?
 出来自体は良いのですが、負ける訳無いしなぁ・・・という部分もあるので、緊張感に欠ける印象も有りで。
 それでも楽しんでるんですけどね。


『バクマン。』 19話
 面白いですけど…一度 喧嘩別れする必要は有ったのだろうか、という気もする(笑


『テガミバチ REVERSE』 19話
 ザジが格好良いな・・・・・!!


『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』 6話
 今回の作画すげぇ好きでした!演出的にも、凄い魅せ方解ってる感じでしたし、出来は抜群でした!
 正直、「禁書」とどっちをメイン感想にするか悩みましたし!
 にしても、BLパートがまあことごとく酷い(笑
 しかも、なんですかあの豪華キャスト!わざわざ呼ぶって!アホだ、アホ過ぎる(褒め言葉
 色んな意味で素晴らしきっ!
 黒タイツハーレムも最高でしたしね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・amazonに、「月刊アニメスタイル」の内容詳細がアップされていたのですが…。

 『NARUTO』で知られる西尾鉄也のアニメ業界愉快マンガ、『天元突破グレンラガン』の今石洋之によるハッチャケアクション(?)マンガの連載もスタート!

 ・・・なにその神漫画…!

 西尾鉄也さんと今石洋之さんの漫画連載って!

 すげぇ、読みた過ぎる。

 ただでさえ楽しみだったのに、これは期待値がMAXに跳ねあがりますよ!

 発売が五月なのが待ち遠しいです!

        なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『魔法少女まどか☆マギカ』6話…! と、「逆転検事2」クリア!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『魔法少女まどか☆マギカ』 6話
 ほむらが圧倒的な強さを見せつける!

 Mamama1

 「私は冷静な人の味方で、無駄な争いをするバカの敵。あなたはどっちなの?…佐倉杏子」
 素敵です!
 
 ここで引くのを見ると、杏子はただのバカじゃあないな・・・と。

 ・・・んで、キュゥべえ…。
 「なんにせよ、彼女が何かを企んでるのは確かだ。くれぐれも気をつけて!」
 あからさまに、ほむら と まどかの距離を遠ざけようとしてますね…。

 まあ、まどかを魔法少女にしたいキュゥべえと、したくない ほむら、という関係性なので、さもありなんな話ですが。

Mamama2

 って、背中のそこ開くのかよ!模様じゃなかったんですか!?

 「食べちゃったの?」 
 ・・・・・そこが口だとすると、いつも無表情な顔の部分が、少女たちを安心させて釣るための擬態って可能性がかなり濃厚になってきましたね・・・・・。

 「逆に、全く経験が無くても才能だけで杏子以上の魔法少女になれる天才だっている」

 「…誰よそれ?」

 「鹿目 まどかさ」
 「だからもし、どうしても杏子に対抗する戦力が欲しいなら、いっそ まどかに頼んで見るのも手だよ」
 

 今度は さやかを経由してまどかの勧誘かよっ!!

 あの手この手ですね本当に!

Mamama3

 そんな中、ダンレボに興じる杏子。
 懐かしい・・・昔かなりハマりましたけど、最近見ないなぁ・・・。 
 まあそれはいいとして。

Mamama4

 「この町を、あなたに預けたい」
 ドアップで何を言いますかほむらちゃん。

 と言いつつも、解決方法の一つとしては手だよなぁ・・・・と。
 杏子が魔女を倒す役目を担ってくれれば、さやかが魔法少女として危険な目にあう事も無い。
 それはイコール、さやかの身を案じた まどか が魔法少女になることは無い、という理屈ですし。
 今一番まどかが魔法少女になってしまう可能性は、さやか絡みで有ることは疑いようもないのですし、その意味では理にかなっているかと。

 まあ、さやか が黙ってる訳が無いですし、犠牲を出しても魔女まで育てる、というやり方を続けるのなら、結局いつかは まどか にも被害が及ぶ可能性を考えると難しいよなぁ・・・と。
 ・・・・・・あ、でも、まどかとその周辺に危険が及びそうになったら、それは ほむら が助ける、という図式ならオールOK・・・・・なのかも?
 人道的な事を無視すれば、ですが。

 それはそうと、

Mamama5

 「二週間後、この町にワルプルギスの夜が来る」  
 ワルプルギスの夜・・・というと、真っ先にメルブラとか浮かびますが、元々の意味は、なんか北欧の方の魔術的な祭り・・・ですよね確か。

 Mamama6

 「ともかく、そいつさえ倒せたら、私はこの町を出ていく」 
 ・・・ただ、この作品における「ワルプルギスの夜」がなにを意味するのかは不明ですが・・・・1話のアバンのアレがそうなんでしょうか?

 それはそれとして。

Mamama7

 「アイツはグリーフシード欲しさに、マミさんを見殺しにしたんだ!」 
 待て待てさやか!それは酷い誤解ですって!

 ・・・ただ、ここで「マミさんが ほむらちゃんを動けないようにしてたんだよ」と本当の事を言ったところで、今の さやかの耳には届かないんだろうなぁ・・・・・。

 「昨夜逃がした使い魔は小物だったけど、それでも人を殺すんだよ!次にあいつが狙うのは、まどかのパパやママかもしれない、たっくんかもしれないんだよ!それでもまどかは平気なの?」
 「もし魔女より悪い人間がいれば、私は闘うよ。たとえ相手が…魔法少女でも」

 
 ・・・・それに、確かに言っていることは正しいんですよねぇ…。
 もちろん、まどかの言うように協力できればそれに越したことは無いですが、それが理想論なのも事実で。

 ・・・・・ただ、現実を見て妥協しないで、全力で理想を追ってみるのも、一つの方法だとは思いますぜ?とか。

Mamama8

 ・・・にしても、まどかママが素敵です。
 
 「ツライ分だけ楽しいぞ~、大人は」 
 子供にそう言える大人で有りたいもんです。

 ・・・・・んで、

Mamama9

 「あら、上条さんなら昨日退院したわよ?」 
 さやかに何も言わずに・・・ですか?
 毎日のようにお見舞いに来てくれて、献身的に尽くしてくれた さやか に、一言も無く…?

 ―――うわぁ~・・・・・もう完全に嫌な予感しかしなくなってきたし……。

 「今すぐ乗り込んで行って、坊やの手も足も二度と使えないくらいに潰してやりな」
 杏子の提案はヤンデレ臭がするよ!
 しかもかなりヤバイパターンの!
 
 そんな中、争いを避けるためにさやかのソウルジェムをトラックの荷台に投げ捨てる まどか・・・・

 だが――――

Mamama10

 「どういう事だおい…こいつ、死んでるじゃねぇか!」
 
 ……んなっ?!!?
 こんな早い段階でまさか さやかまで!?
 容赦ないにもほどが有るよ!

Mamama11

 「君たち魔法少女が体をコントロール出来るのはせいぜい100メートル圏内が限度だからね」
 「まどか、そっちはさやかじゃなくて、ただの抜け殻なんだって。さやかはさっきキミが投げて捨てちゃったじゃないか」 

 「魔法少女との契約を取り結ぶ僕の役目はね、魂を抜きとってソウルジェムに変える事なのさ」

 と、とんでもねぇ事さらっと言いやがったぁぁぁーーー!!!

 つーか、杏子も驚いて怒ってるってことは、言ってなかったのかキュゥベえ…。
 ホント怖いなこいつは!

 「ソウルジェムさえ砕かれない限り、君たちは無敵だよ?弱点だらけの人体よりも、よほど戦いでは有利じゃないか」
 
 ・・・戦いのことしか考えてないなこのイキモノは!
 
 だってそれは逆に言えば、肉体がどんなに健康でも、ソウルジェムを失くしたら死ぬって事じゃないですか!

 もしもどこかに置き忘れたり、落としたり、盗まれたりしたら、それでもう死ぬって事ですよ?
 日常生活においては怖すぎるでしょうそれ!

 ソウルジェムが戻ってくれば良いですが、もしも戻らないまま、肉体が死んだと判断されて火葬にでもされた日には、残された魂はどうなっちゃうのさ?
 誰か別の人に乗り移ったり出来るのかい?
 出来ないとしたら、ただ延々と魂だけになって、動けもせずに存在し続けるってこと?
 ・・・・・うわ、なんか想像したらすごい怖い…。

Mamama12

 だがしかし、そこへ救世主ほむら!
 走ってソウルジェムを取り戻してきてくれたのか…わざわざ自分の魔力を使ってまで・・・!
 なんて良い子なんだっ!
 
 Mamama13


 そして復活のさやか!
 良かった!ホント良かったっ!!
 「…なに?」
 よし、とりあえず ほむらちゃんに「ありがとう」って言おうぜっ!

 ・・・にしても、怖いな~この作品怖いわーー!!

 いつ誰が死ぬか解らないですし! 

 ・・・けど、これでキュゥべえの異常さに気付いた杏子が、ちょっと考え方を変えて仲間になってくれたらいいのに・・・・と思いつつも、そう簡単には行かないんだろうなぁ……ああもう!

 続きが気になって仕方なし!


――――――――――――――――――


・一言感想。


『Rio RainbowGate!』 6話
 なんですかあのアフロサムライ(笑
 いちいちセリフが面白いな!
 あと、マイティパワーって!ボンジャックなのかい!?なんかBGMもそんな感じでしたし!
 思わずバーチャルコンソールでダウンロードしてあった「マイティボンジャック」プレイしてしまいましたよ(笑
 そして、そういえばテクモだった、と思い出して、そういうコラボなのか!と。
 ナイスです。


『GOSICK―ゴシック―』 6話
 怒っててもヴィクトリカは可愛いなもう!
 っていうか、あんな夜中に歯医者行く訳ないでしょ九城(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「逆転検事2」クリアしました!

 お、コレクターズパッケージも普通の値段で買えるようになってますね…。

 まあそれは置いといて。

 いやぁ・・・・面白かったです!

 途中はちょっと中だるみかな?と思う場面も有りましたが、終わってみれば完全に面白かったです!

 特に、ラスト2話の秀逸さは凄まじいです!

 1~3話は正直、ちょっと長すぎる部分が有って、途中ちょっと退屈だったのですが、4、5話はそれがすべて伏線になっていて、常に緊張感と、先の展開が気になるワクワク感に満ちた楽しく幸せな時間でした!

 全ての要素が見事に絡み合っていて、ここまで複雑な話をよくもまあ見事に組み上げたなっ!と純粋に脱帽するシナリオの構成力に関しては本当にずば抜けてました。

 前作の感想でも書いた気がしますが、「逆転裁判」シリーズはコミカルさもかなり魅力的だったので、その部分では正直「逆転裁判」には届かないかな、とは思いますが、その分シリアスパートの出来と全体の構成力、そしてボリュームで、「逆転検事」としての独自の魅力が出ていて素晴らしかったです。

 3話までは、新キャラがもひとつ魅力的に感じなかったのですが、それも4、5話で一気に覚醒しますし!

 特に一柳検事の話は、あんなにダメ息子だったのに、あの覚悟完了からの頑張りは、かなりウルウルしました!
 っていうか、ちょっと泣きましたよ…!

 ミカガミさんも、最終話で急に可愛いですし!

 さらには、最後の犯人はアニメーションの動きもかなり良い感じで、動物肘掛けは笑いました!
 あと、最後のやられモーションも秀逸!

 完全に楽しませて頂きました! 

 ただ、やっぱり1~3話に関しては、もちっと短くても良いのかも、と。
 もちろん、今までのシリーズは総じてボリューム不足が難点だったので、それを解消しようとしてくれた努力に関しては本当に素晴らしいと思うのですが、長ければ良いという訳でもないのが難しい所だったり…。

 同じボリュームなら、1話ごとは半分の長さで良いので、その分話数を増やして欲しいです。

 全5話、というシリーズの伝統を守るのもそれはそれで良いのですが、その方がより満足感は高まるかなぁ・・・とか。

 やっぱり、一番面白いのは事件を解決する瞬間なので、その瞬間がテンポ良く回ってくるのが理想ですし。

 この長さだと、なかなか事件が解決しないので、情報を集める作業をしてる時間が長くて、それが間延びしたような感覚につながってしまっているのかも・・・?


 と、ちょっと苦言を呈したりしましたが、これはもう、出来が良かっただけに、より上を望んでしまうという贅沢に他ならず、全体的に出来としては、本当にプレイして良かったと心底思わせてくれました!

 もし未プレイの方がいたら是非にお勧めします!

 ・・・あ、ただ、「逆転裁判」シリーズのキャラや、前作「逆転検事」のキャラが結構出てくるので、そっちを先にプレイした方が良いのかも?


 

 今はシリーズ全部廉価版で出てるので、フルプライスだと値段的にボリューム不足な過去作品も、この値段なら絶対的に損は無いです。

 この機会にプレイして見るのはいかがでしょうか。
 損はしないですよ!

 本当にこのシリーズは外さないです!
 次回作も出たら絶対に買おう、と心に決めたのでした。

 ・・・ただ、今回を超えるものが出来るかどうか・・・・・そう思ってしまうほどの出来でしたし!

        なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『夢喰いメリー』6話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『夢喰いメリー』 6話
 夢路……漢だな・・・っ!

Mery1

 そりゃあメリーさんも惚れるってもんですよ!

 そんな中、由衣役の秋谷 智子さんってどこかで見た名前と声だなぁ・・・と思っていたのですが、「おじゃ魔女」の はづき でしたかなるほど。
 一瞬出てきた子供時代の由衣の声は印象ありますね。

 それはそれとして。

 耐えきれず倒れてしまう夢路・・・・・。
 ディドリームの中でジョン・ドゥに出会い大ピンチ・・・・・と思いきやっ!

Mery2

 「は~い、おとなしくするにゃ」
 「あ、あの、包帯巻くのでお洋服脱がせますにゃ」
 
 超絶可愛いんですけどっっ!!

 「ふっ・・・気に言ってくれると思ったんだが…」
 そりゃあもう!大いに気に入りました!(笑

 よし、とりあえず、ショートカットの片岡 あづさ さんボイスの子を貰おうか!
 普段の自分の好みから言うと、巨乳のお姉さん系の方が好みなので、もうひとりの美佳子さんボイスの方に行きそうなものですが、今回ばかりはなんかもういろんな要素でショートカットの子がツボ過ぎました。

 なんか、昔から髪に白系の色が混じってる娘を凄まじく可愛いと思ってしまうヘキが有りますし。

 あとは、自分がどれだけ片岡 あづさ さんが好きなのかという事を小一時間語りたいですが、まあそれは自重して・・・と。

Mery3

 うわ~・・・もうナニコレ超可愛いじゃないですか。
 この子レギュラーで出て欲しい。
 
 ・・・ここ最近は、デザインの段階だけでここまで惹かれるキャラって居なかった気がする・・・・久々の大ヒットですよ。

 ・・・正直、こっから結構大事な設定とか今後のストーリーの布石とか語られてるのですが、正直猫ナースの二人しか目に入らない状態でした(笑 

Mery4


Mery5

 なんかもう、映るたびにいちいち可愛いし! 

Mery6


Mery7


Mery8

 ヤバイ、キュートすぎる。

Mery9


Mery10


Mery11

 もはや猫ナース祭りの状態!

Mery12

 このアングルはエロス。


Mery13

 うむ!堪能しました!
 面白かったです!(笑


 いやいや、実際、真面目な話の部分もきっちり楽しみましたよ!
 ただ、夢路が意外とあっさり復活したので、ここはもうちょっと引っ張って感動的な復活劇にしても良かったかな?とは思いましたけども、全体的には良い感じでしたし!

 ただ、猫ナースの再登場をそれはもう望みますけどね(笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『I・S‹インフィニット・ストラトス›』 6話
 シャルル可愛いなっ!
 というか、女だと発覚した途端に胸が大きいってどういう事ですか(笑
 あと、EDの女子制服姿は抜群すぎて困った。
 とはいえ、あの走ってるだけのEDはどうしても好きになれないのだった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・「フラクタル」「放浪息子」はお休みでした。楽しみにしてたのに…残念。


・あとは・・・・今日予約したもの!

 「月刊アニメスタイル 第1号」と「マーヴルvsカプコン3」です。

 「月刊アニメスタイル」は、元々「Webアニメスタイル」を毎日見ているので、その流れも有って購入決定。

 ただでさえ内容に興味津津だというのに、「とらドラ!」の大河最終回制服バージョンの ねんどろいどぷち が付いてくるとなれば、これは買わない訳には行くまいて!

 ただ、ねんぷちよりも、公式ページに書かれているアニメーターさんたちの名前を見てる方が心が昂る訳ですが(笑

 あのメンツはたまらないです。

 楽しみ。

 そういえば、第2号には「ナディア」のねんぷち が付くらしいですが・・・・なぜ今ナディアだろう!?
 まあ、完全に欲しい自分がいるので、そういう意味では見事な狙いだともいえるのですが。

 
 ・・・んで、「マヴカプ3」は、ゲーセンで出ない格ゲーを買うべきかどうか悩んでいたのですが、カプコン側のキャラにレイレイが居たので、それだけで一気に欲しくなるという(笑

 しかも、公式サイト見たらレイレイの声が早見 沙織さんはなんたる素敵キャスティング!
 最近のカプコン格ゲーはキャスティングが神がかってますね…。

 さらに言うと、amazonのポイントやらギフトカードが2000円分くらいたまっていたので、その割引で買えるのなら・・・・・と。

 考えてみれば、「マブカプ2」も相当ハマりましたしね。
 当時はドリキャスで、プレイ時間のタイム表示が99時間59分59秒を超えてもまだまだ延々とやり続けていた記憶が有るので、今回も楽しめるといいなぁ・・・と。

 ただ、ウチはネット回線の速度が5Mなので、ネット対戦が快適に出来るかどうかは結構心配なのですが。

 「スパ4」はわりと出来たので大丈夫だと思うのですが……ゲームスピードが早いでしょうから、その辺がどう出るか・・・・・。

 不安も有りますが、楽しみも大きいです!

 っていうか、「モンハンP 3rd」「逆転検事2」「マブカプ3」と、最近勝った新品ゲーム全部カプコンだ・・・・・恐ろしい…!

 すげぇなぁ、カプコン。

         なんて言いつつ本日はこれにて。

|

2月10日のアニメ一言感想。(ネタバレあり

『イナズマイレブン』 118話
 円堂とロココのシンクロは笑いました!なんでアレで理解できるんですか(笑
 そして、敵のポジション分業って設定はなるほど面白いな、と。そういう部分は確かに、どんなに身体能力が高かろうと練習しないとダメな部分なので、わりと説得力ありました。
 ただ、最終的にはガルシルドに小物感が出てしまったのは残念かなぁとは思うのですが。
 もっとこう、大物のボスを倒した!っていう散り際を見せて欲しかったかも。
 それでも面白かったですけどね。


『これはゾンビですか?』 5話
 アバンが、エロと思わせといて~…のパターンかと思ったら、まんまエロかったです(笑
 そこは凄い好きでしたが、ストーリー的には、ハルナと歩の関係性をそこまで強めるエピソードは無かったと思うので、唯一名前を覚えてると言われても、ちと違和感も有りでした。
 あと、京子が悪役なのは結構早めにバレバレでしたよ(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・・・ホントになにも無い、どうしましょう…。

 昨日はずっと「宇宙ショー」見てたので、逆転検事2も進んでないですし・・・・・・・今日は・・・・・あ、十六茶を買いました。

 「けいおん!」とコラボしてて、ちっさいストラップが付いてたのでつい…。

 どのキャラにすべきか悩んだ結果、ムギを選ぶ!

 それが自分です。

 造形的にはあずにゃんや澪も好きなんですけどね。

 というか、まあどのキャラも好きなんですけど、やっぱムギですよね。

 
 と言いつつ、特にその写真を貼ることも無く終わるのでした(笑

 最近ちょっと一言感想多めな気もしますが、色々アレなのでご勘弁。

      ではでは、本日はこれにて。

|

『宇宙ショーへようこそ』のブルーレイが届いた!

・今日買ったもの。(ネタバレあり


『宇宙ショーへようこそ』 ブルーレイ限定版
 アマゾンが発売日前日に届けてくれた!
 珍しい!けどありがとう!

 という訳で、早速見ましたよ!

 昨日もちょっと書きましたが、結局劇場では見られなかったこの作品。

 唯一いける予定だった日に、台風で電車止まって行けないとかどんだけ不運なんだ自分…。

 なんて思いつつも、倉田・舛成コンビの作品がそれはもう大好きな自分としては、未見の映画BDに8000円出すのにかけらも躊躇はなかった訳で!

 ・・・んで、実際に見てみましたが、見事に面白かったです!

 正直、物足りない部分も有りましたけど、それでも確実に見る価値の有る作品だったかと!

 物足りない部分で言うと、ちょっと展開が強引だったり唐突だったりする部分が有りますし、一番もったいないと思ったのは、ポチとネッポ達の関係性がイマイチちゃんと解らなかったので、この二人のやり取りにも一つ感情移入できなかった事でしょうか。

 ブックレットに細かい解説が載っているので、それで補完すれば「なるほど」と思えるのですが、本編の内容だけでそれをきっちり伝えてくれた方が確実に良かったと思うので、そこはちとマイナスポイントでした。

 あと、ペットスターも重要な要素なので、もちっと掘り下げて欲しかったかも、と。

 ただ、限られた時間の中で何を優先するかと考えた場合、主人公五人の子供たちを掘り下げることだと思うので、その結果なのだとは思うのですけれどもね。

 そういう意味では、子供たちはがっつり魅力的でしたし!

 相変わらず桝成さんコンテは日常芝居が細かい細かい!

 こんな風に、ちょっとした動きや仕草を積み重ねる事によって生み出されるキャラの個性とか魅力ってのを、本当に解ってる人だなぁ・・・・と尊敬にも似た気持ちです。

 とりあえず、インク超可愛いですし(笑

 アレはちょっとずるいレベルです!
 キャラデザからして勝ちにきてますし!

 それと、驚いたのは、声の演技が想像以上に素晴らしかったです!

 子供の声をリアル子役が当てているのですが、これはもうアニメ作品において諸刃の剣というか…上手くハマれば良いのですが、下手な子が当てるとただ作品を台無しにする事も多々あるので、ちょっと心配していたのですが、まぁ上手いです。

 インク役の飯野茉優さんは最近他のアニメでも見た名前ですが、完全に上手いです。
 周役の子も、演じた時には7歳とかって年齢を考えると異様な上手さです。すげぇ。あの泣きの演技はどんなに上手い声優さんでも、大人には決して出来ない泣きでした。

 キャストのコメンタリーもちょっと聞いたのですが、みんなリアルに子供でかわいいな!と。

 よくもまあこれだけしっかりとした演技の出来る子供たちを集めたモノです。
 素晴らしき。

 それはそれとして。

 ストーリーの話に戻ると、個人的には日常の場面の方が楽しかったです。
 終盤の盛り上がりももちろん素晴らしいですし、さらわれた後の葛藤からの覚悟の場面とか、助け出す直前のクライマックスとかは思いっきり泣きましたけど、そういう激しいシーンより、月でのバイトの辺りの楽しさとか、なによりも、地球に帰ってきて、子供たちに成長が見えた場面はなんかすっげぇグッときました。

 清が「医者になりたい」って言って、母が「知ってたよ」と頭をなでる場面でなぜかボロ泣きですし!

 なので、この作品はやっぱり、子供たちの成長物語なんだろうなぁ・・・と。

 笑えて泣けてワクワクできる、良い作品でしたよ!

 あと、今までの倉田・舛成コンビの作品を見ている人には伝わる細かいサービスとかも面白いです。
 キャストとか、火星人ちゃんとか(笑

 そんなに時間がなかったので、まだ1回普通に見て、ベサメムーチョコメンタリーで半分くらい見ただけですが、もう一度見直すと色んな伏線が見えて面白いので、何度も見ますよ!

 とりあえず、コメンタリーが3つも入ってるので、それは全部聞きたいですし!
 っていうか、その全部に舛成監督が居るんですけど・・・・・同じ作品に3回もコメンタリーするの大変そうだなぁ・・・と思ったりしました(笑

 そういえば、も一つ気になったのは、特典でDVDが二枚付いていて、ブルーレイ1本とDVD二枚の三枚組なのですが・・・・・これって、特典もブルーレイにすればブルーレイ二枚組で収まったんじゃなかろうか…?

 どっちにしたところで値段的にはそれほど変わらなかったと思うので、ディスク入れ替えの手間を考えると、出来ればそっちの方が良かったなぁ・・・とは思いましたとさ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・本日のアニメ一言感想。(ネタバレあり


『デジモンクロカウォーズ』 26話
 先週死ぬほどウザかった右上のテロップが必要最小限にまで減っていて一安心。
 という事は、自分と同じ意見の人がたくさんいたってことだよね?という意味でも一安心(笑
 それはそうと本編は、シャウトモンの覚悟が素敵でした!


『君に届け 2ND SEASON』 5話
 千鶴の化粧をしてあげる あやね の場面は素敵だったなぁ…!
 けれど、爽子と風早はやっぱりもやもや…そして建人はアレどういうつもりなんだい?マジ惚れなのかい?
 っていうか、この流れで、ここからまで5話も6話もモヤモヤ続きなのだろうか・・・と思うとさすがにそれは焦れったい気もする…。
 いや、確実に面白いんですけども!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・あ、「君に届け」の実写コーナー「シリトド」で紹介されてた、別冊マーガレット3月号…

 二期の最初に放送された0話(総集編)と、キャストトークが収録されたDVDが付いてお値段450円は破格の安さなんじゃなかろうか・・・・!!

 しかも0話はDVDに収録されないってことは、ここでしか見れない可能性ありますし!
 まあそのうちBOXとかが出たら入るかもですが、いつ出るか解らないですし、450円ならこの為だけに勝っても絶対損しないよなぁ・・・・・と。

 ……買うか!?初めて少女漫画雑誌を!

 ――――この歳になって少女マンガ雑誌買うのは、エロ本買うより恥ずかしいぞ(笑

 でも…能登さん見たいので、買うよ!店頭でな!
 
 ・・・いや、だって、450円の雑誌買うのに代引き手数料260円取られるの馬鹿らしいじゃないですか。

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『レベルE』5話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『レベルE』 5話
 Livel_e1

 斬新な誘拐予告ですね(笑

 しかもホントにさらうし!
 キャトるんですか!?

Livel_e2

 「僕はドグラ星の王子。地球の平和を守るために~…やってきた!正義の治安維持委員長だ」
 いきなり嘘が出ました(笑
 あとなにその衣装とポーズ!

 そんな中、委員長が不憫ですよ!
 押しつけられて頑張ったのになじられる!
 君らは仲良しなのかい!?

Livel_e3

 って、明らかに改造されるっ!!
 おおぅ…「やめろーじょっかー!ぶっとばすぞーう!」…という、懐かしいネタ思い出しました(笑

 それはそれとして。

 「えっと・・・・ぶ、ぶぶ…ブルーチャージ」 
Livel_e4

 『チェンジ カラーレンジャー!』
 あはははは!立木さん!立木さんボイス!
 そんなもんライダーじゃないですか!
 しかも声のエフェクトまでそっくりに!

 元々立木さんがナレーションだからこその遊び心なのか、これが有るから立木さんにナレーションを頼んだのかどっちでしょう(笑
 まあ前者でしょうけどね。

 ・・・・で、

Livel_e5

 「夢を見ました…茄子色のお姫様が、ヒキガエルの子供とくるくる回るのです」 
 
 「……普段通りだな」 

 それが普段通りだとすると、その少年の精神状態が心配になるよっ!?

 なんて思っていたら…
 
Livel_e6

 MAXテンションからいきなり蹴とばされて吹っ飛ぶ赤に笑いました!
 飛び過ぎでしょうよ!それで無傷って!(笑

Livel_e7

 変身しちゃって運ばれてる姿もシュールですし!
 なんでその運び方なんですか!?

 そんな中、先生は宇宙人だったのです!

Livel_e8

 けどなんか、わりと可愛い気がするよ!?
 トイレの場面は怖かったですけど!

 そしてCM明けのアイキャッチ・・・

Livel_e9

 え?この話ってロボットも出てくるんですか?(笑


 ・・・んで、先生との対決に備えて説明書を見るカラーレンジャー!

Livel_e10

 妙に可愛くてポップな説明キャラが出た!

 「カラーレンジャーはいろいろな武器を使えるんだ!まずは、包丁や金槌!どちらもお店で買えるけど、相手の身になったら使えないよね!」
 けど言ってることは全然ポップじゃないし!

 「そして、拳銃やライフル!遠くの敵も、これならOK!」
 「戦車に戦闘機、破壊力充分!だけど、値段はかなり高いんだ…旧共産圏が狙い目だよ!」
 
 いやいや、旧共産圏狙ったところで無理ですから!(笑

 「最後に…核ミサイル~!」
 ネコ型ロボットみたいに言うなーーー!!

 「でも、日本には非核三原則が有るから、入手はかなり困難!」 
 だめ、絶対!はここで言うべきだと思う(笑

 いや~・・・このくだり妙に好きでした!

 それはそうと、先生はやっぱり良い人でした!

 「赤ん坊は高いわよ…高過ぎて誰にも絶対払えないの」
 素敵ですし!

Livel_e11

 この場面の先生凄い可愛いですし!
 うむ、ナイスキャラです。

 うん、これは面白いです!
 正直、この話だけでも一作品出来てしまうくらいの内容だったかと!

 良い出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『みつどもえ 増量中』 5話
 ほぼ杉崎祭りのようなもの!
 ちょっと泣きそうでしたよ!ただ、素直に感動させる訳もないのがこの作品なのですが(笑


『ドラゴンクライシス!』 5話 
 ・・・出来は完全に良いはずなのに、なんかもひとつ面白みに欠ける気がしてしまうのはどうしてなのだろう…?
 ただ、予告はちょっと笑いましたけどね。
 「マルチではありません、マルガです!」中の人的にはマルチも間違いではないって言う(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「宇宙ショーへようこそ」BDの発想メールが届いたっ!!

 結局劇場には見に行けなかったので、楽しみです!

 ・・・今でも忘れませんよ・・・唯一いけるチャンスの有った日に台風がきて、それでも何とか晴れ間が見えたからいけるかも!と駅まで行ったら、落雷で電車が止まっていて結局いけなかったあの日を・・・。

 まあでも、あの頃とは違って今は部屋のテレビも22型のデジタルテレビなので、家でもそれなりに見応えの有る環境で見れるのが救いです。

 以前は小さなアナログテレビだったので、劇場作品を見るには物足りなかったですが、今はだいぶマシかと!

 「サマーウォーズ」とか「エヴァ」とかも、今のテレビで改めてブルーレイで見たら全然印象違いましたし。

 そんなわけで、綺麗な画質でがっつり楽しみます!

 見たら感想書きます。

         なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『スイートプリキュア♪』1話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


スイートプリキュア♪』 1話 新番組
 始まった新シリーズ!

 ・・・けど、初っ端から設定説明的なシーンが結構長い…。

 しかも、メインの二人が出ない流れでの設定説明なので、ちとダルい感は有ったかなぁ・・・と。

 ただ、ハミィは三石さんボイスの魅力も加わって、今までのマスコットキャラの中でも最高峰の可愛さなんじゃなかろうか!

 逆に、敵側のデザインにはあまり魅力を感じず・・・・。

 小物感バリバリの敵のおっさんボスに、男しかいない手下達・・・・バランス的には女子が欲しいところです。

 セイレーンは好きですけどね。
 猫状態でも、体のラインとかバランスとかが良い感じだと思っていたのですが……

Sweet1

 まさかの人間化でこれまた可愛いですし!
 正直、メイン二人より今のところセイレーンの方が好みです(笑

 っていうか、その流れだと「プリキュア5」以来のマスコットキャラの人間状態有るのだろうか?
 となると、ハミィがどんな美少女になるのかちと気になる。

 そんな中、OPの歌は……悪くは無いけど普通かなぁ・・・と。
 ただ、映像的にはアクションはわりと期待できそうな予感もします!

 まあ監督の境さんは映画「ワンピース ストロングワールド」作ってたわけですから、あの映画作っといてアクションが苦手は無いと思うので、そこは安心かと。

 それはそれとして。

 ・・・メインキャラ二人の登場シーンは、いきなりナレーションで自己紹介させるってのはマイナスかなぁ…。
 やっぱり流れの中で、どういうキャラなのかをちゃんと魅力的に魅せる方が好みです。
 
 あと、メインキャラはまだしも、クラスメイトとかサブキャラのデザインがイマイチ魅力的に思えない・・・・いやまあ、前作が馬越さんだったので、そこと比べちゃうのはさすがに気の毒と言えばそうなのですが。

Sweet2

 ただ、このメガネっ娘はちょっと好きです(笑

 ・・・んで、ストーリー的には、ここから変身までの流れもイマイチ盛り上がらなかったなぁ・・・・とか。
 ハミィとセイレーンの漫才的な掛け合いは面白かったですが、演出が弱いので、もひとつ笑いが増えず…。
 あの辺りは上手く演出で盛り上げればもっと笑える場面だと思うんですけどねぇ…。

 なんて思っていたら…

Sweet3

 メガトーンを呼び出す場面のセイレーンは迫力有り過ぎでしょうよ!
 子供が怖くて泣いてもおかしくないレベル!(笑


Sweet4


Sweet5

 変身シーンは、格好良さよりも、可愛さとか優雅さを出そうとしているのかも?
 わりと嫌いじゃなかったです。

 ・・・・ただ、変身に使ったフェアリートーンが、「ド」から「シ」までの7つ有って、「ド」と「レ」を使って変身してましたよね・・・・・・・もしかして、最終的には7人になるとかって事が有るのでしょうか(笑

 二人から始まって7人になるってのは斬新ですけど、さすがにそんなことは無いのかな?

 まあなんにせよ、1話を見た感想としては、見事なまでに「可もなく不可もなく」だったなぁ・・・。

 とはいえ、まだアクションらしいアクションも無かったので、本格始動は二話からかな?と。

 面白くなれっ!と祈っています!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『べるぜバブ』 5話
 朝なのに服溶かすシーン普通にやるんですね(笑
 うん、ここまで来たらもう突っ走って欲しいです!


『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』 44話
 そもそも、「リュウになりタイガー」ってタイトルはセンスが良いの悪いのか(笑
 なんか好きですけども!


『STAR DRIVER 輝きのタクト』 18話
 ヤバイっ!ケイトのアイドルダンス可愛すぎるでしょうにっっ!!!
 普段のクールさとのギャップがもう!
 そしてラストはまさかの房中術ですか!?


『フリージング』 5話
 サテライザーの可愛さがウナギ登りですよ!
 ただ、ストーリー的には、どう考えても解り易すぎる悪役が出てきてそれを倒す、という流れが続いているので、もちっとパターンが欲しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「逆転検事2」はようやく4話に突入。


 おお!あのキャラが!
 待ってました!

 ただ、今のところちょっと1話1話が長すぎるかなぁ・・・という気もします。

 そのせいで、ちょっと間延びするところが有るというか…。

 ボリュームを増やすなら、1話を長くするよりも、そこそこの長さの話で良いので、話数を増やしてくれた方が嬉しいかも。

 ラストの2話くらいは長くても良いですが、ずっと長いとちょい疲れます。

 やっぱりこのシリーズの面白さは、最後の逆転に有ると思うので、それ以外の部分がこれだけ長いと、待ちくたびれる感じは有る気がします。
 
 それでも、退屈はしないように要所要所に山場を入れ込んでいるのは見事ですし、絶対的に面白くは有るので贅沢と言われればそうなのですが・・・・・・・こう、凝縮の美学ってあるんじゃないかなぁ・・・とも思ったり。

 そういう意味では巧舟さんの「逆転裁判」は、必要最小限の情報で最大限の盛り上がりを作っていたのはやっぱり偉大だったなぁ・・・と。

 ただ、それにボリューム不足を感じていたのも事実なので、結局は無い物ねだりじゃねぇか、ってことなのですが。
 
 そこをうまく両立出来れば、最高の作品が出来上がる気がしますが、そうそう簡単にはいかないのも理解できる訳で。

 ・・・まあ、なんだかんだ言いつつも完全にハマってますし、ボリュームを増やそうとしてくれたことは嬉しく思うので、満足はしているんですけどね。

 まだまだがっつり楽しみますよ!

       ではでは、本日はこれにて。

|

『ジュエルペット てぃんくる☆』45話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『ジュエルペット てぃんくる☆』 45話
 グランプリは一休みで、バレンタイン話!

Tinkul1

 「食べちゃだめ、食べちゃだめって解ってるけど…!」
 初っ端からこのサンゴの表情と演技がツボでした!
 っていうか、もはや甘いもの中毒なんじゃなかろうか(笑

 そんな中、魔法の恋薬をチョコに入れようとするルビーとラブラは、それはダメでしょ、と。
 そんな方法で好きになってもらってもダメなのだから!

 というか、どう考えてもトラブル巻き起こすフラグだとしか思えないよ!(笑

 ・・・にしても…

Tinkul2
 
 「手紙を渡すのだって恥ずかしいのにチョコなんて渡せるのかなぁ?」
 照れるあかりの可愛さは相変わらず凄まじい破壊力ですね!
 またこれ、宮崎 なぎさ さんコンテ回のあかりは異様に可愛いですし!

 なんて思っていたら・・・・・

Tinkul3

 完全防備ラブラがキュート過ぎたっ!
 なにこれ超欲しい!
 「昼休み、屋上、昼休み、屋上」と繰り返すのもまた可愛いし!
 これはもう沢城さんの演技の勝ちですよ!

 ・・・で、あの突然のアイドルグループはアレなんなんですか?
 何かのネタなんだろうか・・・・・良く解らず・・・。

 それはそれとして。

 待ち合わせ場所を忘れてしまったラブラ・・・・・けど、思い出した・・・かと思いきや!

Tinkul4

 「昼休み 図書室ラブ~!!!」 
 違うからーーー!(笑
 思い出した!みたいに自信満々だけど違いますからーー!

 一方教室では…

Tinkul5

 祐馬くんの前で髪型気にするあかり可愛いなっ!
 
 だがしかーーーし! 
 チョコを落とすハプニング発生!

 そして、それを食べた男子達から次々と告白がっ!

 っていうか、もし祐馬くんがチョコを食べてたらあんな風になっていたかと思うと、食べなくて良かったですよ(笑

Tinkul6
 
 それはそうとこの あかり可愛い。
 と同時にほんのりエロス。

 そんな中、昼休みになり、あかりは屋上、祐馬くんは図書室へ・・・・・。

Tinkul7

 「あかりちゃん遅いラブ…」


Tinkul8

 「はっ!」


Tinkul9

 「もしかして…ラブラ、なんか間違えたラブ?
 気付いた!
 けど屋上は思い出せない!
 ただ、とてつもなく可愛いよっ!

 「桜が屋上に!?」

Tinkul10

 「屋上……?―――ギャーーー!!」 


Tinkul11

 「お、おくじょ!祐馬くん!待ち合わせ場所、屋上だったラブ~~!」
 やっと思い出したぁーー!(笑

 そしてついに二人の空間に…!

Tinkul12

 「私、朝から色々有って…せっかく祐馬くん来てくれたのに、ちゃんと出来なくて……あ・・えっと・・・なに言ってるか、わかんないよね」

 「――――わかるよ」


Tinkul13

 「桜が一生懸命だって事、俺…ちゃんと解るから」

 ギャーーース!
 祐馬くんかっこいいぃぃぃーーー!!!
 惚れるわそんなもん!

 そしてついにチョコを渡すあかり!

Tinkul14

 ただ、失敗にしても、どう失敗すればこんなことに?(笑

Tinkul15

 祐馬君の微妙な表情がなんともまた!

 だがしかし…!

Tinkul16
 
 「はぁぁ~…凄い、恥ずかしいんだけど…」

Tinkul17

 「ふわぁぁ~!やっぱり変だよね、ごめんなさい!失敗したチョコなんか!」 
 
 この照れるあかりがなんと可愛いっっっ!!!

 ・・・・・・って!!

Tinkul18

 「本当を言うと…桜のチョコ、すげぇ欲しかった」


Tinkul19

 「えっ…?ふぇぇぇぇえぇぇ~~!!」


Tinkul20

 「ありがとう、凄く嬉しいよ・・・・・俺、桜のこと好きだから…」
 
 ぎゃーーーー!!

Tinkul21

 きゃーーーーーあ!


Tinkul22

 みゃーーーーー!!!


Tinkul23

 なにこのキュンキュン祭りぃぃぃぃーーー!!!
 キュンキュ~~~ン、フィスティバール!あーんど、カーニバール!

 ついに思いが通じた―――って聞いてなかったんかい あかりーー!(笑
 
 Tinkul24

Tinkul25

 ただ、ラストのこの動きがあまりにも面白可愛かったですし、結果的に幸せなのだからオールオッケーですよ!

 あーもう、素敵過ぎましたっ!

 素晴らしい出来でしたっっ!!

 ・・・おおぅ・・・気づけば画像の数がかつて無いほどに・・!
 けど しょうがない!今回はしょうがないですよこれは!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『カードファイト!! ヴァンガード』 5話 
 ・・・なんか急に出来が良くなった気がする…?
 ただ、あの小学生は好きになれませんけども!生意気な子供は基本嫌いさ!(笑


『バクマン。』 18話
 「超ヒーロー伝説」と「聖ビジュ」のダブルOP(笑
 ナイス遊び心。
 それはそうと、ラストのあの流れはシュージンが悪いと思うんだ。


『テガミバチ REVERSE』 18話
 心弾が撃てなかったらラグはどう考えても戦えない!
 大ピンチじゃないですか!


『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』 5話
 今回はもう兄の駄目っぷりが超全開でかなり笑いました!
 けど、ペットになりたい気持ちは、正直良く解るっ!(笑


『とある魔術の禁書目録<インデックス>Ⅱ』 17話
 お、新OP!良いですね!
 そして本編は美琴可愛い祭りっっ!と同時に、シスターズ&ラストオーダー可愛い祭りっ!
 あと黒子大活躍(笑
 うん、この作品はシリアスよりもこういう楽しい回の方が、個人的には好きです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
・あとは・・・・・・特にはないですが、あえて言うのなら、今日からついに「スイートプリキュア」開始!

 さてさてどうなるやら…期待です!
 
 朝からワクワクさせてくれると良いなぁ・・・・と。

      なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『魔法少女まどか☆マギカ』5話…っ!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『魔法少女まどか☆マギカ』 5話
 「受け取るといい、それが君の運命だ」

Mamama1

 怖いよ!
 キュゥべいの無表情怖いよっ!

 ・・・んで、友人ひとみ のあの出来事は「集団幻覚」ですか…。
 これは、そうとしか説明できない、という決着なのか、それとも…そうなるように「誰か」が「操作している」のか・・・・どっちでしょう。

 にしても、明るく笑う さやか が無理してるようにしか見えなくて切ない…!

 けど…・

Mamama2

 「もしかしたら、まどか と ひとみ、友達二人も同時に失くしてたかもしれないって……そっちのほうがよっぽど怖いよね」 
 それもまた事実だし本心なんだろうなぁ・・・と。

 つーか、ここでの まどか との会話聞いてると、さやかホント良い子だなぁ…。

 そんな中、怪我の治った少年・恭介も、復活のバイオリン演奏で幸せな雰囲気満載でひとまず良かったなぁ………とは思うのだけれど・・・・・・・・

 どうしても、実はあいつがアレであーなってんじゃないかという疑心暗鬼が捨てきれない・・・・・。

 展開予想は書きませんけどもさ。
 当たってても外れてても、つまらなくなると思ってるので。

 それはそれとして。

 新たな魔法少女・杏子…。

Mamama3

 「瞬殺っしょ、あんなヤツ」 
 さやかを殺す気満々だしっ!

 「全て君の思い通り行くとは限らないよ」 
 もっと強く止めろよキュゥべい!!
 死んだら死んだでまあいいや、くらいに思ってんだろお前!

Mamama4
 
 だからその無表情をやめなさい怖いから!(笑

 そんな中、ほむら に さやか との共闘を頼むまどか・・・・。
 まあ、それが唯一出来ること・・・だよなぁ…。

 「私は嘘はつきたくないし、出来もしない約束もしたくない・・・・

Mamama5

 ―――だから、美樹さやか のことは諦めて」 
 
 けれど、返ってきたのは冷たい言葉・・・・・・・。
 
 「一度魔法少女になってしまったら、もう救われる望みなんてない。あの契約は、たった一つの希望と引き換えに、全てを諦めるって事だから…」 

 ・・・・・・・考えてみたら、これってつまり、死ぬまで終わりがないって事なんじゃないのか?という気がしてならない……。
 「魔女」を今後一切出てこないように全滅させられるのならまだしも、そうではなくて、未来永劫どこからか湧き続ける存在なのだとしたら、ずっと戦い続けないとならないって事・・・ですよね…。

 それとも、何年かしたら「魔法少女」としての「あがり」みたいな事が有って、そこを超えればもう戦わなくて良いのだろうか……?

 ・・・・もしも、それが無くて、永遠に戦い続けるのだとしたら、いつか負けて死ぬまでずっと戦い続けるのか・・・そして結界の中で死んだら死体も出ずに誰にも知られる事は無い……つまりこれって、「誰にも気づかれずに死ぬ」までずっと戦い続けるって契約なんじゃねぇの?…と思うと怖すぎる…。

 そりゃあ、魔法少女になってしまったら未来は無いよなぁ……。

 なんて思いつつ……

Mamama6

 このキュゥべいをちょっと可愛いと思ってしまったのがなんか凄い悔しい(笑

 ・・・そして、まどか と一緒に魔女探しへ…。

 「実際、君が隣に居てくれるだけで、最悪の事態に備えた切り札をひとつだけ用意できるしね」
 相変わらず黒いなキュゥべいは・・・!
 
 それはそうと・・・・・

Mamama7
 
 「ぶぅーんぶぅーん!ばっぶぉーーん!!」
 この使い魔の声って悠木 碧さんじゃなかろうか(笑
 ヒロインが兼ね役でザコ敵演じるって!
 笑いましたけども!

 ・・・んで、

Mamama8

 さやか の変身シーンは足がエロイです。

Mamama9
 
 大量の剣を次から次へ投げるアクションは格好良い!
 けど、別作品を思い出す(笑

 ・・・・・って、

 「4、5人ばかり食って魔女になるまで待てっての、そうすりゃちゃんとグリーフシードも孕むんだからさ」  
 うわ~・・・・・杏子とんでもねぇ!
 
 つーか、グリーフシードにはどんな効果が有るのかイマイチ解らない部分が有るんですよね・・・・。
 「魔法少女の魔力を回復させる」って話は有りましたが、それ以外にも何か集めると良い事が有るのでしょうか……だから、他人を犠牲にしても集めたい・・・のか?
 それとも単純に、魔力が常に全開で保たれ続ければ、それだけ自分が戦って死ぬ確率が低くなるから、自分が生き残る確率を上げるために、普通の人間にはエサになってもらう、ってことなのか……だとしたら、なんたる自己中…。

Mamama10
 
 ただ、くやしいかなアクションはとんでもなく格好良い!
 あの武器の形状もツボなんですよねぇ・・・・・自在に形を変える武器とか大好物ですし!

 にしても、さやか が 圧倒的にピンチだというのに…

Mamama11

 「どうしても力づくでも止めたいのなら、方法がない訳じゃないよ」
 「あの戦いに割り込むのは、同じ魔法少女で無きゃダメだ」
 こんな時にも勧誘かよっ!
 そんなに魔法少女を増やして、キュゥべいには何の得が有るんだ!?

Mamama12
 
 なんて言ってる間にも追いつめられたさやか!


Mamama13

 「私…!」
 ああっ!ついに まどか もキュゥべいの魔の手に!?
 
 と思った瞬間っっ!

 「それには及ばないわ」

Mamama14

 ほむら登場!
 なんて素敵な超ヒロイン!!

 素晴らしく盛り上がってきましたっっっ!!
 面白い!


――――――――――――――――――


・一言感想。


『Rio RainbowGate!』 5話
 あのロボットの声が日笠さんなのかぁ・・・今までにない感じの演技で素晴らしいです!
 それはそうと、スカイリゾートは維持費が凄い事になりそうだな…とか思えてならない(笑
 あと、バトルの内容がもはや何が何だか!カジノとかディーラーとか一切関係ないですし!
 面白かったですけれどもさ!


『GOSICK―ゴシック―』 5話
 ラストの赤面ヴィクトリカが可愛すぎて困るっ!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「部屋とパジャマとLISP」を見て、そのままの流れで公式サイトから1stアルバム(ファンクラブ限定版)をポチってしまいました。

 いやだって、どうせ買うならDVD付きの限定版が欲しいと思う訳で。
 普通の限定版が、DVD1枚付いて3990円な訳で。

 そこへ、プラス1000円でもう一枚DVDが付いてくる…となれば、当然そっちを注文してしまう訳で!

 しかも、二枚目のDVDに入っているあのイベントはニコ生で見てましたが、絶対にDVDになると思ってましたし、なったら欲しい!と思っていたので、それが付いてくるとなればそりゃあもう・・・・と。

 正直、アルバムを買うというよりも、DVDを買う意識で買いますよ!(笑

 そう考えればそれほど高くもないですしね。

 ・・・まあ、送料が500円で代引き手数料が200円の計700円プラスはなんか悔しいですけどね(笑

 お、アマゾンに写真集が。
 ・・・・・これは買うか悩む…。


―――――――――――――


・他には・・・・・・当然のように「逆転検事2」をプレイしまくり中です。

 けれど、今日一日かなりの時間を使ったにもかかわらず、ようやく3話目のまだ序盤という・・・・・1話1話が凄いボリュームですよ!

 ただ、これ何話まであるのでしょう?

 3話で終わりって事は・・・無いですよね?

 今まではだいたい5話まで でしたが、同じだとすると相当のボリュームですよこれは…。

 あえて情報を仕入れず、色々期待しつつ楽しみます! 

        なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『放浪息子』4話とか! 

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『放浪息子』 4話
 「子供ね・・・・・」
 「ねっ、佐々ちゃん」
 

Hourou1

 「う、うん。あっこれ準備体操!」 
 どう考えても浮かれてますよ!
 可愛いな佐々ちゃん!

 それはそうと、体育の先生(?)の声が大原 さやか さんでしたね。兼役!
 大原さんはわりとどの作品でも兼役多いイメージですね。
 まあそれだけ演技の幅が広いってことなのですが。素晴らしき。

 それはそれとして。

Hourou2

 「更科さんは一人だけビキニを着てこない!」 
 相変わらずの突っ走りマイロード!

 隣の桃子が見事に寸胴なのはナイス描き分け。
 アニメだと、「スタイル良くていいなぁ・・・」なんて言ってるキャラも充分スタイル良いだろ!?みたいな事が良くある中、きっちりセリフに説得力のある作画です。

 
 そんな中、泳ぎ方まで個性爆発なちーちゃん。

Hourou3


 それなんて泳法ですか?(笑

 ・・・んで、ユキさんの家へと行く よしの。

 「しーちゃんだけは、アタシを苛めなかったしね」 
 ・・・色々有ったんだろうなぁ・・・と思いつつも……ん?ちょっと待てよ・・・・ユキさんって元は男ですよね…。
 昔からの知り合いで、今は付き合ってる……って事は、しーちゃんは、ユキさんが男だった頃を知っているのに、今は女として付き合ってるのか・・・・・・・しーちゃん…勇者だな(笑

 いや、ニューハーフ的な人になんら偏見は無いですが、それでも昔からの友人が急に女になったら、どんなに可愛くても男の印象が残ってるから付き合えないよなぁ・・・・と思う訳ですよ。
 まあ、しーちゃんが元々どっちもイケる人だったという可能性も有りますけども(笑

 一方その頃・・・・・

Hourou4

 「千葉さんはぁ~?」
 ちーちゃんの中の人が千葉さんなのに千葉さんを呼ぶこの不思議感(笑

 まあそれは置いといて。

 「今日こそは一緒に帰ろうと思ったんだけどなぁ~」

Hourou5

 「ほぉっ!」
 桃子のこのリアクションツボでした!

 そしてその話題の中心、千葉さんは・・・

Hourou6

 「提出できるものは有りません」 
 なんて言うか・・・・・せ、先生頑張れっ!(笑
 「アイツ」呼ばわりされてるし!
 まあでも、本気で嫌われてるわけじゃないみたいなので救いはある・・・のかな?
 
 ・・・んで、修一 と さおり は家で脚本を・・・・・・って

Hourou8


 「なんであんたが居るのよ」
 そりゃあそう言いますよね!

 ただ・・・「千葉さんって、今も二鳥の事好きなの?」
 メガネ君がわりと重要な位置に!

 「二鳥、今でも高槻さんが好きだと思うよ」 
 意外と攻めますし!

 「往生際が悪いだけで、馬鹿よ・・・・・・・

Hourou7

 私も、二鳥君も」  
 解ってても止められないんだなぁ・・・・・それが恋・・・なのか…青春だぁ。

 「二鳥君は、男の子として女の子の高槻さんが好きなの?それとも、女の子になって、女の子として高槻さんに愛されたいの?」
 そうですよね、そこ重要ですよね。

 「これは、二鳥君の願望だわ。女の子になって、男の子の高槻さんに…その思いが、二鳥くんに この物語を書かせたのよ」
 うん、やっぱりそれが一番しっくりきますよね。
 ただ、それはそれで歪んでるというか捻じれてるというか・・・・・・・そのパターンだと、たとえば よしのじゃなくて、普通の男の子も好きになる可能性が有るってことなのか、それとも、あくまでも 好きなのは「男の子っぽい女の子 よしの」であって、純粋に男が好き、ということではないのか・・・・・・・そこは小さいようで大きな違いだよなぁ・・・とか。
 もしくは、性別とかではなくて、よしの という人間が好き、という考え方なのか・・・・。

 難しいなぁ……まあでも、修一自身もそこの答えは解ってないような気もしますけどね。
 
 
 にしても、なんで修一は よしの との買い物に女装で行くんですか(笑

Hourou9

 またこれ相変わらず可愛いしっ!

 なんて思っていたら・・・・・・・

 「文化祭の劇、僕、高槻さんにロミオやって欲しい」
 「それで、自分が、ジュリエットになりたい・・・です」

 
Hourou10

 「ぼ、僕の事を、女の子として見てほしい…!・・・です」
 「僕も高槻さんの事、男の子だと、思ってるから」

 そんなんもう告白じゃないですかーーー!!

 だというのに・・・・・

Hourou11

 「頑張ろう!」  
 芝居にかける意気込みみたいな事だと思われたーー!

 ・・・・けどまあ、それはそれで良いような、微妙に切ないような!

 ただ、名前の交換は素敵だなぁ・・・と。

Hourou12

 それはそうと、あのストラップはなんなのでしょう…「店長のストラップ」とか言ってましたけど・・・・え?店長は紫色なんですか?(笑
 二鳥母の「わぁ~独自性」ってリアクションが好きでした。

 ・・・で、翌日のHR…。

 「脚本作業を手伝ってみたいなぁ~と思う人は、手を挙げて~」 
 
 あーあーあー先生バカバカ!
 
Hourou13

 そりゃあ さおり もこんな顔しますよ!
 これで完全に嫌われた!裏目裏目ですよ先生っ!

 それはそれとして。

Hourou14


 「二鳥君の事が好きだからよ!」 
 この直球な好意が届かないってのはキツイよなぁ・・・・・ハッキリ言ってもだめならどうすればいいのかと。

 諦めることも、出来ないし。

 出来るのは、神に祈ることだけ…なのか―――。

 あ~もうなんだろうなもう。
 この作品なんでこんな好きなんだろ。

 ・・・・総じて考えると、自分は志村貴子さんの漫画が好きなんじゃなかろうか・・・今度集めよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『フラクタル』 4話 
 今回は映像的に凄まじく好きでしたっ!作画がツボでツボで!しかも原画陣のメンツが凄いですし!
 完全に見応え有りました!
 ストーリーも盛り上がってきましたしね!
 ・・・・・ただ、エンリ達が泣いてるのは凄い冷めた目線で見てましたけども。自分たちもさんざん殺しておいて泣く権利が有るのかい?と。
 まあでも、あれで視聴者を泣かせようとは思ってないでしょうから、意図的にそうしているのだと思うのですが。


『I・S‹インフィニット・ストラトス›』 5話
 友達の妹にまでかよっ!モテモテにも程が有る!
 あと、シャルルがどう考えても実は女なのは見え見え過ぎて逆に面白い気もする。そもそも、もし本当に男だとしたら、「唯一の男」ってコンセプトがたった5話で崩れることになるので、そんなことするはず無いですし。


『夢喰いメリー』 5話
 おおぅ・・・メリーの10年の切なさと、そこから来る今の笑顔にはウルウルと…!
 後半のアクションも神がかってましたし、素晴らしい出来でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・「逆転検事2」をきっちり買いましたよ!

 1話から凄まじいボリュームで驚いたっ!!

 展開も二転三転で、今までのだったら3話目4話目に入っていてもおかしくないようなボリュームでした!

 今日だけで5、6時間はやったと思うのですが、まだ2話の途中ですし!

 これはちょっと今まで以上に楽しめそうな予感です。

 ただ、キャラがちょっと弱い気はするんですけどね。

 このシリーズはやっぱり、とんでもないキャラの個性みたいなモノが面白さの一つだったりするので、そういう部分は今のところちょっと弱いかなぁ・・・という気はします。

 キャラの掛け合いも、まれに笑ったりするところも有りますが、もっと遊んでもいい気がしますし。

 まあでもそこは、たぶん今回も脚本は巧舟さんじゃあないので、そのレベルを期待してしまってはいけないのだと思うのですが。

 それでも充分面白いですしね!

 今回もがっつり楽しませていただきます!

         ではでは、本日はこれにて。

|

2月3日のアニメ一言感想。(ネタバレあり

『イナズマイレブン』 117話
 ん~…横道に逸れずに決勝を見たかった気もしないではないですが、決勝は余計な要素をなくして素直に試合をするために、ガルシルドとの決着をつけておく、という流れなのだとしたら、それはそれで有りかな、と。
 ただ、何かしらの手段で強化された相手との戦いってのは今まで何度も有ったパターンなので、今回は何か新しい形を見せて欲しい!と期待。


『これはゾンビですか?』 4話
 ゾンビとはいえよく食べたなあの料理!(笑
 後半は一転シリアスでちょっとウルっとしましたが、もうちょっとじっくり盛り上げて欲しかった気もします。
 ラストのアクションは格好よかったですけどね!流星キック!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・決めました!

 「逆転検事2」買いますよ!

 やっぱりこのシリーズに対する思い入れは強いので、こればっかりは発売日に買ってがっつりプレイします!

 ただ、今までのシリーズは大体2日~3日でクリアしているので、今回はもちっと長いと良いなぁ・・・と。

 そしてクリア後の要素が何かあれば最高なのですが……はてさて。

 まあでも、それならそれでクリアしてすぐ売れるので、それでまた別のゲーム買えると考えればそれほど悪いばかりでもないのですが。

 
―――――――――――


・他には・・・ん~・・・これで終わりじゃあ短すぎるのでどうしましょう…。

 あ、「アクアパッツァ」が凄まじく気になります。

 アクアプラスのキャラで格ゲーって・・・・・どんだけ心躍らせてくれるんですか!

 しかも、下手なメーカーが作ろうもんなら、つまらないキャラゲーだろ、と思ってしまいそうですが、開発は「アルカナハート」のエクサムと来ればこれは格ゲーとしてもしっかりしたものが出来上がるのは確実!

 期待は膨らむばかりです!

 「こみパ」から ちゃんさま とか出ないかなぁ……ダンみたいに、挑発しまくりのキャラになったら面白いのに!

 「ティアーズ」からはモルガン出ると、弓での遠距離攻撃主体キャラで楽しくなりそうですし・・・・・いろいろ想像するだけで楽しい!

 ・・・ただ、「リーフ」ではなく「アクアプラス」なので、「雫」から電波で戦うキャラが出たりとか、「痕」3姉妹の誰かが鬼化して戦ったりとかは無いのかなぁ・・・と思うとちと残念ではあるのですが。

 それでも、ゲーセンで出たら絶対やりこみます!

 そして家庭用が出たら買ってしまうであろう罠。

 正直、今発表されている5キャラだけでも、どれを使おうか心底悩みます・・・愛佳が面白そうですが、タマ姉も捨てがたい・・・・・カルラもキャラ的に好きですし、マルチを自由に動かせるなんて夢のようですし……あーもう楽しみすぎる!

 好きなものと好きなものが良い形で組み合わさって良いものができるのなら、こんなに嬉しい事は無いですしね。

 稼働予定の春が待ち遠しいです!

 あと、アクアプラス繋がりで言えば、「ダンジョントラベラーズ」もちょっと欲しい。

 PC版のファンディスクは結局買ってないのですが、このゲームは気になっていたので。

     なんて言いつつ本日はこれにて。

|

『君に届け 2ND SEASON』4話!

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


『君に届け 2ND SEASON』 4話
 「どういう意味なのかな……気にするまでもないような言葉だった、って事かな」
 「そうだよね、そう考えると あたりまえの事っていうか・・・・・あたりまえ、なんだけれど…」

 「何度も何度も思い出しては、あの時なんて答えればよかったのかな…って考えた」

Kimitodo1
 
 「へこむこと無い、へこむのはおかしい、と思う・・・・・恥ずかしい…自分ばっかり違う意味合いを考えて、自分ばっかり気にして……恥ずかしい。」
 そんなことないよ爽子!
 アレを何の意識もしないで聞き流す方がおかしいですって!
 っていうか風早がもう中途半端なことしおってからに!

 そんな中、動く建人。

 「見ててかわいそうなんだよ、貞子ちゃん…。あんま構わないでやんなよ」 
 「駄目だよ困らせちゃ」
 
 ・・・・・・どういう意図なんだろうここでのやり取りは…?
 
 風早を爽子から離そうとしているような会話ですが、これはあえてそういう事を言って風早を焚付けようとしているのか、それとも本当に言葉通り、風早が爽子の近くにいない方がいいと思っているのか・・・・・。

 どう考えても、爽子が風早を好きなのは解っているでしょうし、このやり取りで風早も爽子が好きってのは解ったと思うのですが・・・・・それでも言葉の方向性はブレないんですよねぇ・・・・・。

 それはそれとして。

Kimitodo2

 「トオルから電話がきてさ、ちぃには絶対出てほしい、って」
 ・・・・好きだった男の結婚式へですか・・・・・それはそれで残酷のような気もしますが、本人が吹っ切れていて、呼ばれたことを喜べるのならまあ良い・・・・のかな?

 ・・・んで、そんな千鶴に偶然出会う風早。

 「俺と黒沼って、そんなに違うかな…?」
 「俺、そんなに黒沼の事、解ってないのかな」
 
Kimitodo3

 「・・・は?…解ってないんじゃない?」
 ド直球!(笑

 「そういう意味では、一番爽子から遠いのは、風早かもしんないね」 
 まあ、常に人から避けられていた爽子と、常にみんなの中心に居て笑っていた風早では、確かに遠いっちゃあ遠いよなぁ・・・・と。

 そんなこんなの翌日と有っては、風早側も意識してしまうのは有る程度仕方ないとも言えるのだけど・・・・・

Kimitodo4
 
 「ああ・・・間違えた…こんなの、別に普通のことだった。元々、これが普通なのに…一瞬、避けられたかと・・・・・何を思いあがって・・・・・・・」 
 違…ああもう!爽子のマイナス思考が全開にっ!
 なんとかしようぜ風早ーーーー!

 そこで あやねですよ!

Kimitodo5

 って、これ可愛いな(笑

Kimitodo6

 「怖いのは、爽子だけじゃないんだからね…」
 「怖いからってなにもしなきゃあ、今のツライ状態がずうっと続くってことなの。それが嫌なら、自分でどうにかするしかないんだよ」

 ・・・・あやねさん…いや、姉さん!
 良かったよ姉さんが爽子の友達で!

Kimitodo7

 なぜか千鶴も貰い泣き(笑

Kimitodo8

 そして、その千鶴から しれっとハンカチを奪い取る姉さん(笑
 いいコンビだな!

Kimitodo9

 「ゲシっ!」
 ナイスキック! 
 ここ数回の風早になら、そのくらいはしても許される!

 「避けられ慣れてるんだから、あの子。誤解与えるような真似、しないでよね」 
 それはそれで切ない話だなぁ……。

 なんて思っていたら・・・・・

  「えっ!?風早、好きな子いるの?」
 ・・・・・・ち、千鶴さんっ!?

Kimitodo10

 「風早の好きな子が爽…!」
 今気づいたーーーーー!!
  
 「じゃあ良いじゃん!けちけちしないで教えてやれば!

Kimitodo11

 風早!朗報~!!」
 あはははは!なんて単純な良い子なんだ!
 けど、それで解決したら苦労は無いのさ!

 「じゃあ、爽子に教えて、告白させればいいじゃん!

Kimitodo11
 
 さーー朗報ーー!」

 天丼(笑

 ・・・んで、
 「あの子が自分で自信つけて、自分から告白したいって思ってほしいの」
 「だってヤじゃん、お互い好きなハズなのに、片方が付き合ってもらってる、って思ってるなんてさ」

 まあ、それはそうだなぁ・・・・と思いつつも、とりあえず付き合ってみるのもそれはそれで一つの方法として無い訳でもない気はするなぁ・・・・と思っていたところに…

Kimitodo12

 「よく考えたら、風早が爽子の事好きだって伝えたところで、爽子信じないだろうしねぇ…」 
 それは凄くしっくりきました(笑

Kimitodo13

 そして、昨日の自分を思い出し焦る千鶴。
 だよね、駄目だったよね~(笑 
 ただ、今回は有る意味千鶴祭りのような気もします、面白可愛い良い子ですよ!

 ・・・・で、教室の会話は爽子いじめ再会かとひやひやしたらそんなことはなく一安心だったり。

Kimitodo14

 「わかんねぇ…」
 けれど、風早との関係は悪化する一方で・・・・・・・それ以外がうまくいっているだけにもどかしいですよっ!

 あ~もう・・・・幸せになれいっ!

 そういえば、この作品は1クールで終わりの様子。

 ・・・そして、4月からは・・・・・・・ついに「カイジ」二期が・・・・・ッ!

 前作のラストで1年後か二年後か・・・なんて言っていたのに、三年半を経てようやくですよ!
 アニメで「沼」が見れるっ!楽しみです!

 ・・・ただ、「君に届け」ももちっと長く見たい気はしますが・・・・まあ、原作のストックとか考えても1クールでちょうどいいのかな?と。

 なんにせよ、期待です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。

『デジモンクロカウォーズ』 25話
 内容よりも何よりも、右上に出てる状況説明みたいなテロップが死ぬほどウザイんですけど・・・・あれはどういうつもりで出してるんだろう・・・・・邪魔以外の何物でもない。
 テレ朝なので、もし「プリキュア」とかにもあの文字出すようなら本気で抗議のメール出しますよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・・まあ特になしです!

       ではでは、本日はこれにて。

|

『放課後のプレアデス』を見た。

・今日語りたいアニメ。(ネタバレあり


放課後のプレアデス
 自動車メーカーのSUBARUと、ガイナックスがなぜかコラボして、ネット上で新作アニメを配信するという、何処に得が出るのかイマイチ解りにくいこの企画(笑

 いちおう、SUBARUの広告戦略のひとつ・・・なのでしょうか?

 主人公の名前もまんま「すばる」ですしね。
 あと、ステッキからのエンジン音は斬新でした(笑

 公式HP見ても「世界に向けて」みたいな一文が有りますし、「SUBARU」という名前を、アニメを通じて世界にアピールする狙いなのかも。

 だからこその、ネット配信だとも考えられますしね。

 とはいえ、そんな作り手側の思惑はひとまず端へと置いといて、いちアニメ好きとしては面白いものが見れればそれはとにかく嬉しい、という話なわけで。

 そういう意味では、かなり見ごたえありました!

 特に作画に関しては、さすがガイナックスな出来で、キャラも可愛いしアクションも見事ですっっ!

 監督・コンテ・演出が佐伯さんなだけあって、ザ・ガイナックスという気持ちいい動き満載!
 大塚 舞さんのキャラデザのさすがのキュートさですし!

 ただ、ストーリーがも一つ伝わりにくいと言うか…全部合わせても30分弱くらいの中に、かなりいろいろ詰め込んでいるので、ダイジェストっぽいストーリーの流れで、もちっとじっくり見たいと思ってしまいます。

 けれど、そんな中でもキャラクターの魅力はかなり出てるなぁ・・・と。

 正直、キャラも全然掘り下げられては居ないのですが、ちょっとした表情やしゃべり方や動き方一つ一つで、ちゃんとどういうキャラなのか伝わるように作られているので、しっかり魅力的に見えます。

 もっと一人一人のキャラを見たい!と思わせてくれます!

 ・・・・・はたして続編が有るのかどうか!?

 個人的にキャストもかなりツボでしたし、もう一話分……いや、いっそのことテレビシリーズで見たい!

 そう思わせるだけの魅力に溢れた作品だったのは確かかと!

 いつでも無料で見れるので、確実に見て損は無いですよ!

 今後の展開を楽しみにしています!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・本日のアニメ一言感想。


『みつどもえ 増量中』 4話
 なんですかあのED!(笑
 素晴らし過ぎる遊び心でしたよ!


『レベルE』 4話
 独特の映像の雰囲気が素晴らしいなぁ・・・・。
 ストーリーも緊迫感が有って面白かったです!
 ・・・・・って王子の作り話かい!(笑


『ドラゴンクライシス!』 4話 
 堀江さんのマルガ登場。
 ・・・・・・ただ、ストーリーは相変わらずピンとこないままですね…決してつまらなくは無いのですが、なんだか不思議と心に刺さってこないです……ストーリーそのものというよりも、魅せ方の問題のような気もする…?
 面白くなりそうな予感はギュンギュンしているだけに、なんかもどかしいっ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・・「スイートプリキュア」の公式HPが正式オープンしましたね!

 スタッフ陣も一新ですか…。

 監督の境さんはたしか、この前の「ワンピース」映画「ストロングワールド」の監督・・・でしたよね?
 
 その意味では安心のような気もしますが、「ハートキャッチ」で一度境さん演出の回が有ったのですが、それがあまりツボに入らなかった記憶があるので、その意味では心配…。

 どうなるのやら!

 脚本の大野敏哉さんも全然聞いたことない名前ですし……と思って検索したら、アニメでは無くて劇団とかテレビドラマとかをやってきた方なのですね。

 これまた吉と出るか凶と出るか……楽しみでもあり不安でもあり。

 とはいえ、期待が大きいのは確かなので、全力で楽しむつもりで見ますよ!


―――――――――――


・他には・・・・あ、今週の「ジャンプ」についていた、「ワンピース」のメリー号のペーパークラフトを作ってみました。

Kurafuto

 思ってたより小さかったですが、完成度はかなり良い感じです。

 のり やテープを使わないで組み立てられるのはポイント高かったですし!

 チマチマした作業は結構好きなので、こういう企画はわりと嬉しい。

       なんて言いつつ本日はこれにて。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »