« 2018年11月8日のアニメ感想(ネタバレあり) | トップページ | 2018年11月10日のアニメ感想(ネタバレあり) »

『イナズマイレブン オリオンの刻印』6話感想とか(ネタバレあり)

・今日語りたいアニメ(ネタバレあり


『イナズマイレブン オリオンの刻印』 6話
1
12

 一星を排除するのに、自分の手は汚さず、神と悪魔を操る鬼道さん。
 いやまあ、確かに荒っぽい事にも向いてますけども二人は(笑


2
22
23

 というか、一星という共通の敵が出来たことによって、灰崎とヒロトがちょっと協力し始めましたね……鬼道さんこれも計算のうちだったのでしょうか?


3
31
32
33

 しかし、一星を止めても、オーストラリアの選手は自分たちでも鏡を仕込んでましたか…。
 これはややこしい。
 結局また「タイムトランス」を止められず、4対1に…。


4
42

 ってかこれ・・・・・鬼道さん怒っておられる…?
 豪炎寺を潰されて、円堂にも針ボールで怪我させようとした一星を含む敵勢力への怒りで、ちょっと暴走しているのでしょうか。風丸の忠告は届くのか。


5
52

 一星に攻撃を仕掛ける二人に対して、「青春してるねぇ」っていうセリフを投げかける不動さん(笑
 不動さんにとって青春とはいったい。
 あと、「抗争の果てに流れ弾が当たった」っていう実況なんなんですか(笑
 仁義なき戦いみたいなことを!


6
62
63

 とか思ってたら、突然 不動の必殺シュート!!「マキシマムサーカス」!


7
72
73

 しかし、「太陽のギロチン」で真っ二つに……。
 せっかくのオリジナル個人シュート技なのに……何気に初じゃないですか?不動のソロ必殺シュート技。


 それはそれとして。


8
82
83
84

 3点リードしてるのに、さらに仕掛けてくるオーストラリア。
 いやいや、ルシ!!靴に仕込みナイフで斬りつけるのはさすがに直接的な攻撃が過ぎるよ!!
 見た目的には人気出そうなキャラですけども!


9_2
92
93
94
95

 しかし、怪我をしても負けずに頑張る坂野上!!
 審判仕事してーー!!ボールが凹んだ段階で、ちゃんとチェックしたら刃物刺さってるのわかるハズですよ!!
 ただ、ここで「氷の矢」をそういう使い方するのは上手いな坂野上。
 いつの間にか使えるようになってましたけど、練習したらできたのか・・…坂野上 実はコピー能力者だったりするのでしょうか(笑


10
102

 そんな中、悩む円堂さんに団子でヒントを出す夏未。まさか団子が伏線だったとは。


11
112
113
114
115

 そのアドバイスによって、3体目の化身……じゃなくて魔神を出すことに成功した円堂さん。
 さすが夏未、円堂さんの嫁なだけあります。

 そして、これをきっかけに一気に逆襲が始まるわけですが、灰崎とヒロトの必殺シュート二本で一気に4対3!いや、雑!!追い上げ方が雑!!(笑


12_2
122
123
124

 からの、新しい必殺技!!氷浦の「氷の槍」からのオーバーライドで、「デスクラッシャーゾーン」!
 デスゾーンの進化系ですかね?これはシンプルに格好良いですね!まあ、普通に空飛んでたのはどうなってんだという感じもしますけど(笑
 今更空くらい飛んでも良いか!とも思いますけども!イナイレですし!

13


 にしても、これ鬼道さん完全に激おこである。
 まあ、鬼道さんも無印の初期の頃とか完全に悪役でしたし、光を見つけて今の鬼道さんになったので、その光を傷つけられて闇の鬼道さんがまた戻ってきたというのもわからないでは無いです。
 元々闇に染まってしまう素質はあったのでしょうし。

 明日人や坂野上が、卑怯な相手にもあえて正攻法で立ち向かおうとする中、怒りに動かされて目には目を、な方向に動いてしまってる鬼道さん。
 さてさて、大きな流れはどちらに向かうのか…?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・一言感想。


『RerideD―刻越えのデリダ―』 6話
 そんな簡単にバンバン過去に行けちゃえるんですね…?
 けれど、それによっておこるのは、地味な意味があるのかどうかわからない改変ばかり。
 そろそろこのアニメが何したいのか疑問が抑えきれなくなってきましたね。


『火ノ丸相撲』 6話
 柴木山部屋での特訓は、熱いシーンもありましたし、ほぼ原作通りでしたし、ちゃんと面白買ったのではないかと!
 親方が胸を貸してくれる流れ好きです。
 まあ、その前のパジャマはなんですか、と思いましたけど(笑


『とある魔術の禁書目録III』 6話
 銃で倒せない相手はグーパンチ!本当に銃が役に立たないですねこの世界は。
 ただ、後半の一方通行さんとラストオーダーのシーンは良かったですし、バトルシーンも見ごたえありました!


『やがて君になる』 6話
 姉の代わりとしての自分と、本当の自分・・…。
 燈子先輩は、本当の自分も、作り上げてきた嘘の自分も、どっちを好きになられても、それはもう片方の自分を否定されたようなものだし、かと言って両方を好きだという言葉は信じられない。
 だから、好きにならないまま、どちらも受け入れて欲しいんですかね…。
 演出も素晴らしかったですし、こういうこころの在り方というか、人間の業というか面倒くさい部分を正面から描き切るこの作品最高ですね!!
 佐伯先輩の嫉妬感も素晴らしかったですし、本当に良い作品です!!面白い!!


『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』 6話
 アバッキオの過去がつらい・・・そりゃあ闇落ちもしますよ。
 それをブチャラティが救ってくれたのですね。
 敵の能力と、それを見破る流れ、心理戦、上手い作品ですねぇ。
 さすがです。


『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』 5話
 作画的にあまり嬉しくない水着回でありつつも、エロシーンだけはしっかり頑張る作画陣。
 限られたリソースをどこに注ぎ込むかの判断がとても正しいですね(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは・・・・「やがて君になる」が本当に好きすぎるので長い感想書きたいんですけど、金曜はイナイレで決まっているし、土日はアニメ多くて見るだけで大変ですし、月曜になるともう今更感出ちゃうし・・・・・って感じでなんだか ままならないです(笑

        なんて言いつつ、本日はこれにて。

|

« 2018年11月8日のアニメ感想(ネタバレあり) | トップページ | 2018年11月10日のアニメ感想(ネタバレあり) »