« 2019年10月9日のアニメ感想(新番組・最終回1つ) | トップページ | 2019年10月11日のアニメ感想(新番組1つ) »

『本好きの下剋上』『アサシンズプライド』1話感想とか(ネタバレあり

『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』 2話
 以外とシリアスもやるんですね。
 けど、シリアスになると勇者の慎重さがギャグとして成立せずにイライラさせる感じになるので、ギャグやってる方が良いなぁ、っていう。
 ただまあ、最終的に病気なだけで良い人じゃない、という着地は好きでした。
 あと、豊崎さんのコメディエンヌっぷりが素晴らしいですね。


『アズールレーン THE ANIMATION』 2話
 どのキャラもエロ可愛いですし、作画は良いですし、アクションも面白いですし、あとエロイですし、良い出来なんですけど、どうしたってキャラが多くてどうしたもんかと……。
 しかも、2つのグループに分かれてるので、最初のキャラ紹介でどっちか出されても、すぐにどっちがどっちなのかわからなくなるという。
 そもそも何のために闘ってるのかもよく分からないですし。どっちが勝ったらどうなるんです?
 まあ、見てて目が楽しいので、とりあえずはそれでいいかな、と。


本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』 1話 新番組
 元々がなろう作品とは思えないくらいの凄いしっかりした丁寧なファンタジーですね。
 しかも、それを本郷みつる監督が作ってるとなればなおさらに丁寧ですよ!
 いちおう、転生という要素はありますけど、なろうによくある「なんとなくファンタジー」「なんとなくゲームっぽい世界」とかじゃなくて、しっかりと世界が作ってあって、その世界で本を中心としつつ文明レベルとかも感じ取れるようになってますし、主人公の活字中毒っぷりからの、本に対する熱意で動くのはわかりやすくて良いです。
 本は存在するけども、印刷技術の無いこの世界においては貴重品でなかなか手に入らない、そもそもまだ文字の形態がどうなってるのかもわからない。まだ少ない情報からでも、ここから本を作っていこうとするのだと言うことはわかるので、その為の道筋をどう描くのか気になります。
 にしてもこれ、ホントにNHKで放送してても良いくらいの丁寧さですね……そのつもりで作ってたけど枠が確保できなかったから仕方なく深夜になったのではないかと思うくらいですよ。本郷みつる監督が深夜アニメ作るなんて、何年ぶりなのかという話ですしね。
 なんにせよ、派手さは無いけどしっかりと世界と感情を描くこういう作品とても好きです。
 これはちょっと、意外な伏兵が出てきたなって感じです。
 今季の新アニメで、1話見てすぐ公式Twitterフォローしたのこれが最初、ってくらい好きでした。


『放課後さいころ倶楽部』 2話
 良い百合だ、と思った直後に男が出てきました(笑
 ただ、嫌なタイプの男ではなかったので良かったです。むしろ気の毒なタイプでした(笑
 にしても、ごきぶりポーカーやってただけなのに面白い話でした。
 ゲームを舞台にした人間模様の面白さですね。 
 あと、名前だけは知っていたごきぶりポーカーのルールをちゃんと理解出来てなんか嬉しかったです。


アサシンズプライド』 1話 新番組
 アクションは、見ごたえありました。ちょっとキリトさん感が強いですけど(笑
 殺し屋だったりお嬢様だったり魔法的な能力だったり、設定としては中二感強いですし、ツッコミどころも多いですけど、能力に目覚めたお嬢様が、あのイジメっ子的な子たちにこれからどう対抗してくのかは気になるところではあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・あとは……まあ、特に無いです!

    ではでは、本日はこれにて。

|

« 2019年10月9日のアニメ感想(新番組・最終回1つ) | トップページ | 2019年10月11日のアニメ感想(新番組1つ) »