« 2016年6月24日のアニメ一言感想は無し。 | トップページ | 2016年6月26日のアニメ一言感想(最終回5つ)(ネタバレあり »

2016年6月25日のアニメ一言感想(最終回3つ)(ネタバレあり

『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』 13話
 三人とも可愛いな!とくに、ちび御剣の可愛さはズルイです。
 とか言ってたら、まさかの冥!!可愛いっ!!
 ・・って、最終的に凄い良い話じゃないですか…!やっぱり、渡辺歩監督はこういうの作ったら抜群に上手いですね。ドラえもんの人情話で培った技術!
 そして、次回からついにゲームの「2」に突入!冥の本格登場が待ち遠しいです!
 ただ、冥の声は沢城さんのイメージだったんですけど、違うっぽいですね?いつかのゲームPVで沢城さんが声を当てていて、それがぴったりだった印象が強いのですが、まあアニメ化で声が変わるのはよくある話ですから、ともかく楽しみにしています。


『境界のRINNE(2期)』 12話
 女の人の死因がホントしょーもないですね(笑
 けど、そう言うのを不快感無くギャグに出来る上手さですよねぇ。


『キズナイーバー』 12話 最終回
 システムじゃない繋がりこそが、本当の繋がり!!
 キズナシステムで痛みを共有するのではなく、相手を想う事で、その心で、痛みを分かち合い、共に…!
 この終わり方の美しさは素晴らしいです!!
 もう最後まで本当にどのキャラも生き生きと動いてましたし、ストーリーも、面白さとメッセージ性を兼ね備えていて心に刺さりましたし、本当に良いアニメでした!!
 間違いなく面白かったです!!お疲れ様でした!


『迷家』 12話 最終回
 ハヤトの情緒が不安定過ぎますよ(笑
 そして光宗の新しいナナキ可愛い。
 にしても、最終的になんていうか、勿体無かったなぁ・・・という作品でした。
 言いたい事は解るのですよ。それこそキズナイーバーのように、今期の岡田摩里さんは、自分の心と、その痛みと向き合う事をテーマに作品書いてたんだなってのは解りますし、この作品にもそれを伝えられる要素は充分に有ったはずなのに、終盤の展開がとにかく駆け足過ぎで、かなり伝わりづらくなってしまった気がします。
 もう1話くらい有って、もうちょっとじっくり出来たら……もしくは、2クールで全員の話をもっと掘り下げられたら・・・・・「たられば」に意味は無いと解っていても、要素としては面白そう感が強かっただけに、なんだか物足りなさが残るのでした。
 面白かったんですけどね。


『はいふり』 12話 最終回
 艦戦は見応えありましたし、最後にゆっくりと沈む船へと敬礼して、そこに主題歌が流れてくるのは好きでした!
 全体的には良い出来で面白かったんですけど、ストーリーの核となるべきウィルスが、なんかイマイチちゃんと設定が伝わってこないと言うか、「こういうストーリーを作りたい」という前提のもとに、凄く便利な存在として作られたウィルスっていう感じがして、そこが最後までしっくり来なかったです。
 作画もキャラもかなり良かったので、良いアニメで有ることは間違いないのですが、それだけにその部分の「ズル」というか、ちょっと都合よくアイテムを作ってしまったな、という感じが勿体無かったなぁ・・・と。
 そこで上手く騙して欲しかったです。贅沢な感想なんですけどね、それ以外が良かっただけにそこが気になってしまったのでした。


『マギ シンドバッドの冒険』 11話
 この時からもう裸キャラなのですね(笑
 ってか、順応したーー!(笑


『少年メイド』 11話
 みんな良い人達で良い子たちだよ…!


『坂本ですが?』 11話
 なんていうか、有名人に憧れるあまり、自分の事を見てもらえずに凶行に走るファンみたいなことに(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・あ、イナズマイレブンの新作が発表されましたね!

 しかも、円堂時代の話で、アニメも始まる予定だとか。
 これは・・・・・始まったらまたアニメ感想書かなくては!(謎の使命感)

 楽しみですね!

       なんて言いつつ、本日はこれにて。

|

« 2016年6月24日のアニメ一言感想は無し。 | トップページ | 2016年6月26日のアニメ一言感想(最終回5つ)(ネタバレあり »